• atwiki
  • ゲーミングテレビ 遅延情報 PS5/PS4/XSX/Switch

ゲーミングテレビ 遅延情報 PS5/PS4/XSX/Switch

最終更新:

gamemonitor

- view
メンバー限定 登録/ログイン
このwikiはテレビのゲームプレイでの遅延情報まとめです。
PS5/PS4Pro/PS4/ニンテンドーSwitch/XSXプレイ時の遅延の参考にしてください。

■おすすめゲーム向けテレビ ※2022年01月時点
低遅延&安価(液晶)→SONY BRAVIA X80J / X85J
低遅延&高画質(XR液晶)→SONY BRAVIA X95J / X90J
低遅延&高画質(XR有機EL)→SONY BRAVIA A90J / A80J
※XRはプレイステーション5推奨モデル

テレビ遅延一覧

発売年 メーカー名 機種名 サイズ(インチ) 解像度 ゲーム VRR 倍速 転送速度 画面種別 eARC CSPK AHDR 遅延 OS 備考
2022 Panasonic VIERA KZ2000 65/55 4K 40Gbps 有機EL(アルミ放熱) FirefoxOS
2021 SONY BRAVIA A90J 83/65/55 4K 48Gbps 有機EL(アルミ放熱/全色同時) 7.8ms GoogleTV PS5推奨テレビ
2021 SONY BRAVIA A80J 77/65/55 4K 48Gbps 有機EL 8.1ms GoogleTV PS5推奨テレビ
2021 SONY BRAVIA X95J 85/75/65 4K 48Gbps VA液晶(直下型) 8.5ms GoogleTV PS5推奨テレビ
2021 SONY BRAVIA X90J 75/65/55/50 4K 48Gbps VA液晶(直下型) 8.5ms GoogleTV PS5推奨テレビ/60Hz時13.0ms
2021 SONY BRAVIA X85J 85/75/65/55/50/43 4K 48Gbps VA液晶 6.3ms GoogleTV
2021 SONY BRAVIA X80J 75/65/55/50/43 4K 18Gbps IPS液晶 11.4ms GoogleTV
2021 Panasonic VIERA JZ2000 65/55 4K 40Gbps 有機EL(アルミ放熱) 14.4ms FirefoxOS
2021 Panasonic VIERA JX900 65/55 4K 40Gbps IPS液晶 FirefoxOS
2021 Panasonic VIERA JX850 49/43 4K 40Gbps VA液晶 15.7ms FirefoxOS
2021 Panasonic VIERA JX750 65/58/50/40 4K 18Gbps VA液晶 14.2ms FirefoxOS
2021 中国TVS REGZA X8900K 65/55/48 4K 48Gbps 有機EL 12.1ms AndroidTV ブーストモードで5.8msまで短縮可能(オートのみで常時ONにはできない)、60Hz時22.3ms
2021 中国TCL C825 65/55 4K 40Gbps VA液晶 22.7ms AndroidTV
2021 韓国LG LG G1PJA 65/55 4K 40Gbps 有機EL △※ 21.4ms WebOS6.0 XSX推奨テレビ、黒挿入を切れば13.0msまで短縮(但し残像増)、eARC DTSサラウンド非対応
2020 SONY BRAVIA A8H 65/55 4K 18Gbps 有機EL 18.0ms AndroidTV
2020 SONY BRAVIA A9S 48 4K 18Gbps 有機EL 18.4ms AndroidTV
2020 SONY BRAVIA X9500H 75/65/55/49 4K 18Gbps VA液晶(直下型) 18.2ms AndroidTV
2020 SONY BRAVIA X8550H 65/55 4K 18Gbps VA液晶 14.6ms AndroidTV
2020 SONY BRAVIA X8500H 49/43 4K 18Gbps VA液晶※1 14.6ms AndroidTV ※1:43VはIPS
2020 SONY BRAVIA X8000H 75/65/55/49/43 4K 18Gbps IPS液晶 09.4ms AndroidTV
2020 Panasonic VIERA HZ2000 65/55 4K 18Gbps 有機EL 21.4ms FirefoxOS
2020 Panasonic VIERA HZ1800 65/55 4K 18Gbps 有機EL FirefoxOS
2020 Panasonic VIERA HZ1000 65/55 4K 18Gbps 有機EL 21.5ms FirefoxOS
2020 Panasonic VIERA HX950 65/55 4K 18Gbps IPS液晶 FirefoxOS
2020 Panasonic VIERA HX900 75/65/55 4K 18Gbps IPS液晶 FirefoxOS
2020 Panasonic VIERA HX850 49/43 4K 18Gbps IPS液晶 14.8ms FirefoxOS
2020 Panasonic VIERA HX750 55/49/49 4K 18Gbps IPS液晶 FirefoxOS
2020 シャープ AQUOS CX1 70/60 8K 18Gbps VA液晶 AndroidTV
2020 シャープ AQUOS CQ1 65/55/48 4K 18Gbps VA液晶 AndroidTV
2020 シャープ AQUOS CN1 70/60/55/50/43 4K 18Gbps VA液晶 AndroidTV
2020 シャープ AQUOS CL1 55/50/43/40 4K 18Gbps VA液晶 36.6ms AndroidTV
2020 東芝 REGZA Z740X 65/55/50 4K 18Gbps VA液晶 17.1ms 独自OS 公称値0.83msec
2020 東芝 REGZA M540X 75/65/55/50/43 4K 18Gbps VA液晶 09.2ms 独自OS 公称値0.83msec
2020 東芝 REGZA C350X 55/50/43 4K 18Gbps 09.2ms 独自OS 公称値0.83msec
2020 三菱 REAL RA2000 58/50/40 4K 18Gbps VA液晶 非スマートOS ブルーレイ内蔵
2020 韓国LG LG CXPJA 77/65/55/48 4K 40Gbps 有機EL △※ 33.44ms WebOS5.0 XSX推奨テレビ、60Hz時は57.8ms、eARCはDTSサラウンド非対応
2019 SONY BRAVIA A9G 77/65/55 4K 18Gbps 有機EL 26.6ms AndroidTV
2019 SONY BRAVIA X9500G 85/75/65/55/49 4K 18Gbps VA液晶(直下型) 18.5ms AndroidTV
2019 SONY BRAVIA X8550G 75/65/55 4K 18Gbps VA液晶 14.6ms AndroidTV
2019 SONY BRAVIA X8500G 49/43 4K 18Gbps VA液晶 14.6ms AndroidTV
2019 SONY BRAVIA X8000G 49/43 4K 18Gbps IPS液晶 34.5ms AndroidTV
2019 Panasonic VIERA GZ2000 65/55 4K 18Gbps 有機EL 21.4ms FirefoxOS
2019 東芝 REGZA Z730X 65/55/49/43 4K 18Gbps IPS液晶※1 17.1ms 独自OS ※1:65VはVA、公称値0.83msec
2018 SONY BRAVIA Z9F 65 4K 18Gbps VA液晶 21.1ms AndroidTV
2018 東芝 REGZA Z720X 55/49 4K 18Gbps IPS液晶 17.1ms 独自OS 公称値0.83msec
2017 東芝 REGZA M510X 58/50/40 4K 18Gbps VA液晶 17.0ms 独自OS
2016 シャープ AQUOS US40 60/55/50/45 4K 18Gbps VA液晶 50ms 非スマートTV
2016 東芝 REGZA Z700X 55/49/43 4K 18Gbps IPS液晶 19.3ms 独自OS
※非対応は"-"で表記、不明な点は空白で表記。
【テレビ遅延一覧の編集】【参考:海外モデル遅延一覧はこちら

