満天星国

満天星国の衣料品工場

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 満天星国の衣料品工場 RD:34 評価値:8
    • 部品: 作るもの(満天星国版)
    • 部品: 衣料品工場の所在地
    • 大部品: 概要 RD:4 評価値:3
      • 部品: 総務部、経理部、営業部
      • 部品: 企画・デザイン室
      • 部品: 縫製工場部門
      • 部品: 出荷・生産管理部
    • 大部品: 縫製の工程 RD:9 評価値:5
      • 部品: 企画・デザイン
      • 部品: 素材収集
      • 部品: サンプル作成
      • 部品: 型紙(パターン)づくり
      • 部品: 放反・延反
      • 部品: 裁断
      • 部品: 縫製
      • 部品: タグ付け・仕上げ
      • 部品: 検品・包装
    • 大部品: 工場の設備 RD:8 評価値:5
      • 部品: 明るい窓
      • 部品: 広い作業台
      • 部品: 裁断機
      • 部品: 大型本縫いミシン
      • 部品: ロックミシン
      • 部品: 快適空調設備
      • 部品: 検針機械
      • 部品: アイロン
    • 大部品: 社員の組織 RD:6 評価値:4
      • 部品: 取締役(会長、社長、役員)
      • 部品: 各部門統括
      • 部品: 服飾職人
      • 部品: パタンナー
      • 部品: 工場従業員
      • 部品: 事務職員
    • 大部品: 社員の待遇 RD:5 評価値:3
      • 部品: 新人研修
      • 部品: 賃金
      • 部品: 残業はなるべくしないぞ
      • 部品: 休暇
      • 部品: 親睦イベント



部品定義


部品: 作るもの(満天星国版)

衣料品。日常の普段着から学生服、さまざまなTPOに合わせたスーツ類、おしゃれ用品など、衣料に関するものを手広く製作する。素材は自国で栽培した綿花から作る綿布。着心地がよく丈夫で値段も安価。一般に広く普及している繊維である。

部品: 衣料品工場の所在地

満天星国の第7層、第2次産業のエリアにあり、WDやピケの部品下請などの中小工場街において、繊維を扱う工場としてこじんまりとたたずんでいる。

部品: 総務部、経理部、営業部

工場における事務担当の部署。総務は事務処理全般の総括を担当するとともに、社員の福利厚生も担当している。営業は注文主からのオーダーを集めると同時に素材の買い付けを行う。

部品: 企画・デザイン室

衣料品のデザインを行い、型紙(パターン)を作成する部署。統括は専門知識と経験を持つ服飾職人が行う。デザインの質の高さは工場の評判と直結するため、常に新しいデザイン、費用対効果を考慮している。

部品: 縫製工場部門

デザインが決定したものを、実際に製品として縫製する部門。丁寧な作業、素材を無駄にしない効率的な製作を心がけている。

部品: 出荷・生産管理部

製品の出荷作業、在庫管理を行う部署。在庫状況、客からの評判は総務と経理に報告され、素材の仕入れや次の製品作成のための情報として活用される。

部品: 企画・デザイン

注文主のオーダーに従って衣料品のデザインを手掛ける。デザインに長けた服飾職人が統括する。また、自社ブランドとして独自デザインの衣料品を企画し、売り出す案を練る。

部品: 素材収集

デザインにふさわしい素材を探し、仕入れを行う。素材を探すのは企画・デザイン室のメンバーだが、素材の選定が決定したら仕入れ業務そのものは営業部が行う。

部品: サンプル作成

オーダーに合わせて作成したサンプルを注文主に提示し、製品の方向性、値段の検討を行う。素材、デザイン、色などすべての点で合意に達する必要がある。

部品: 型紙(パターン)づくり

決定されたデザインを元に、型紙(パターン)を起こす。パタンナーが作成するが、現場統括の服飾職人が行うこともある。

部品: 放反・延反

素材となる布を長時間おいてリラックスさせ、寸法を安定させて整える。布の傷やほつれなどの検品も同時に行う。さらに、一度にたくさん生地 を重ねて一気に裁断できるように、. 生地を延ばしてズレないようきっちり重ねる延反作業を行う。

部品: 裁断

延反した布を、パターンに合わせて裁断する。寸法が安定しているため、正確に裁断できる。また、布を無駄にしないよう、工夫してパターンを並べて裁断する必要があり、気を遣う工程である。

