近藤浩治

こんどう こうじ

日本で活動しているゲーム音楽作曲家。現在は任天堂に所属している。情報開発本部技術部のサウンドの課長を務めている。
1984年に任天堂に入社し、スーパーファミコン時代までは効果音作成やサウンドプログラムなどの仕事も行っていた。
同氏は、任天堂にサウンドの専門家として雇われた最初の人間であった*1*2

幼少期から高校時代までエレクトーン教室に通い、その後も演奏を続けていた。
学生時代はディープ・パープルやイエス、エマーソン・レイク・アンド・パーマーといったロック、
カシオペアやチック・コリア、ハービー・ハンコックなどのジャズやフュージョンに入れ込み、バンドを組んだ。
また邦楽では渡辺貞夫からも影響を受けたという。

他方では、アナログシンセサイザー(ヤマハCS-30)で様々な音響(例えば、ライオンの咆哮)を作り上げることに熱中していた。
当時は進路として、作曲家やエレクトーン奏者ではなく、効果音を作る仕事や、ミキシングのエンジニアに興味を持っていたという。

大学時代は、音楽プロデューサーやディレクターの仕事を学んだ。
任天堂に入ったのは、友人を介して偶然、大学の就職課に来た求人を知ったことがきっかけとのこと。
シンセサイザーによる作曲やゲーム制作の過程に興味がありぴったりだと思い、任天堂の一社しか面接を受けなかったという。

入社後は、「デビルワールド」、初代からの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズ、初代からの「ゼルダの伝説」シリーズなどのサウンド(音楽、効果音、サウンドプログラミング)の制作を担当した。

近藤氏は、一貫して画面と音をマッチさせる工夫にこだわり続けた。
単にゲームに音楽を流すだけに留まらず、ゲームの開発初期段階から他の開発スタッフと深く関わり合い、遊び手の体験を強調するための音づくりを大切にした。
こうして任天堂の音楽制作現場を作り上げ、方向づけることに貢献した。

これだけの業績を上げたにも関わらず、インタビューなどから垣間見れる氏の人物像は、謙虚そのものである。
2000年代以降は、独立せずに管理職になる道を選び、後進を育てている。

近藤氏は任天堂を代表する作曲家としてだけでなく、「ゲーム音楽の父」として世界的な人気を誇っているが、その理由としては以下の事が挙げられるだろう。
  • シンプルで記憶に残り、思わず口ずさんでしまうような質の高いメロディーを数多く作り出したこと。
    • メロディーのキャッチーさ、コードのシンプルさは、渡辺貞夫の曲作りに共鳴したところが大きい。
  • ゲームに効果的に音楽を付ける方法を開拓し、確立していった事。
    • またその付け方がとても上手く、ゲームとフィットしていた事。
    • 特に、ゲーム音楽ならではの効果的な音の付け方として「リズム」「バランス」「インタラクティブ」の3要素を近藤氏は挙げている。
  • (任天堂初期のゲームのクオリティの高さに貢献した結果として)担当したゲームの知名度が高い事。


作曲作品の一例



代表的な曲