ハトミミ@聞くだけ ルーピー

平野博文

最終更新:

hatomimi

- view
だれでも歓迎! 編集
議事録隠蔽、記者クラブ制度維持、イエメンで誘惑、基地周辺住民移住、宮内庁恫喝、他の大臣から口を出すなと言われる内閣官房長官
関連項目
普天間-機密費

官房長官、地デジ移行の質問に「いやなこと聞くね」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100311/plc1003111909014-n1.htm

 最近、平野長官は幹事長室に日参し、「やっぱり俺は党務向きなんや」とうそぶいているという。


鳩山首相「円独歩高は放置できない」→官房長官「介入についての言及ではない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000409-reu-bus_all

緊急の対策を行うというメッセージを発しているから、今日閣議決定しなくても市場への影響は無い
NHK 2009年12月4日

国民年金納付率の数値盛り込まず 年金機構の中期目標
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122101000508.html

官房長官「亀井発言は閣僚としての発言ではない」京都か広島
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091228/plc0912281236006-n1.htm

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122901000596.html
小沢氏が議員立法拒否 外国人選挙権法案
 民主党の小沢一郎幹事長が、平野博文官房長官から永住外国人への地方選挙権付与法案
を政府提出ではなく議員立法で成立を図るよう求められたのに対し拒否していたことが
29日、分かった。同党幹部が明らかにした。
 平野氏は28日、国会内で小沢氏と会談した際に「議員立法でやってほしい」と要請。
小沢氏は「鳩山由紀夫首相は政府提案でやりたがっている」と押し返したという。
 小沢氏は同法案に関し、政府提出法案として来年の通常国会で成立させたいとの意向をこれまでに表明している。


一手に引き受けるものの閣内での調整が不十分で、意思決定を迷走させてしまう場面も。
二〇一〇年度予算編成の基本方針に赤字国債発行額の上限を明記しない考えを示したが、
一夜で方針転換したのはその典型だ。


日銀短観で3期連続改善に「引続き注視していく」 平野官房長官が会見で
ttp://www.dpj.or.jp/news/?num=17432

平野博文官房長官は記者会見で「適切か不適切かは国民の皆さんが判断されることだと思う
川端達夫文部科学相ら民主党の5議員の政治団体が政治資金収支報告書で、キャバクラやニューハーフショーパブへの支払い代金(5年間で計500万円以上)を政治活動費として計上していた問題について、」と見解を述べた[257]。

「指示が出ない」「士気低下」=事務次官が官房長官に不満-政治主導
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010010500785


平野 博文



生年月日 1949年3月19日(60歳)
出生地 和歌山県伊都郡かつらぎ町
出身校 中央大学理工学部
学位・資格 学士
前職 衆議院議員秘書
会社社員
世襲 無
選出選挙区 大阪府第11区
当選回数 5回
所属党派 民主党(鳩山グループ)
会館部屋番号 衆・第2議員会館330号室

平野 博文(ひらの・ひろふみ、1949年3月19日 - )は日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)。第77代内閣官房長官。身長179cm、体重72kg、血液型B型

鳩山由紀夫が信頼する側近の一人である。

経歴

和歌山県伊都郡かつらぎ町出身。和歌山県立笠田高等学校、中央大学理工学部電気工学科(現・電気電子情報通信工学科)卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)入社。

国会議員として


中村正男衆議院議員秘書を経て、1996年第41回衆議院議員総選挙に電機労連の支持を背景に無所属で初当選。

1998年民主党入党。党新潟県中越沖地震事務局次長に就任。党副幹事長、国会対策委員長代理、党幹事長代理を歴任。党大阪府総支部連合会代表。

2009年5月、党総務委員長代理(役員室担当)に就任し、代表の鳩山由紀夫を支えた。同年8月30日の第45回衆議院議員選挙では井脇ノブ子をダブルスコアで下し、5選を決めた。

官房長官

この節は現在進行中の事象を扱っています。事象の進行状況により内容や状態が急速に変わることがありますのでご注意ください。


鳩山由紀夫内閣発足に伴い内閣官房長官に就任した。

『週刊文春』によると、これまで歴代民主党代表は政権交代後もすべてのメディアに記者会見を開放することを公言していたにもかかわらず、官房長官に内定した平野は早々に既存の大手メディアの記者クラブと結託して、2009年9月16日の総理大臣鳩山由紀夫の就任記者会見を記者クラブと一部の雑誌・外国人特派員のみ参加を認めたが、フリーランスのジャーナリストやインターネットメディアの参加は一切認めずに排除したという[1]。

9月16日に行われた鳩山内閣発足時の閣僚記者会見で、会見場に設置された国旗へ一礼した閣僚が全18人中7人だったことを翌日、記者から質問されると「『あ、そうですか』という感覚だ。(一礼を)閣僚としての責任ある対応をされればいい。一礼しろと閣議決定したわけではないし、申し合わせをしたわけではない」と語った[2]。ちなみに平野自身は入室時、退室時ともに国旗に一礼している。

普天間基地問題については沖縄県民の負担の軽減策として普天間飛行場のヘリコプターの機数削減やヘリ部隊の沖縄県外などへの移転を挙げたほか、「極端な話」と前置きした上で、普天間飛行場周辺の住民移転(事実上の強制移住)も挙げた。
脚注 [編集]
^ 『平野官房長官が公約「記者クラブ開放」をツブす』『週刊文春』2009年9月24日号、文藝春秋。
^ “国旗に一礼は7人だけ…官房長官「あ、そうですか」”. 産経新聞. (2009-09-18) 2009-11-24 閲覧。

関連項目

年齢計算ニ関スル法律

年齢計算に関する国会質問 - 2002年7月25日、平野は学年や年度は4月1日から始まるのに就学の年齢が4月2日を基準にしているのは一般常識と異なっているのではないかと政府を質した。

ウェブサイト

衆議院議員<大阪11区(枚方・交野)平野博文>
http://www.minsyu.jp/


トップ > 平野博文
wikipediaの該当大臣の記事を改変利用しています
http://ja.wikipedia.org/
wikipediaの利用規約に基づき表示-継承-3.0 ライセンスが適用されます
出典は記事の脚注等を参照ください




このページに関する情報、ぜひお寄せください


URLなどの情報源をできるだけ添えください。よろしくお願いします
匿名可
情報

すべてのコメントを見る