部品: 縫製

裁断されたパーツを糸で縫製していく。ポケットや袖などの細かい部分から始め、最後に全体を丁寧に縫い合わせる。裏地が必要なものは縫製の順番に気を配る必要がある。

部品: タグ付け・仕上げ

裾の始末や縫い代の始末、ボタン付けなど、最終的な始末をする。自社のタグを縫い付ける。これは品質保証の誇りである。

部品: 検品・包装

糸くずの除去、針が残っていないかの検針作業を行い、最終的に人の目で丁寧に検品する。その後アイロンをかけて丁寧に畳み、袋に入れる。

部品: 明るい窓

布の傷や糸くずなどを見つけやすいよう、太陽光がよく入る大きな窓が採用されている。光が入り、明るい作業場となっている。

部品: 広い作業台

大きな布を広げられる平らな作業台。パターンをあてたり、裁断に必要な広さを確保している。この作業台は企画・デザイン室に数台おかれ、同時に複数のデザインが進行できるようになっている。

部品: 裁断機

布を裁断する機械。糸鋸を応用した大型の機械もあるし、ハンディな手持ちの電動裁断機もある。どちらも操作に熟練が必要で、パターンに合わせてきっちりと裁断することが要求される。

部品: 大型本縫いミシン

厚めの生地も縫製できる工業用大型ミシン。縫い目が美しく並ぶ。大型なため扱いには注意が必要である。素材によっては操作が難しく、従業員は熟練であることを要求される。工場のメインの機械であり、数台ある。

部品: ロックミシン

複数の糸を使い、裾をかがったり上飾りのステッチをするためのミシン。構造が複雑なため、扱いには注意を要する。本縫いミシンよりは少ないが2~3台は常に稼働している。

部品: 快適空調設備

大きな窓があるため、気温が上がりやすい。空気を入れ替えて作業環境が快適であるように空調設備が完備されている。また、布地は乾燥を嫌うため、適度な湿度が常に保たれている。

部品: 検針機械

出来上がった製品に針などの危険物が混じっていないかどうかを、判断する機械。金属を探知する。目でも確認はするが、機械とのダブルチェックをするようになっている。

部品: アイロン

製品の形を整える。大型プレス型のアイロンは一度にたくさんの衣料品にアイロンをかけることができる。細かい部分の仕上げは小型のアイロンで手で丁寧に仕上げる。

部品: 取締役(会長、社長、役員)

工場の経営を取り仕切るトップグループ。社内から推薦、投票で決められる。重要事項は各部門統括を含めた取締役会で合議制で決定される。

部品: 各部門統括

総務部、経理部、営業部の事務担当部署には、それぞれ事務職の統括がいて部長として位置付けられている。出荷・生産管理部にも部長がいる。

部品: 服飾職人

企画・デザイン室と縫製部門工場の各現場には、統括として専門職の服飾職人が置かれている。デザインからパターンメイキング、縫製の経験を積んだ専門家で、製品の品質管理、デザイン性についての責任者。

部品: パタンナー

デザインから型紙(パターン)を起こす担当者。サンプルを作成するときなど、大勢で対応する必要から、繁忙期には統括の服飾職人もパターンメイキンに参加することもあるが、通常はパタンナーが行う。

部品: 工場従業員

縫製工場部門の従業員。ミシンや裁断機、アイロンなどの機械の操作に熟練している。細かい作業が多いのと、扱いに注意が必要な機械が多いので、目配りと気配りのできる女性従業員も活躍している。

部品: 事務職員

総務、経理、営業、出荷、生産管理の各部署で働く事務職員。それぞれの業務を熟知し、効率よく生産を行えるよう、職場環境の管理を含めて気を使い、現場の従業員とも心を合わせている。

部品: 新人研修

各部署の新人は研修を受けることができる。研修では他部署の仕事の知識も学びつつ、自分の所属部署の先輩にマンツーマンで指導を受け、経験を積んでいく。工場では特に機械の操作について訓練を重ねる。

部品: 賃金

定められた最低賃金を下回らない。経験と能力に応じて昇給する。各部署の統括が責任をもって指導し、かつ人事評価を行って適正な賃金を決定する。

部品: 残業はなるべくしないぞ

残業は必要最低限認められるが、それ以外は認められない。目安として月間で36時間を超えないことが望ましいとされている。必要な残業と認められた場合は残業代は全額支払われる。