用語説明


遅延:
 遅延は少なければ少ないほど対戦ゲームで有利になる。
 60Hz入力の場合、1フレームは16.7ms。
 120Hz入力の場合、1フレームは8.3ms。
 ゲーム向けは2フレーム(33.3ms)以下が理想。FPSや格闘ゲームは1フレーム以下が理想。

倍速:
 あると残像が減り、動きが滑らかになります。

転送速度:
 ・48Gbps=PS5/PC(HDMI2.1)
 ・40Gbps=XSX
 ・18Gbps=PS4(HDMI2.0)
 ・10.2Gbps=ニンテンドーSwitch(HDMI1.4)
 ゲーム機よりも転送速度が速いテレビが理想。遅くても画質や動きの滑らかさが落ちるだけで映りはする。

画面種別:
 ・有機EL
  残像が少なく暗いシーンでコントラストが高い反面、
  世代が古いと明るいシーンでコントラストが大きく落ちてしまう欠点がある。
  特に明るいシーンでは全体の明るさがコロコロ変わる問題(ABL問題)がありプレイの妨げになる。
  上位のモデルは圧倒的に奇麗。
  アルミ放熱は画面焼けリスクやABL問題(キャラクターが動くと画面全体の明るさがコロコロと変わってしまう)の軽減。
  全色点灯は特にコントラストが高くHDRと相性の良いゲーム機向け。
 ・VA液晶
  明るいシーンでのコントラストが高く、
  上位のモデルは暗いシーンも高く奇麗な映像を楽しめる。
  直下型は特にコントラストが高くHDRと相性の良いゲーム機向け。
 ・IPS液晶
  視野角が広い代わりにコントラストがやや低い一般的な液晶。
  上位のモデルはコントラストも高め。PC向け。

eARC:
 ・音声をHDMI端子と接続することでサウンドバーやAVアンプなど外部の機器に出力可能。
  音声フォーマットは主にDTS:X, Dolby ATMOS, 360RA, AAC, PCM。

CSPK:
 ・センタースピーカーモード対応。
  サラウンドシステム構成時にテレビ画面がセンタースピーカーの役割を果たすことで、豊かな音場と、かつてない映像と音の一体感を堪能できます。

AHDR:
 ・オートHDRトーンマッピング
  ゲーム機と連動してテレビに最適なHDR表示に調整する機能。
  白飛びしてしまいがちな明るい部分や潰れてしまいがちな暗部の階調も、豊かな色彩のまま表示できる。
  暗い部屋での視認性も上がるためゲームで画質を維持して索敵がしやすくなる。

ゲーム連動:
 ・ゲーム中は低遅延なゲームモード、動画視聴中は高画質モードに自動切り替えが行われる。
  ゲーム機で配信動画を見るならほぼ必須の機能。

お知らせ

いつも情報・更新ありがとうございます。用語説明を別ページに分けました。


関連リンク

ニンテンドーSwitch遅延検証 スマブラSPECIAL 検証 wiki LINK

※当wikiは非公式の攻略wikiです。情報の妥当性や正確性について保証するものではなく、一切の責任を負いかねます。
※当wikiを利用することによって生じるいかなる損害も当サイトでは補償致しません。
※ご利用につきましては自己責任となりますのでご注意ください。

※文章の著作権は当wikiにあります。内容の複写、転載を禁じます。
最近更新されたページ