葵・喜美

「負けない私が最高に素敵」

【所属】 武蔵アリアダスト教導院
【役職】 トーリの姉
【名前】 葵・喜美
【読み方】 あおい・きみ
【種族】 極東人
【元ネタ】 三つ葉葵?
【字名】 不明
【戦種】 全方位賢姉
【装備】 高嶺舞
【HN】 賢姉or賢姉様
【登場巻】 1巻上

【人物】

武蔵アリアダスト教導院三年梅組に所属する葵・トーリの姉。RADIOtheHORIZONのパーソナリティの一人。
同じ年に生まれたので姉弟でありながら学年とクラスは一緒である。いわゆる年子。

亜麻色の波打つ長髪にリボンを絡ませた極東式の女子制服を着用。
エロとダンスの神であるウズメ系サダ派を信仰し、弟と同じ、時にそれ以上のハイテンションキャラ。基本的に自分中心主義であり、「女」であることに対し独自の持論と誇りを持つ。
自分以外の男性はもとより女性に対してもかなり厳しいが、「弟は別腹。そういうものだ」と言い切り、トーリに関してのハードルは色んな意味で低い。
つまりブラコン。

朝に弱いらしく毎朝トーリが起こしている他、彼の作った朝食を食べ登校、紅茶を求める、起きるたびにトーリの姿を求めるなどトーリに対する依存度は結構高い。
アニメコメンタリーによると放課後しょっちゅうトーリと「デート」と称して出かけているのだとか。

「青い黄身」にも聞こえる自分の名前を気に入っておらず、ジョセフィーヌだのベルフローレ葵だの適当な芸名を付けて名乗っている。
容姿もスタイルも名前さえも自分にとっては「飾り」として服などと同一の存在と見ており、その認識故に蜻蛉切の割断能力が通じなかったこともある。
「刃は軽い方に滑る」と喜美は言うが、その理屈だと割断しまくれば最終的に本体に害が及ぶような気もするが何かにつけて芸名を変えているらしいので。
本名で呼ぶクラスメイトに注意したのは1巻冒頭部くらいなもので、幼馴染として付き合いの深い浅間は普通に名前で読んでるし、
その後喜美と呼ぶクラスメイトに注意している様子は確認できない。「葵姉」と呼ぶのも多い。

彼女をコントロールできるのはほぼトーリのみで、付き合いの長い浅間であっても弟と合わせ現在進行形で苦労している。
普段から言動は軽いが、いざ怒った際には半眼で無言になるためわかりやすい上に、
また気に入った相手に対しては抱きしめ、頬を寄せ密になり対象を知ろうとする癖がある。良く向井・鈴がその犠牲になっているらしいが、弟にするのは珍しいらしい。

5巻上にてその珍しい場面が見られたが、その際トーリは下半身全裸であったため絵面がなんともアレな状態であった。
なお該当するシーンはアニメ1期のOP映像中、鈴に対し行っているものと思われる。

役職持ちでも委員会や部活に所属しているわけでもないが、かつてホライゾン・アリアダストを目の前で事故で失い、ただ衰弱していくトーリを見ているしかできなかったクラスメイト達の中、
彼女だけはそんな愚弟に活を入れ立ち直らせたため梅組の面々も喜美のことをそれなりに評価している。
個性によるものも大きいとは思うが、悩みを得てふらついている人間に対し、何人も的確なアドバイス及び物理的な説法を叩き込んで立ち直らせているため、
武蔵の面々の中でもそれなりに発言力が高い。
トーリを「愚弟」呼びするのも、彼を戻した時から。

そんな彼女だが役職持ちでないにも関わらず副長や各国の特務クラスと相対する場面が結構ある。
しかし戦闘系の術式を一切持たず、奉じているのもエロとダンスの神様と戦闘能力は無いに等しいものの、浅間と共に転機雨を改造して作り上げた芸能系主神であるウズメ系の術式、高嶺舞を使用し、
奉納を続ける限り物理攻撃・術式攻撃問わずあらゆる攻撃を無効化する。

個人レベルで神に気に入れられているらしく、彼女の奉納の効率は他の奏者に比べコスパに優れているとされる。
術式を発動するための奉納はダンスはもちろん、化粧やタップ等も認められている。
何か対応できないものがあるたびに浅間神社の水垢離用お風呂で浅間とともに改良を加えているため無効化出来る範囲はかなり広く、浅間は高嶺舞の改造で年間術式担当件数をかなり稼いでいるのだとか。
契約している走狗は喜美によく似たウズィ

奉じている神が神なので、踊り子としても優秀できみとあさまでではボーカルを務める。
また踊り子としての実力は、五大頂の一角丹羽・長秀ネルトリンゲンの戦いで展開した彼女の大規模劇場術式を無効化して現れた際に、彼女とその背後にいる3000人のバックダンサーに対して白魔女女装両腕という前代未聞のライブメンバーで挑み、
相手が逆順を成立させることでこちらを無力化しようとしているのを逆手に取り、ほぼ壊滅状態に追いやるという技能を見せつけた。
バランス感覚では同じくバランスに優れるという立花・宗茂と比較されたこともあるほどで、一般生徒であるがその能力は特務クラスに匹敵することが伺える。

最も彼女の場合は気分屋なので、そこが惜しいところ。
しかし気分屋だがだからこそ気分が乗れば戦闘能力は凄まじく
  • 梅組面々が苦戦していた弥助を意図もたやすく倒した
  • トーリの黄泉帰りの最後の障害であるアマテラスを抑えるためにノリにノって舞を披露、周囲を巻き込んで対抗した
  • 石川・数正オリオトライに対する母親の威厳として剣術で向こうが動くまもなく倒した。
などとしている。

武蔵最大の戦闘技術を持つ本多・二代の攻撃を無力化する事が出来るので、ある意味武蔵最強。
11巻中カバー裏の設定資料では、作者直々の「最強キャラ」との明言を受けている。
本人は自身の防御力を「巨乳防御」としている。

そんな彼女には弱点もある。
それは将来の話、お化けや幽霊の類が大の苦手。

その話が出るとすぐに耳をふさいでしゃがみこんでしまう上に非常に取り乱すほどで、ホラー系能楽を見るときは席についた時点で気絶しているらしい。
実際、3巻下では前田・利家が呼び出した幽霊船を見て瞬時に気絶しており、浅間によれば気絶すると白目を剥いているらしいが、本人曰く自分の白目は「清楚で!洗いたての白!」とのこと。

トーリとホライゾンを失い、武蔵が創世計画を行った世界では福島・正則の回想から、喜美が福島からするともう一人の母親のようなものとなっていたり、トーリとホライゾンがいた証である子を願い、
自分を母体として子供を産んだ。そのことについては本人に言っていなかったが本人はうすうす感づいていた。
その子こそがオリオトライである。後の喜美もその事実に気付き、オリオトライに話している。

10巻下にて別の未来では母親に教えを受けて剣を使うようになったらしく、それを聞いた後に自身独自の技へと昇華しようと舞を極めることを誓っている。

11巻上では射撃の的となったが、持ち前のバランス感覚により浅間の素の射撃があたっても倒れなかった。

最終更新:2019年09月17日 23:40