部品: 休暇

年間20日間の年次有給休暇を有する。冠婚葬祭に際しては、慶弔休暇という形で別途休暇がある。出産、育児の際には部分的に時間休暇が取得できる。

部品: 親睦イベント

社員の親睦を図るため、社内運動会、社内旅行などのイベントが用意されている。総務部が担当して企画している。



提出書式


大部品: 満天星国の衣料品工場 RD:34 評価値:8
  • 部品: 作るもの(満天星国版)
  • 部品: 衣料品工場の所在地
  • 大部品: 概要 RD:4 評価値:3
    • 部品: 総務部、経理部、営業部
    • 部品: 企画・デザイン室
    • 部品: 縫製工場部門
    • 部品: 出荷・生産管理部
  • 大部品: 縫製の工程 RD:9 評価値:5
    • 部品: 企画・デザイン
    • 部品: 素材収集
    • 部品: サンプル作成
    • 部品: 型紙(パターン)づくり
    • 部品: 放反・延反
    • 部品: 裁断
    • 部品: 縫製
    • 部品: タグ付け・仕上げ
    • 部品: 検品・包装
  • 大部品: 工場の設備 RD:8 評価値:5
    • 部品: 明るい窓
    • 部品: 広い作業台
    • 部品: 裁断機
    • 部品: 大型本縫いミシン
    • 部品: ロックミシン
    • 部品: 快適空調設備
    • 部品: 検針機械
    • 部品: アイロン
  • 大部品: 社員の組織 RD:6 評価値:4
    • 部品: 取締役(会長、社長、役員)
    • 部品: 各部門統括
    • 部品: 服飾職人
    • 部品: パタンナー
    • 部品: 工場従業員
    • 部品: 事務職員
  • 大部品: 社員の待遇 RD:5 評価値:3
    • 部品: 新人研修
    • 部品: 賃金
    • 部品: 残業はなるべくしないぞ
    • 部品: 休暇
    • 部品: 親睦イベント


部品: 作るもの(満天星国版)
衣料品。日常の普段着から学生服、さまざまなTPOに合わせたスーツ類、おしゃれ用品など、衣料に関するものを手広く製作する。素材は自国で栽培した綿花から作る綿布。着心地がよく丈夫で値段も安価。一般に広く普及している繊維である。

部品: 衣料品工場の所在地
満天星国の第7層、第2次産業のエリアにあり、WDやピケの部品下請などの中小工場街において、繊維を扱う工場としてこじんまりとたたずんでいる。

部品: 総務部、経理部、営業部
工場における事務担当の部署。総務は事務処理全般の総括を担当するとともに、社員の福利厚生も担当している。営業は注文主からのオーダーを集めると同時に素材の買い付けを行う。

部品: 企画・デザイン室
衣料品のデザインを行い、型紙(パターン)を作成する部署。統括は専門知識と経験を持つ服飾職人が行う。デザインの質の高さは工場の評判と直結するため、常に新しいデザイン、費用対効果を考慮している。

部品: 縫製工場部門
デザインが決定したものを、実際に製品として縫製する部門。丁寧な作業、素材を無駄にしない効率的な製作を心がけている。

部品: 出荷・生産管理部
製品の出荷作業、在庫管理を行う部署。在庫状況、客からの評判は総務と経理に報告され、素材の仕入れや次の製品作成のための情報として活用される。

部品: 企画・デザイン
注文主のオーダーに従って衣料品のデザインを手掛ける。デザインに長けた服飾職人が統括する。また、自社ブランドとして独自デザインの衣料品を企画し、売り出す案を練る。

部品: 素材収集
デザインにふさわしい素材を探し、仕入れを行う。素材を探すのは企画・デザイン室のメンバーだが、素材の選定が決定したら仕入れ業務そのものは営業部が行う。

部品: サンプル作成
オーダーに合わせて作成したサンプルを注文主に提示し、製品の方向性、値段の検討を行う。素材、デザイン、色などすべての点で合意に達する必要がある。

部品: 型紙(パターン)づくり
決定されたデザインを元に、型紙(パターン)を起こす。パタンナーが作成するが、現場統括の服飾職人が行うこともある。

部品: 放反・延反
素材となる布を長時間おいてリラックスさせ、寸法を安定させて整える。布の傷やほつれなどの検品も同時に行う。さらに、一度にたくさん生地 を重ねて一気に裁断できるように、. 生地を延ばしてズレないようきっちり重ねる延反作業を行う。

