エンディングについて

  エンディング分岐条件
    ED1,3/2,4の分岐条件詳細
    ED1と3の分岐条件詳細
    ED5の差分について
    ED6,7の分岐条件詳細

  非公式ED『犠牲(Sacrifice)』について

※ 当ページは重大なネタバレを含みます。 下へスクロールしてご覧ください。
 初プレイでゲームを十分楽しむには、当ページを見ずにプレイすることを強くおすすめします。
 また、 公式サイトにもエンディングヒントがあるので、そちらで十分クリア可能です。
































































エンディング分岐条件

ED1 再会の約束 :
 ギャリー生存・ギャリー好感度高
 上の状態によってメアリーの部屋内で出る選択肢「ハンカチを渡す」を選択
ED2 いつまでも一緒 :
 ギャリー死亡・メアリー生存
 「キャンディー」「ライター」のどちらを持っているかでメアリーの台詞が変化
ED3 片隅の記憶 :
 ギャリー生存・ギャリー好感度低
 またはメアリーの部屋で「大丈夫?」を選択
ED4 忘れられた肖像 :
 ギャリー死亡・メアリー焼失
ED5 ひとりぼっちのイヴ (4パターン)
ED6 ようこそゲルテナの世界へ :
 メアリー好感度高
 条件が複数あるため詳しくは該当項目へ
ED7 ある絵画の末路 :
 メアリー好感度低
 条件が複数あるため詳しくは該当項目へ


ギャリー生存ルート
 →ギャリーの好感度8以上:ED1
 →ギャリーの好感度7以下:ED3
ギャリー死亡ルート
 →メアリーを燃やさない:ED2
 →メアリーを燃やす:ED4

※生存ルートと死亡ルートの分岐については、次項参照。

ED1,3/2,4の分岐条件詳細

スケッチブックに入った時点でギャリー死亡率2以下なら生存ルート(ED1か3)、3以上なら死亡ルート(ED2か4)へ。

■ギャリーの死亡率変動箇所
1増加:鏡の部屋でギャリーがマネキンを壊す
1増加:ヒモが5本並んだ部屋でギャリーが右端のヒモをひっぱる
1増加:橋を渡った先の通路でメアリーに「ギャリーと二人でここから出る」と答える
  (ただし、この時点で死亡率が0がでないとメアリーの問いかけが発生しない)
1増加:人形がついてくる通路でギャリーがドアの前にいる人形を蹴飛ばす
1増加:「カサをなくした乙女」の部屋にあるマネキンを全て机から落とす
2増加:ギャリーが白の絵の具玉の部屋からの脱出に失敗する

ED1と3の分岐条件詳細

生存ルートのとき、ギャリーの好感度が8以上ならメアリーの家でイベントが追加され、その選択次第でED1へ。

■ギャリーの好感度増加箇所
1増加:ラビリンスでギャリーと一緒に張り紙を読む
1増加:鏡の部屋でマネキンを壊そうとするギャリーを止める
1増加:悪夢から目覚めた部屋でギャリーにコートを渡す
1増加:上記のコートを渡した後、ギャリーと7回以上話す
1増加:ギャリーと一緒に三色の像とボタンの迷路に入り、本棚を調べる
1増加:ギャリーと一緒にミルクパズルを見る
1増加:停電中のギャリーの呼びかけに対して返事をする
1増加:スケッチブックの陽のあたる場所でギャリーと6回以上話す
1増加:おもちゃばこでギャリーの問いかけに対して返事をする

ED5の差分について

各ルートの最後の選択肢でED5に分岐。4パターン有。
 ・ギャリー生存でギャリーを選ばない
 ・ギャリー死亡、最後に「怖いから離れる」を選択
 ・ギャリー死亡、メアリー焼失で「飛び込んでみる」の後に「ついていく」を選択
 ・ギャリー死亡、追加ダンジョンの「最後の舞台」を調べて「寝てみる」を選択し、最後までイベントを見る

ED6,7の分岐条件詳細

他のEDとは分岐条件が異なり、下記すべてを満たさないと分岐しない。
分岐タイミングはギャリーの脱出イベント終了時。
ED6と7のどちらになるかは、メアリーの好感度によって決まる。
 →メアリーの好感度4:ED6
 →メアリーの好感度3以下:ED7
 ・黄の間の「かくれんぼ」で不吉な絵(吊られたイヴ)を見る
 ・灰色の間にある鏡の部屋でマネキンを蹴飛ばした後、パスが「女の絵の数」になっている部屋に行き、張り紙をはがす
   ・※上記を満たすとメアリーとの初遭遇時、ぶつかったメアリーに対して選択肢が発生
      ED6にいきたい場合は、ここで必ず「だいじょうぶ?」を選び、その後のイベントでもメアリーの好感度を上げること
 ・メアリーの正体判明までにギャリーの死亡率を3以上にする
 ・白の絵の具玉の部屋からの脱出に失敗する

■メアリーの好感度増加箇所
1増加:メアリーとぶつかった際、「だいじょうぶ?」を選択
1増加:「赤色の目」の部屋で、「カワイイ」もしくは「撫でたい」を選択
1増加:パーティー分断後、メアリーの問いかけに対して「大丈夫だと思う」を選択
1増加:メアリーの正体判明後、白の絵の具玉を見つける前にイヴ視点に切り替える
  メアリーが個人行動を始めたら、マネキンを刺すメアリーに話しかけて広間に戻るか、メアリーを追わずに色の無い部屋を出入りする
  最後に、後ろをついて来るメアリーと7回以上会話する(マップを切り替えると会話不能になるので注意)
   ・※メアリーの個人行動はギャリーの脱出イベント成功時にも発生する
      しかし、ED6,7に分岐しなくなる仕様上、メアリーとの会話で好感度を上げても無意味

非公式ED『犠牲(Sacrifice)』

海外ファンが無許可で作った改造版『Ib: Green Edition』にて確認された8つ目のED。
Kouri氏の警告及び配布停止要請を受け、現在は配布されていない。
よって、『Ib』の正史とは一切関係ないEDである。

↓以下反転
ギャリー生存ルートにおいて、メアリーの肖像を燃やさずに「絵空事の世界」の前まで来ると、メアリーが追いかけてきて、自分とギャリーのどちらを選ぶのかイヴに迫る。ここで「どちらも選ばない」を選択すると、イヴが自分で自分のバラの花を毟り、その命を散らしてしまう。
外の世界に出たギャリーとメアリーは兄妹ということになっており、美術館での出来事を覚えているのはメアリーだけである。美術館を出ようとしたメアリーは「吊るされた男」が掛かっていた場所に、見覚えのある少女の肖像が展示してあるのに気づく。表題は「Good Bye(さようなら)」、額縁の中では赤いバラをもったイヴが静かに微笑んでいた。その絵の前で「ごめんね…ごめんね…」と泣き出すメアリーを、ギャリーはわけも分からず不思議そうな顔で見るのであった。
最終更新:2020年02月29日 00:03
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。