binGe

ビンギー

収録作品:BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 [PS4/PSV]
作曲者:浅野隼人

概要

第三の原種「ティファレト」戦で流れるBGM。
他の原種戦と同じく、段階に合わせて異なるサブタイトルが付けられた3つの曲が存在する。
本曲の場合は炭素「C」、水素「H」、一酸化窒素「NO」の組み合わせによる化学式となっている。
bingeは「お祭り騒ぎ」などと言った意味を持つ。

3曲とも全く異なる曲でありながら非常に高い水準で曲調が統一されており、
光の翼を羽ばたかせて空を高く舞うティファレトの美しいデザインも相まってそれぞれの曲の評価は非常に高い。

サントラ付属のライナーノーツによると本曲を含めた原種戦は全て、
ピアノ・ヴァイオリン・チェロをそれぞれ主要キャラの3人(日菜子・夕月・来夢)に見立てて曲を構成されているとのこと。
戦闘序盤の曲ではほぼピアノしか使用されていないが、戦闘フェーズが進行するごとにヴァイオリンとチェロの音が次第に増えていく。
これは戦闘が進むごとに夕月と来夢がより強く力を貸してくれている様を表現しているとのことだ。

binGe -C18H23NO3-

C18H23NO3は幻覚剤「フェネスカリン」を指す。
ティファレト戦直前〜戦闘前半で流れるBGM。
ヘビメタ風のイントロから始まり、唐突に美しくメロディアスな曲調に変化させる。
ピアノと電子音による圧倒的な透明感と勇壮的なメロディラインが特徴的で、
遥か遠くの空を舞うティファレトのイメージと非常に合っている。

binGe -C10H15NO-

C10H15NOは交感神経興奮剤「エフェドリン」を指す。
ティファレト戦後半で流れるBGM。
C18H23NO3と異なり、疾走感が増し一気に戦闘曲らしくなった。
整ったリズムで刻まれる力強いピアノが特徴的。
曲の終盤で一気に狂ったような激しい電子音が追加されるが、binGe最大の特徴とも言える透明感はそのままである。

binGe -C17H21NO-

C17H21NOは抗ヒスタミン薬「ジフェンヒドラミン」を指す。
ティファレト殲滅戦で流れるBGM。
開幕から様々な電子音がけたたましく鳴り響き、まさに「お祭り騒ぎ」に相応しい非常に激しいイントロで始まる。
最初から最後まで、浅野氏最大の武器とも言える転調が強く活かされており、驚くほど曲調が変化する。
ピアノやストリングスをメインメロディとしつつ、伴奏として常に電子音が狂ったように流れ続けるものの、
メロディ自体は全体を通して極めて整っており、非常に高い完成度を誇る。

binGe (ALL PHASE MIX)

サントラのおまけ特典として付属。
上記の三曲が違和感なくメドレーとなっている。
ALL PHASE MIXはこの曲のみならず、すべての原種戦のBGMと繋がっている。
そのため最初に「TIGAR -Michael-」の終盤のメロディが少しだけ聞こえるようになっており、
「DNF FW15C -I-」に繋がるために完全にフェードアウトせずに曲が終了する。

過去ランキング順位

第11回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 372位(-C18H23NO3-)、423位(-C17H21NO-)
第12回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 421位(-C18H23NO3-)、563位(-C17H21NO-)
みんなで決める2017年の新曲ランキング 80位(-C17H21NO-)、215位(-C10H15NO-)、232位(-C18H23NO3-)