春の風、鳴らない鈴

はるのかぜ、ならないすず

収録作品:428 ~封鎖された渋谷で~[Wii/PS3/PSP]
作曲者:坂本英城

概要

本作の隠しシナリオである白い栞「春の風、鳴らない鈴」のスタッフロールで使用されるBGM。
このシナリオで流れる「春の風」のメロディーをベースにした、ピアノと弦楽器によるゆったりとした優しげな楽曲。
春の風の様にとても暖かみのある音楽であるが、同時に言葉にできないような切なさも感じさせる。

「春の風」のメロディーに隠れて少し分かりづらいが、「鳴らない鈴」のメロディーも裏メロディーとして含まれている。

+ネタバレ項目
この2つのメロディーが使われているのは理由があり、このシナリオの主要人物である「拓也」と「鈴音」のテーマを表現している。
拓也視点の時に流れる「春の風」や「手紙」のメロディーを拓也のテーマとして扱い、
鈴音視点の時に流れる「鳴らない鈴」や「秘密」のメロディーを鈴音のテーマとして扱っている。
坂本氏によるとミュージックディレクターである中嶋康二郎氏に2人のテーマにしてみたらという提案を受けたという。
そこで「春の風」と「鳴らない鈴」が同じ調性あることに気づき、2つの曲を同時に鳴らしてみたらどうなるだろう?という試みの元作曲された。
スタッフロールでこの曲が流れるのは「身も心も一つになれた二人の切なくも温かく幸せな気持ちを表現した」とのこと。
文字通り2人のテーマが1つとなったこの曲は、シナリオのラストにこれ以上ないほど相応しいものであることに間違いない。

この白い栞の出現条件は「バッドエンド計50以上を見る」というなかなかしんどいもので、シナリオを出さないままゲームを終えた人もいるかもしれない。
だがこのシナリオのラスト及び、そこで使われるこの曲は心にジンと来ること間違いなしなので、苦労して出す価値は十分にあるだろう。

過去ランキング順位


サウンドトラック

428 ~封鎖された渋谷で~ オリジナルサウンドトラック