終末

しゅうまつ

収録作品:ゼルダの伝説 ムジュラの仮面[N64/3DS]
作曲者:近藤浩治

概要

『ムジュラの仮面』はリアルタイムで時間が流れるシステムを採用しており、3日間の時間内でゲームを攻略する必要がある。
その3日間の内、最終日の3日目の午前0時から午前6時の間に流れるBGM。この時カウントダウンのタイマーも表示される。
この時間になると強制的にこの曲へと切り替わり、街やフィールドなどダンジョンを除いたあらゆる場所で流れ続ける。
タイマーがゼロになると巨大な月が地上に墜落し、問答無用でゲームオーバー。回避するには時の歌を吹いて3日前に戻らなくてはならない。
重いシンセ音が淡々と響き渡る暗く、寂しく、そして絶望感に満ちた曲。「終末」というタイトル通り世界の終わりをひたひたと感じさせる。

この曲は普通に聴くだけでも十分怖いが、それ以上にゲームの演出が半端じゃなく怖い。特に時の歌を獲得できてない状態だとトラウマ必至である。
徐々に近づいてくる不気味な顔の形をした月、ほとんど居なくなるクロックタウンの住人たち、そして鳴り続ける時計塔の鐘の音など…。
ホラー要素が多い本作の中でも代表格に挙げられるほどの恐怖演出で、しかも攻略上どうしても聞かなくてはならない場面もあるため嫌でも記憶に残る。
なおサントラに収録されたものは鐘の音のSEは入っていないが、ゲームをプレイした人なら鐘の音が自動再生されるのはほぼ間違いないだろう。

過去ランキング順位


サウンドトラック

ゼルダの伝説-ムジュラの仮面-ゲーム・ミュージック


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D オリジナルサウンドトラック