部品: 裁断
延反した布を、パターンに合わせて裁断する。寸法が安定しているため、正確に裁断できる。また、布を無駄にしないよう、工夫してパターンを並べて裁断する必要があり、気を遣う工程である。

部品: 縫製
裁断されたパーツを糸で縫製していく。ポケットや袖などの細かい部分から始め、最後に全体を丁寧に縫い合わせる。裏地が必要なものは縫製の順番に気を配る必要がある。

部品: タグ付け・仕上げ
裾の始末や縫い代の始末、ボタン付けなど、最終的な始末をする。自社のタグを縫い付ける。これは品質保証の誇りである。

部品: 検品・包装
糸くずの除去、針が残っていないかの検針作業を行い、最終的に人の目で丁寧に検品する。その後アイロンをかけて丁寧に畳み、袋に入れる。

部品: 明るい窓
布の傷や糸くずなどを見つけやすいよう、太陽光がよく入る大きな窓が採用されている。光が入り、明るい作業場となっている。

部品: 広い作業台
大きな布を広げられる平らな作業台。パターンをあてたり、裁断に必要な広さを確保している。この作業台は企画・デザイン室に数台おかれ、同時に複数のデザインが進行できるようになっている。

部品: 裁断機
布を裁断する機械。糸鋸を応用した大型の機械もあるし、ハンディな手持ちの電動裁断機もある。どちらも操作に熟練が必要で、パターンに合わせてきっちりと裁断することが要求される。

部品: 大型本縫いミシン
厚めの生地も縫製できる工業用大型ミシン。縫い目が美しく並ぶ。大型なため扱いには注意が必要である。素材によっては操作が難しく、従業員は熟練であることを要求される。工場のメインの機械であり、数台ある。

部品: ロックミシン
複数の糸を使い、裾をかがったり上飾りのステッチをするためのミシン。構造が複雑なため、扱いには注意を要する。本縫いミシンよりは少ないが2~3台は常に稼働している。

部品: 快適空調設備
大きな窓があるため、気温が上がりやすい。空気を入れ替えて作業環境が快適であるように空調設備が完備されている。また、布地は乾燥を嫌うため、適度な湿度が常に保たれている。

部品: 検針機械
出来上がった製品に針などの危険物が混じっていないかどうかを、判断する機械。金属を探知する。目でも確認はするが、機械とのダブルチェックをするようになっている。

部品: アイロン
製品の形を整える。大型プレス型のアイロンは一度にたくさんの衣料品にアイロンをかけることができる。細かい部分の仕上げは小型のアイロンで手で丁寧に仕上げる。

部品: 取締役(会長、社長、役員)
工場の経営を取り仕切るトップグループ。社内から推薦、投票で決められる。重要事項は各部門統括を含めた取締役会で合議制で決定される。

部品: 各部門統括
総務部、経理部、営業部の事務担当部署には、それぞれ事務職の統括がいて部長として位置付けられている。出荷・生産管理部にも部長がいる。

部品: 服飾職人
企画・デザイン室と縫製部門工場の各現場には、統括として専門職の服飾職人が置かれている。デザインからパターンメイキング、縫製の経験を積んだ専門家で、製品の品質管理、デザイン性についての責任者。

部品: パタンナー
デザインから型紙(パターン)を起こす担当者。サンプルを作成するときなど、大勢で対応する必要から、繁忙期には統括の服飾職人もパターンメイキンに参加することもあるが、通常はパタンナーが行う。

部品: 工場従業員
縫製工場部門の従業員。ミシンや裁断機、アイロンなどの機械の操作に熟練している。細かい作業が多いのと、扱いに注意が必要な機械が多いので、目配りと気配りのできる女性従業員も活躍している。

部品: 事務職員
総務、経理、営業、出荷、生産管理の各部署で働く事務職員。それぞれの業務を熟知し、効率よく生産を行えるよう、職場環境の管理を含めて気を使い、現場の従業員とも心を合わせている。

部品: 新人研修
各部署の新人は研修を受けることができる。研修では他部署の仕事の知識も学びつつ、自分の所属部署の先輩にマンツーマンで指導を受け、経験を積んでいく。工場では特に機械の操作について訓練を重ねる。

