満天星国

満天星公民住衛騎士団

最終更新:

tsuduki

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 満天星公民住衛騎士団 RD:9 評価値:5
    • 部品: 騎士団の概要
    • 部品: 運営内容
    • 部品: 騎士団の理念
    • 部品: 実際の建設担当者
    • 部品: 刷新という鍛錬
    • 部品: 建設物設計理念
    • 部品: 家屋のデザイン
    • 部品: 代表の選出
    • 部品: 監督官:Wyrd=紘也



部品定義


部品: 騎士団の概要

満天星公民住衛騎士団の実態は、国民向け公立住居の建設・貸与・管理を行う住宅公団である。戸建て賃貸から、アパルトメントサイズのものまでが含まれる。

部品: 運営内容

満天星公民住衛騎士団は満天星国の依頼によって住居を建設し、その住居の住人募集・保守管理・収益検討・建設費用の見積もり・技術刷新会議の開催等を一手に行う。
建設人員以外は満天星政府によって任命された代表と吏族等によって運営される。

部品: 騎士団の理念

満天星公民住衛騎士団は、国民の為の住居を用意、維持する事を第一とする。
満天星国の依頼内容に国民の生活・生命・法律上の権利、義務を軽視し、損耗させうるものがあった場合、代表の手によって会議招集し、騎士団内で大まかな合意が取れた時、これを王に奏上する権限を持つ。
これは公民双方を守る事を任ずる誉れである。


部品: 実際の建設担当者

満天星公民住衛騎士団には常勤での建設可能人員を持たず、建設規模・期間に応じて実際の人員を公募する。
募集で集まった施工者を常勤の上級建設技能を持つ担当者が指揮、または担当施工者がすでに団体として成立している場合、常勤者及び団体代表者に記録・意見担当者が打ち合わせ、実際の施工に関して実務的な領域で話し合う。


部品: 刷新という鍛錬

満天星公民住衛騎士団は古い技術を使い続けた結果国民を危険に晒す事を良しとしてはいけないとし、建設技術の研究、刷新にも費用が割り振られる。
これは実務を担当した経験のフィードバックの他に、民間からの技術者を招くことも厭わない。
彼らの建設する建物は第一に国民の育みを守るものである事を念頭に置いて作られる。

部品: 建設物設計理念

満天星公民住衛騎士団の設計する建設物の理念は、第一に住んで安全である事、第二に近くに居て安全、第三にあるべき時に建っている事である。
第三については、安全が最重要であるが、住むはずの住人が何時までも住めないのでは、それは国民を蔑ろにしている事と同じであり理念に反するため、安全と工期の両立を図るべきとの旨考慮されている。


部品: 家屋のデザイン

満天星国の住居には幾つか系統があるが、大まかには東国人系統のものと、北国人系統のものという、伝統的な2種がある。
また、これに加えて折衷されたデザインのものも見られるようになっている。
デザインの決定には、建設地域の土地の利用状況や周囲の景観についても考慮される。

部品: 代表の選出

代表の選出については行政主導の選定の元、国内の建設業関係者へ委任が行われることとなる。選出にあたっては、住宅建築関連の法や技術に明るいこと、組織調整力に優れること、公正さを担保できる性格であることなどが考慮される。

部品: 監督官:Wyrd=紘也

政府側から組織の運営状況についての監督役として、Wyrd=紘也が任命されている。
運営に関わる各種資料の閲覧を許可されており、定期的な書類や手続きなどの確認を任務とする。



提出書式


大部品: 満天星公民住衛騎士団 RD:9 評価値:5
  • 部品: 騎士団の概要
  • 部品: 運営内容
  • 部品: 騎士団の理念
  • 部品: 実際の建設担当者
  • 部品: 刷新という鍛錬
  • 部品: 建設物設計理念
  • 部品: 家屋のデザイン
  • 部品: 代表の選出
  • 部品: 監督官:Wyrd=紘也


部品: 騎士団の概要
満天星公民住衛騎士団の実態は、国民向け公立住居の建設・貸与・管理を行う住宅公団である。戸建て賃貸から、アパルトメントサイズのものまでが含まれる。

部品: 運営内容
満天星公民住衛騎士団は満天星国の依頼によって住居を建設し、その住居の住人募集・保守管理・収益検討・建設費用の見積もり・技術刷新会議の開催等を一手に行う。
建設人員以外は満天星政府によって任命された代表と吏族等によって運営される。

部品: 騎士団の理念
満天星公民住衛騎士団は、国民の為の住居を用意、維持する事を第一とする。
満天星国の依頼内容に国民の生活・生命・法律上の権利、義務を軽視し、損耗させうるものがあった場合、代表の手によって会議招集し、騎士団内で大まかな合意が取れた時、これを王に奏上する権限を持つ。
これは公民双方を守る事を任ずる誉れである。


