ハトミミ@聞くだけ ルーピー

藤井裕久

最終更新:

hatomimi

- view
だれでも歓迎! 編集
関連項目
マニフェスト達成度判定
「これ以上の緊張無理」藤井前財務相、会見せず談話公表
http://www.asahi.com/politics/update/0107/TKY201001070395.html

鳩山首相「子供産んだんだから育てて」→藤井財務相「産むまでが僕の仕事」→首相「一緒に政権育てて」→財務相「総理の仕事」

鳩山内閣の重鎮、藤井裕久財務相の辞任が5日、固まった。鳩山由紀夫首相の説得も
 不調に終わり政権の動揺は必至。表向きの辞任理由は体調不良だが、菅直人国家戦略
 担当相らとの対立も背景にあるとされる。18日召集予定の通常国会直前の財務相
 差し替えで、2009年度第2次補正予算案、10年度予算案審議への影響は避けられない。

 首相「一緒に政権を育ててください」
 藤井氏「それは総理の仕事ですから」

 5日の首相官邸。慰留の言葉に揺れる気配さえ見せない藤井氏に、首相は二の句が継げ
 なかった。この後、記者団に藤井氏の進退問題が「政権に影響を与えるか」と問われても
 「仮定の話だからお答えする必要はないと思います」と早口で答えるだけだった。
 藤井氏は10年度予算案決定後の会見で「くたびれた」を連発。通常国会の予算案審議では
 野党側の厳しい追及が予想され、藤井氏が1日7時間近い長時間審議に耐えられるかとの
 指摘があった。

 一方で菅氏、小沢一郎民主党幹事長との確執がささやかれていたのも事実だ。
 民主党関係者は藤井氏が「菅氏が財務相の領域である予算編成に介入したことに不満が
 あった」と指摘。予算編成について「財務省主導だ」と強い不快感を示していた小沢氏にも、
 嫌気をさしていたという。
 藤井氏の退場は、首相にとって一閣僚の交代にとどまらない痛手となりそうだ。(抜粋)
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100106015.html

  • 藤井氏は5日午前の閣議終了後と午後の2回にわたり、首相と首相官邸で会談した。
 2回目の会談で首相は「せっかく子供(予算)を産んだんだから育てよう」と慰留したが、
 藤井氏は「産むまでが僕の仕事だ」と辞意を撤回しなかった。藤井氏は「通常国会で
 長時間にわたる予算案審議への出席など激務に耐えられない」ことなどを理由に挙げた。(抜粋)




事務所火事、通貨高に拍車をかける見守るだけ

藤井 裕久



            /      \
           /|   _ =     ミ 
          彡  -、 , 、 _,-  ミ _
          { `| ,=・ァ = ,r・=、, |´ }     
         ヽ{!  '" , ',:、 '" ,' |}ノ     ・・・
              |  /`'ー'"ヽ-  |\_
         ,. ヘ.ヽノー=-' } /|::|: :`'''ー- 、.._
        /: : : |:`i`ー、__ノ// :| : : : : : : : : ハ
      ハ: : : : : | : l.\_ _/ /,': :| : : : : : : : /: ヽ
.      l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、 / : :/: : : : : : : :l: : : :〉
      l: : l : : : : >'l |::::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉
.      l\ |: : : : :\:ヽ|:::::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|
     l\`l : : : : : : \∨ /: : : : : : : : : : : :|/:/:|
.     l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : : |/: : : |

藤井 裕久(ふじい ひろひさ、1932年(昭和7年)6月24日 - )は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員(7期)、財務大臣(第12代)。

参議院議員(2期)、大蔵大臣(第98・99代)、自由党幹事長、民主党幹事長、同党最高顧問などを歴任した。

生年月日 1932年6月24日(77歳)
出生地 東京都
出身校 東京大学法学部卒業
前職 大蔵省主計局主計官
所属政党 自由民主党(1977年 - 1993年)
新生党(1993年 - 1994年)
新進党(1994年 - 1997年)
自由党(1998年 - 2003年)
民主党(2003年 - 現在)
称号 法学士(東京大学・1955年)

第12代 財務大臣
内閣 鳩山由紀夫内閣
任期 2009年9月16日 - (現職)

第99代 大蔵大臣
内閣 羽田内閣
任期 1994年4月28日 - 1994年6月30日

第98代 大蔵大臣
内閣 細川内閣
任期 1993年8月9日 - 1994年4月28日

衆議院議員
選挙区 (旧神奈川県第3区→)
(神奈川県第14区→)
比例南関東ブロック
当選回数 7回
任期 1990年 - (現職)

参議院議員
選挙区 (全国区→)
比例区
当選回数 2回
任期 1977年 - 1986年6月2日

来歴


東京都生まれ。父親は広島県福山市出身で東大医学部卒の内科医[1]。

東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)時代は野球部に所属し、チームは甲子園に出場したがベンチ入りはせず。東京大学2年までは、東大野球部で捕手を務め活躍した。法学部進学と同時に退部。

