神々のムユーウッド

かみがみのムユーウッド


概要

ゲーム後半に訪れるエリア「ムユーウッド」で流れるBGM。
透き通るほどに澄んだピアノの音色から始まる神秘的な曲で、後半に入ると女性のコーラス音まで入ってくるのが特徴。
ムユーウッドはマクラノ族の神殿の廃墟がある鬱蒼とした森林で、その森の美しさ・不気味さが余すところなく表現された名曲である。
また非常に透明感のあるクリアな音色が使われており、その音質の良さはハードを3DSへ移したことによる音源の進化が感じ取れる。
これまでのエリアの曲とは明らかに毛並みの違ったシリアス感の強い音楽のため、いよいよクライマックスに進んでいく雰囲気を与えてくれる。

ムユーウッドの夢世界では『夢のムユーウッドのラビリンス』という曲名のアレンジが使用。
ピアノをより使って透明感を強めたアレンジで、夢世界での幻想的な背景と相まってこちらも人気が高い。
ちなみにこの夢世界のある場所では、時間が加速してそれに伴いBGMも倍速になる時計のレンドーパーツが存在する。
もしレンドーパーツで倍速しても元がスローテンポな曲のため、ちゃんと音楽として聞こえるような仕組みになっている。

サントラはクラブニンテンドーのポイント特典のサントラCD「THE YEAR OF LUIGI サウンドセレクション」があるが、
残念ながら収録されているのは『夢のムユーウッドのラビリンス』だけで、原曲の方は収録されていない。

過去ランキング順位


サウンドトラック

THE YEAR OF LUIGI サウンドセレクション


『夢のムユーウッドのラビリンス』が収録。