この刃に懸けて

このやいばにかけて

収録作品:ファイナルファンタジーIX[PS]
作曲者:植松伸夫

概要

本作の最序盤にて、演劇「君の小鳥になりたい」の中で流れるバトル曲。
本曲における最大の特徴は、イベントシーンが自動進行することを念頭に置かれた曲構成であり、
劇の開幕を告げるような雰囲気のメロディから、戦闘に入るタイミングと同時に勇ましい曲調に変わるという、
まさしく劇の盛り上がりを感じさせてくれる一曲で、シーンとの親和性が抜群であると高い評価を受けている。
イベント戦闘の曲でありながら非常に人気が高く、この曲を聴きたいがために劇中の戦闘画面で放置したり、
ファイダ、ポーリー、メデオといった演出魔法(ダメージ0)を繰り返し使用したプレイヤーも多いようだ。

この一場面しか流れない曲であるため、ファンにその少なさを惜しまれているが、
むしろこの演劇という枠の中でのワンシーンしか流れないからこそ、より格好良さが光るのかもしれない。

曲名「この刃に懸けて」は劇の内容を表したネーミングであり、いつもは短刀装備のジタンもこの時は専用の剣に変わっている。
だがそんな中でも劇中のシナはいつも通りとんかち装備のままである。やはりシナの譲れない拘りなのだろうか。

過去ランキング順位


サウンドトラック

FINAL FANTASY IX Original Soundtrack