部品: 実際の建設担当者
満天星公民住衛騎士団には常勤での建設可能人員を持たず、建設規模・期間に応じて実際の人員を公募する。
募集で集まった施工者を常勤の上級建設技能を持つ担当者が指揮、または担当施工者がすでに団体として成立している場合、常勤者及び団体代表者に記録・意見担当者が打ち合わせ、実際の施工に関して実務的な領域で話し合う。


部品: 刷新という鍛錬
満天星公民住衛騎士団は古い技術を使い続けた結果国民を危険に晒す事を良しとしてはいけないとし、建設技術の研究、刷新にも費用が割り振られる。
これは実務を担当した経験のフィードバックの他に、民間からの技術者を招くことも厭わない。
彼らの建設する建物は第一に国民の育みを守るものである事を念頭に置いて作られる。

部品: 建設物設計理念
満天星公民住衛騎士団の設計する建設物の理念は、第一に住んで安全である事、第二に近くに居て安全、第三にあるべき時に建っている事である。
第三については、安全が最重要であるが、住むはずの住人が何時までも住めないのでは、それは国民を蔑ろにしている事と同じであり理念に反するため、安全と工期の両立を図るべきとの旨考慮されている。


部品: 家屋のデザイン
満天星国の住居には幾つか系統があるが、大まかには東国人系統のものと、北国人系統のものという、伝統的な2種がある。
また、これに加えて折衷されたデザインのものも見られるようになっている。
デザインの決定には、建設地域の土地の利用状況や周囲の景観についても考慮される。

部品: 代表の選出
代表の選出については行政主導の選定の元、国内の建設業関係者へ委任が行われることとなる。選出にあたっては、住宅建築関連の法や技術に明るいこと、組織調整力に優れること、公正さを担保できる性格であることなどが考慮される。

部品: 監督官:Wyrd=紘也
政府側から組織の運営状況についての監督役として、Wyrd=紘也が任命されている。
運営に関わる各種資料の閲覧を許可されており、定期的な書類や手続きなどの確認を任務とする。




インポート用定義データ


[
{
"title": "満天星公民住衛騎士団",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "騎士団の概要",
"description": "満天星公民住衛騎士団の実態は、国民向け公立住居の建設・貸与・管理を行う住宅公団である。戸建て賃貸から、アパルトメントサイズのものまでが含まれる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "運営内容",
"description": "満天星公民住衛騎士団は満天星国の依頼によって住居を建設し、その住居の住人募集・保守管理・収益検討・建設費用の見積もり・技術刷新会議の開催等を一手に行う。\n建設人員以外は満天星政府によって任命された代表と吏族等によって運営される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "騎士団の理念",
"description": "満天星公民住衛騎士団は、国民の為の住居を用意、維持する事を第一とする。\n満天星国の依頼内容に国民の生活・生命・法律上の権利、義務を軽視し、損耗させうるものがあった場合、代表の手によって会議招集し、騎士団内で大まかな合意が取れた時、これを王に奏上する権限を持つ。\nこれは公民双方を守る事を任ずる誉れである。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "実際の建設担当者",
"description": "満天星公民住衛騎士団には常勤での建設可能人員を持たず、建設規模・期間に応じて実際の人員を公募する。\n募集で集まった施工者を常勤の上級建設技能を持つ担当者が指揮、または担当施工者がすでに団体として成立している場合、常勤者及び団体代表者に記録・意見担当者が打ち合わせ、実際の施工に関して実務的な領域で話し合う。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "刷新という鍛錬",
"description": "満天星公民住衛騎士団は古い技術を使い続けた結果国民を危険に晒す事を良しとしてはいけないとし、建設技術の研究、刷新にも費用が割り振られる。\nこれは実務を担当した経験のフィードバックの他に、民間からの技術者を招くことも厭わない。\n彼らの建設する建物は第一に国民の育みを守るものである事を念頭に置いて作られる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "建設物設計理念",
"description": "満天星公民住衛騎士団の設計する建設物の理念は、第一に住んで安全である事、第二に近くに居て安全、第三にあるべき時に建っている事である。\n第三については、安全が最重要であるが、住むはずの住人が何時までも住めないのでは、それは国民を蔑ろにしている事と同じであり理念に反するため、安全と工期の両立を図るべきとの旨考慮されている。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "家屋のデザイン",
"description": "満天星国の住居には幾つか系統があるが、大まかには東国人系統のものと、北国人系統のものという、伝統的な2種がある。\nまた、これに加えて折衷されたデザインのものも見られるようになっている。\nデザインの決定には、建設地域の土地の利用状況や周囲の景観についても考慮される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "代表の選出",
"description": "代表の選出については行政主導の選定の元、国内の建設業関係者へ委任が行われることとなる。選出にあたっては、住宅建築関連の法や技術に明るいこと、組織調整力に優れること、公正さを担保できる性格であることなどが考慮される。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "監督官:Wyrd=紘也",
"description": "政府側から組織の運営状況についての監督役として、Wyrd=紘也が任命されている。\n運営に関わる各種資料の閲覧を許可されており、定期的な書類や手続きなどの確認を任務とする。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]