暴砂の巨城

暴砂の巨城/オディバトラス

ぼうさのきょじょう/オディバトラス


概要

『フロンティアG』移行前の"ラスボス"とされた飛竜種モンスター、弩岩竜オディバトラスの専用BGM。
本作の楽曲の中でも指折りの人気を誇る曲で、中国の砂漠地帯をイメージしたような、どこか哀愁漂う雰囲気のメロディが特徴的。
戦いの幕開けを印象付ける抑え目のイントロから始まり、6/8拍子のリズムの中で奏でられる主旋律は、
「灼熱の絶望」などとはまた違ったベクトルから、「砂漠」のイメージを醸し出しているように感じられる。
イントロから曲の中盤までの悠然たる雰囲気は、巨体故に重鎮とした佇まいのオディバトラスとよく合っており、
終盤に差し掛かるとそれまで抑制されていた曲調が解き放たれ、サビのメロディでハンターたちを鼓舞してくれる構成となっている。

オディバトラスは演出面でも非常に凝ったモンスターであり、本曲の出だしが控えめなのも、開幕時の演出を意識したものと考えられる。
  • まずオディバトラスの居るエリアに入ると視界を遮る猛烈な砂嵐のドームが発生しており、中心部には大規模に隆起した謎の砂山がある
  • ハンターが近付くとこの砂山を打ち破ってオディバトラスが出現し、アカム系お馴染みの咆哮で周囲の砂嵐を吹き飛ばし、その巨体が露となる
  • 出現と同時に発覚時BGMが流れるが、直後に戦闘BGMは流れず、無音の状態でオディバトラスの咆哮が響き渡り、咆哮の後に本曲が流れ始める

また本曲はみんなで決める2012年の新曲ランキングおよび第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100の時点では曲名が判明していなかったため、
「オディバトラス戦」という曲名で投票されていた。その後、2014年に発売した『フロンティアG』のサウンドトラックにて正式な曲名が明らかとなった。

過去ランキング順位


サウンドトラック

モンスターハンター フロンティアG オリジナル・サウンドトラック