Let's Go Away

レッツゴーアウェイ

収録作品:デイトナUSA[AC/SS/Win/DC/360/PS3]
歌:光吉猛修   
作詞:光吉猛修、David Leytze
作曲:光吉猛修
編曲:光吉猛修

概要

中級コースのダイナソーキャニオンで流れる曲。またオープニングデモでも「Let's Go Away(Advertisement)」というアレンジが流れる。
何はともあれこの曲が流れると、

「 デーーイーートォーーーナァァァァァァァァ」

という光吉氏(セガ社員)のインパクトのある歌声が流れ、一度聴いただけでもなかなか頭から離れられない。
また歌声だけではなく、全体的にノリがよく疾走感があり、まさにレースゲームに最適の曲とも言える。
『デイトナUSA』の代表する曲の一つでもあり、アレンジされたバージョンも多い。
クラッキンDJ PART2』ではリミックス版が収録。また海外で稼働中の『Daytona Championship USA』でもアレンジ版が収録されている。

光吉氏によると、「ナムコリッジレーサーを超えるレースゲーを作れ」という上層部の厳命を満たすにはどうすればいいか悩んだ末、思い切って声をつけることにしたらしい。
この曲を作っている時に自分で歌ったメロディーを乗せて、当時セガのサウンドクリエイターだったアメリカ人のデビッド・ライツィー氏に歌詞を翻訳させてみせたという。
光吉氏が「Let's Go Away」って意味おかしくないよね?とデビット氏に聞いても全然OKだったので「Let's Go Away」という曲名に決定したという。
稼働開始年のクリスマスイブの日、ギターを担いだ青年が筐体の前で耳を傾けて「これ世紀末じゃね?」と発言する姿を見て「これはイケた」と確信したそうだ(2012年のライブイベントでの弁)。

『デイトナUSA』が大ヒットした海外でもこの曲は注目され、海外のゲーム書評ではこんな事が書かれている。
「デイトナUSA」には悪評もある。オープニングでダイナソーキャニオンのレーストラックに車を入れたとき、
「Let's Go Away」というタイトルの安っぽいラウンジ系の歌が流れるのだ。
英語だが日本語のアクセントがかなりきつい。そして、これが耳にこびりついて離れないから困る。
(『死ぬまでにやりたいゲーム1001』より引用)

過去のランキング順位


歌詞

以下のページを参照
別窓開きます。

サウンドトラック

デイトナUSA

Let's Go Away The Video Game DAYTONA USA Anniversary Box