レイ・コルモスナ

レイ・コルモスナ


概要

第2章から訪れる新しい都市「ジルガ・パラ・ラオ」の通商交易区エリア「レイ・コルモスナ」で流れるBGM。
レイ・コルモスナは南米のような街並みが特徴で、この曲もラテン音楽のサンバを取り入れた異国情緒漂うものとなっている。
明るい南国のリゾートや賑やかな町の活気をイメージさせるような陽気な音楽で、この街の雰囲気とぴったり合っている。
また前作の都市「ヘキサヴィル」はヨーロッパ風の街並みであったため、こういった街はプレイヤーにとってかなり新鮮であった。
BGMのほうもオーケストラ主体であった前作からガラッと雰囲気が変わっており、とても印象深いものに仕上がっている。
こういった本作の新しい音楽の方向性を象徴させるようなBGMとして人気が高い。

この曲はアップデートでアレンジされており、アップデート前に比べて2ループ目から音が追加されている。
田中氏によるとこれは街の雑多な人種を演出しているとのことで、音を加えることでより雑多な雰囲気を強めたという。
このアレンジは否定的な意見もあったようであるが、田中氏ならではのこだわりを持った音楽表現でもあったらしい。
青木:なんかイロんな音が、特にアップデート後は、より聴こえるようになってます。
田中:そう。それで、みんなアップデート後は「えー、何これ変な音」って。
北尾:ちょっと音を変えていて、違和感を感じた方もいるかもしれないですけど。
田中:でも、サウンドトラックを聴けば、ひと回し目は入ってなかったりするから、なんとかなると思うんだけど。
自分としてはものすごいチャレンジングなことをしてしまいまして。
みんな思うじゃないですか、「なんで変な音が入ってんの?」って。
でもその変な音が入ってるからこそ、あの曲の醍醐味があるという風に思ってくださると嬉しいですね。

過去ランキング順位


サウンドトラック

GRAVITY DAZE 2 オリジナルサウンドトラック