部品: 賃金
定められた最低賃金を下回らない。経験と能力に応じて昇給する。各部署の統括が責任をもって指導し、かつ人事評価を行って適正な賃金を決定する。

部品: 残業はなるべくしないぞ
残業は必要最低限認められるが、それ以外は認められない。目安として月間で36時間を超えないことが望ましいとされている。必要な残業と認められた場合は残業代は全額支払われる。

部品: 休暇
年間20日間の年次有給休暇を有する。冠婚葬祭に際しては、慶弔休暇という形で別途休暇がある。出産、育児の際には部分的に時間休暇が取得できる。

部品: 親睦イベント
社員の親睦を図るため、社内運動会、社内旅行などのイベントが用意されている。総務部が担当して企画している。




インポート用定義データ


[
{
"title": "満天星国の衣料品工場",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "作るもの(満天星国版)",
"description": "衣料品。日常の普段着から学生服、さまざまなTPOに合わせたスーツ類、おしゃれ用品など、衣料に関するものを手広く製作する。素材は自国で栽培した綿花から作る綿布。着心地がよく丈夫で値段も安価。一般に広く普及している繊維である。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "衣料品工場の所在地",
"description": "満天星国の第7層、第2次産業のエリアにあり、WDやピケの部品下請などの中小工場街において、繊維を扱う工場としてこじんまりとたたずんでいる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "概要",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "総務部、経理部、営業部",
"description": "工場における事務担当の部署。総務は事務処理全般の総括を担当するとともに、社員の福利厚生も担当している。営業は注文主からのオーダーを集めると同時に素材の買い付けを行う。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "企画・デザイン室",
"description": "衣料品のデザインを行い、型紙(パターン)を作成する部署。統括は専門知識と経験を持つ服飾職人が行う。デザインの質の高さは工場の評判と直結するため、常に新しいデザイン、費用対効果を考慮している。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "縫製工場部門",
"description": "デザインが決定したものを、実際に製品として縫製する部門。丁寧な作業、素材を無駄にしない効率的な製作を心がけている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "出荷・生産管理部",
"description": "製品の出荷作業、在庫管理を行う部署。在庫状況、客からの評判は総務と経理に報告され、素材の仕入れや次の製品作成のための情報として活用される。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "縫製の工程",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "企画・デザイン",
"description": "注文主のオーダーに従って衣料品のデザインを手掛ける。デザインに長けた服飾職人が統括する。また、自社ブランドとして独自デザインの衣料品を企画し、売り出す案を練る。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "素材収集",
"description": "デザインにふさわしい素材を探し、仕入れを行う。素材を探すのは企画・デザイン室のメンバーだが、素材の選定が決定したら仕入れ業務そのものは営業部が行う。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "サンプル作成",
"description": "オーダーに合わせて作成したサンプルを注文主に提示し、製品の方向性、値段の検討を行う。素材、デザイン、色などすべての点で合意に達する必要がある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "型紙(パターン)づくり",
"description": "決定されたデザインを元に、型紙(パターン)を起こす。パタンナーが作成するが、現場統括の服飾職人が行うこともある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "放反・延反",
"description": "素材となる布を長時間おいてリラックスさせ、寸法を安定させて整える。布の傷やほつれなどの検品も同時に行う。さらに、一度にたくさん生地 を重ねて一気に裁断できるように、. 生地を延ばしてズレないようきっちり重ねる延反作業を行う。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "裁断",
"description": "延反した布を、パターンに合わせて裁断する。寸法が安定しているため、正確に裁断できる。また、布を無駄にしないよう、工夫してパターンを並べて裁断する必要があり、気を遣う工程である。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "縫製",
"description": "裁断されたパーツを糸で縫製していく。ポケットや袖などの細かい部分から始め、最後に全体を丁寧に縫い合わせる。裏地が必要なものは縫製の順番に気を配る必要がある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "タグ付け・仕上げ",
"description": "裾の始末や縫い代の始末、ボタン付けなど、最終的な始末をする。自社のタグを縫い付ける。これは品質保証の誇りである。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "検品・包装",
"description": "糸くずの除去、針が残っていないかの検針作業を行い、最終的に人の目で丁寧に検品する。その後アイロンをかけて丁寧に畳み、袋に入れる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "工場の設備",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "明るい窓",
"description": "布の傷や糸くずなどを見つけやすいよう、太陽光がよく入る大きな窓が採用されている。光が入り、明るい作業場となっている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "広い作業台",
