更に闘う者達

さらにたたかうものたち

収録作品:ファイナルファンタジーVII[PS]
作曲者:植松伸夫

概要

本作における中ボス戦で流れるBGM。CMでも使用された。
オーケストラ風の通常戦闘「闘う者達」から打って変わってロック調のBGMに仕上がっている。
植松氏によると、機種がPSになったことで「やっとロックの音楽が作れる」ということで勢いにのって制作したとのこと。
ギターによるインパクトのあるイントロと、オルガンによる疾走感のあるキャッチーなメロディが印象的。
このエレキギター+オルガンの組み合わせによる戦闘曲は『FF8』の「Force Your Way」など、後の植松氏の作品でも多く見ることができる。

本曲が初めて使用された相手は「エアバスター」という巨大ロボットであり、
この他にも『FF7』にはロボットや人間など今まであまり見なかった系統のボスが多数登場する。
ゲーム内ではそれらのボスが当時まだ珍しかった3Dポリゴンで表現されていたので、
当時プレイした人にとっては『FF7』の斬新さやPSの表現力の進化と一緒に記憶に残っているのではないだろうか。

上記の通り人気曲のため公式でもよくアレンジされており、『FF7』の派生作品である『FF7AC』や『CCFF7』、また『DFF』でもアレンジが使用されている。
音ゲーである『TFF』ではDLCの追加曲として配信されており、そこの解説文に「シリーズの中でもダントツの人気曲」と太鼓判が押されているほど。

フルリメイク作の『ファイナルファンタジーVII REMAKE』では各ボスごとに大幅にアレンジされた専用曲が用意され、しかも展開に合わせて曲をシームレスに切り替えていく手の込んだ作りとなっている。
体験版によってお披露目された「ガードスコーピオン」でこのことがプレイヤーにはっきりと示されることとなった。
「ガードスコーピオン」と「ルーファウス神羅」はかなり原曲を崩したものとなっており、「ルーファウス神羅」に至っては「神羅のテーマ」との混成曲となっている。
これに対し「エアバスター」と「ハンドレッドガンナー」は序盤が原曲にかなり近いアレンジとなっている。
エアバスター戦は原曲が初めて流れたボス戦だけあり、曲だけでなく戦闘も挟み撃ちで行う当時を思い起こさせるものとなっている。
ところが第2段階へ移行すると両腕を分離させ、逆に三方向から挟み撃ちされ高威力のバスターキャノンが放たれる厳しい展開となり、曲もコーラスが入り始めかなりアレンジされたものとなる。
そして最終フェーズに移行すると、迫力のあるイントロと共になんとエアバスターが空を飛ぶ空中戦となり、ここまで来ると音圧とコーラスそしてエアバスターの攻撃がより激しいものとなる。
曲と展開をシンクロさせることで、プレイヤーのテンションもどんどん上げていくよう計算された作りとなっていることが分かるはずである。

過去ランキング順位

第2回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 141位
第3回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 196位
第4回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 441位
第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 382位
第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 453位
第8回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 211位
第9回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 323位
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 317位
第11回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 441位
第12回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 593位
第13回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 811位
みんなで決めるスクウェア・エニックス名曲ベスト100 51位
第2回みんなで決めるスクウェア・エニックス名曲ベスト100 48位
FINAL FANTASY BGMランキング 50位
みんなで決めるRPGバトルBGMランキングベスト100 55位
みんなで決める初代プレイステーションBGMベスト100 5位

サウンドトラック

FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK


FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack


関連動画

更に闘う者達 (7/24発売 FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC)

FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack PV

『FINAL FANTASY VII REMAKE』プレイ動画③ 戦闘フェーズが3段階に変化するエアバスター