最後の闘い(FF4)

さいごのたたかい

収録作品:ファイナルファンタジーIV[SFC/PS/WSC/GBA/NDS/Mob/PSP/iOS/And]
作曲者:植松伸夫

概要

我は……完全暗黒物質……
ゼムスの憎しみが増大せしもの……

我が名はゼロムス……
全てを……憎む……!!


本作におけるラストボスである「ゼロムス」との戦闘で流れるBGM。GBA版やNDS版では隠しボス戦でも使用。
セシルがクリスタルを使ってゼロムスの真の姿を照らし出し、それと同時に「FINAL FANTASY」からこの曲へと移り変わっていく。
タイトル通りの曲だが「最後の戦い」と表記を間違われやすい。だが次作の『FF5』のラスボス曲は「最後の戦い」が正式曲名。ややこしい。
なお『FF9』のラスボス曲はこの曲と同名の「最後の闘い」というタイトルが付けられている。

イントロからループ終了まで全部がサビと言えるぐらい、終始盛り上がりっぱなしのヒロイックで熱い戦闘曲。
曲の前半部分にフィールド曲である「ファイナルファンタジーIV・メインテーマ」のフレーズが使われていることも見逃せない。
またゼロムスの方もラスボスの中ではかなりの強敵と言える方で、必殺技の「ビッグバーン」で全滅させられたプレイヤーも少なくない。
ラスボス戦前の演出、ゼロムス自体の強さ、そしてこの曲の格好良さが合わさって、本作のラストバトルをこれ以上なく盛り上げてくれる。
本作のみならずFFシリーズの数あるラストバトル曲の中でも、とりわけ高い人気を持つ1曲である。

原曲のSFC版だけでなくNDS版のサントラも発売されているが、NDS版はややテンポが遅めになっている。
ちなみに続編の『FF4TA』のラスボス曲「生命の戦い」も前半にメインテーマのフレーズが入っておりこの曲を彷彿とさせるものがある。

『FF4』以外では『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+』や『DISSIDIA FINAL FANTASY(AC)』などでアレンジが行われた。
『時忘れの迷宮DS+』では追加ボスのオメガと神竜との闘いで流れる。曲の後半はピアノでの演奏となっており、斬新なアレンジとなっている。


私は、戦いの始まりにして終わり。
アルファにしてオメガ。
世界を、終末に導くもの。


チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』では「オメガ戦」としてDS+とは別のアレンジが行われた。シンバルが鳴り響く電子楽器をメインとした機械感あふれる曲である。
発売前となるジャンプフェスタ2019において、追加ダンジョン「次元の狭間」の映像でFF14デザインのオメガとともにネタバレ全開のお披露目となった。
とは言うものの、実際のプレイで初めて流れるのは「別の」オメガとの対決の時である。

過去ランキング順位

第1回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 41位
第2回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 203位
第5回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 916位
第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 695位
第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 335位
第8回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 687位
第9回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 774位
みんなで決めるスクウェア・エニックス名曲ベスト100 83位
第2回みんなで決めるスクウェア・エニックス名曲ベスト100 69位
みんなで決めるラストバトルBGMベスト100 23位
FINAL FANTASY BGMランキング 6位
みんなで決めるスーパーファミコンBGMベスト100 71位
みんなで決めるRPGバトルBGMランキングベスト100 137位

サウンドトラック

FINAL FANTASY IV OST REVIVAL DISC

FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND VERSION


SFC版

FINAL FANTASY IV Original Sound Track Remaster Version


SFC版

FINAL FANTASY IV Original Soundtrack


NDS版