"description": "大きな布を広げられる平らな作業台。パターンをあてたり、裁断に必要な広さを確保している。この作業台は企画・デザイン室に数台おかれ、同時に複数のデザインが進行できるようになっている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "裁断機",
"description": "布を裁断する機械。糸鋸を応用した大型の機械もあるし、ハンディな手持ちの電動裁断機もある。どちらも操作に熟練が必要で、パターンに合わせてきっちりと裁断することが要求される。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "大型本縫いミシン",
"description": "厚めの生地も縫製できる工業用大型ミシン。縫い目が美しく並ぶ。大型なため扱いには注意が必要である。素材によっては操作が難しく、従業員は熟練であることを要求される。工場のメインの機械であり、数台ある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "ロックミシン",
"description": "複数の糸を使い、裾をかがったり上飾りのステッチをするためのミシン。構造が複雑なため、扱いには注意を要する。本縫いミシンよりは少ないが2~3台は常に稼働している。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "快適空調設備",
"description": "大きな窓があるため、気温が上がりやすい。空気を入れ替えて作業環境が快適であるように空調設備が完備されている。また、布地は乾燥を嫌うため、適度な湿度が常に保たれている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "検針機械",
"description": "出来上がった製品に針などの危険物が混じっていないかどうかを、判断する機械。金属を探知する。目でも確認はするが、機械とのダブルチェックをするようになっている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "アイロン",
"description": "製品の形を整える。大型プレス型のアイロンは一度にたくさんの衣料品にアイロンをかけることができる。細かい部分の仕上げは小型のアイロンで手で丁寧に仕上げる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "社員の組織",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "取締役(会長、社長、役員)",
"description": "工場の経営を取り仕切るトップグループ。社内から推薦、投票で決められる。重要事項は各部門統括を含めた取締役会で合議制で決定される。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "各部門統括",
"description": "総務部、経理部、営業部の事務担当部署には、それぞれ事務職の統括がいて部長として位置付けられている。出荷・生産管理部にも部長がいる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "服飾職人",
"description": "企画・デザイン室と縫製部門工場の各現場には、統括として専門職の服飾職人が置かれている。デザインからパターンメイキング、縫製の経験を積んだ専門家で、製品の品質管理、デザイン性についての責任者。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "パタンナー",
"description": "デザインから型紙(パターン)を起こす担当者。サンプルを作成するときなど、大勢で対応する必要から、繁忙期には統括の服飾職人もパターンメイキンに参加することもあるが、通常はパタンナーが行う。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "工場従業員",
"description": "縫製工場部門の従業員。ミシンや裁断機、アイロンなどの機械の操作に熟練している。細かい作業が多いのと、扱いに注意が必要な機械が多いので、目配りと気配りのできる女性従業員も活躍している。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "事務職員",
"description": "総務、経理、営業、出荷、生産管理の各部署で働く事務職員。それぞれの業務を熟知し、効率よく生産を行えるよう、職場環境の管理を含めて気を使い、現場の従業員とも心を合わせている。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "社員の待遇",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "新人研修",
"description": "各部署の新人は研修を受けることができる。研修では他部署の仕事の知識も学びつつ、自分の所属部署の先輩にマンツーマンで指導を受け、経験を積んでいく。工場では特に機械の操作について訓練を重ねる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "賃金",
"description": "定められた最低賃金を下回らない。経験と能力に応じて昇給する。各部署の統括が責任をもって指導し、かつ人事評価を行って適正な賃金を決定する。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "残業はなるべくしないぞ",
"description": "残業は必要最低限認められるが、それ以外は認められない。目安として月間で36時間を超えないことが望ましいとされている。必要な残業と認められた場合は残業代は全額支払われる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "休暇",
"description": "年間20日間の年次有給休暇を有する。冠婚葬祭に際しては、慶弔休暇という形で別途休暇がある。出産、育児の際には部分的に時間休暇が取得できる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "親睦イベント",
"description": "社員の親睦を図るため、社内運動会、社内旅行などのイベントが用意されている。総務部が担当して企画している。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
}
],
"expanded": true
}
]