東大卒業後、旧大蔵省(現財務省)に入省。入省同期に、平澤貞昭、水野勝(元国税庁長官、元JT社長)、佐藤光夫など。田中角栄内閣で二階堂進、竹下登両官房長官の秘書官を務める。1976年、大蔵省主計局主計官を最終役職に退官。

1977年、第11回参議院議員通常選挙全国区に自民党公認候補として立候補し、当選。2期務めた後、衆議院議員に転じる。

1993年、自民党を離党して新生党結成に参加。細川護煕内閣で大蔵大臣に就任。続く羽田孜内閣でも留任した。その後、新進党を経て、自由党で幹事長に就任。自由党が民主党と合流(民由合併)した後は、岡田克也代表の下で幹事長、代表代行を務めた。

2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で落選し、高齢を理由に政界引退を表明。引退を報告するため小沢事務所を訪ねた際、小沢に「もう一緒に歩むことはできなくなりました」と述べると、小沢は涙ぐんだという。しかしその後、民主党の永田寿康が不祥事の責任を取り辞職したために、同党南関東ブロックの池田元久が繰り上げ当選、さらに2007年7月29日の第21回参議院議員通常選挙千葉県選挙区に、同党南関東ブロック選出の衆議院議員長浜博行が立候補し自動失職したことで、南関東ブロック名簿順で次々点だった藤井が、繰り上げ当選となり(一種の比例復活)、国政に復帰した。

2007年8月、党最高顧問に就任。9月から党税制調査会長も兼務。繰り上げ当選に際しては、次期総選挙への不出馬を表明し、民主党政権誕生への最後の奉公として、近年はテレビ出演や講演、地方行脚など、選挙応援のために積極的に活動していた。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、地盤だった神奈川14区では元秘書の神奈川県議会議員の本村賢太郎が選挙区の後継者として出馬し当選、藤井自身は鳩山由紀夫代表から「新内閣の財務大臣を頼みたい」と乞われたことから公示直前に引退撤回して、比例南関東ブロックから単独立候補して当選した。

2009年9月16日、鳩山内閣の財務大臣に就任。

人物


政界屈指の財政通[要検証]であり、自由民主党政権が崩壊した後に成立した細川護煕内閣と鳩山由紀夫内閣でいずれも大蔵大臣・財務大臣に就任している。
自由党幹事長時代は「日曜討論」(NHK)などで自党の主義主張を明快に繰り広げた。2005年9月に落選し議員でなくなった後も「時事放談」(TBS)に幾度となく出演した。
東大野球部ではレギュラー捕手として活躍した。元日本高等学校野球連盟会長の脇村春夫は東大野球部の同級生。同じ東京六大学、慶應義塾大学の投手で後にプロ野球巨人軍入りした藤田元司から試合でヒットを打ったこともある。自自連立時代は始球式の練習をする小渕総理大臣とキャッチボールをし、捕手役を務めた。
好物は日本酒と蕎麦。好きな銘柄は「ワンカップ大関」。選挙区に帰る電車の中で、乗り合わせた乗客に「一杯やるか?」と勧めたと言う逸話もあり、今でも公用車に秘書がカップ酒1ケースを積んでいるらしい。
小沢の側近中の側近である一方、民由合併時の誠実な対応から、前原誠司をはじめ中堅・若手からの信頼も厚い。とりわけ、同じ幹事長として交渉を進めた岡田克也から信頼されており、小沢との接着剤的役回りを果たしている。
岡田代表時の幹事長時代には、選挙区調整などで自由党出身者を優遇しない藤井の手法に対して、山岡賢次ら他の小沢側近と激論を交わす場面もあった。幹事長辞任、代表代行就任の背景には、旧自由党出身者への配慮もあったと推測される。同じ小沢側近でありながら、藤井と山岡は犬猿の仲。
自由党幹事長時代、自由党と民主党の合併3日前の2003年9月23日に、自由党の政治団体「改革国民会議」に対して5億6096万円を寄付したことは、政党助成金の返還義務を逃れるためではないか、また大和銀行から自由党への10億円の借入を返済した事実が政治資金報告書に記載されていないという2点を、自民党の松岡利勝から指摘された。しかし、政党助成金はその使途について規制されておらず、また後者についても事実であれば実質的な寄付であり政治資金規正法違反の疑いは残るが、総務省は実質的な調査権を有さないことから、いずれもそれ以上の追及はなされなかった。
「うちの党首(小沢)もそう申しております」が口癖。
2008年6月、居酒屋タクシー問題に関連して、「官僚は朝に帰るくらいなら仮眠室で寝ればいい」と主張し、片山さつきから「朝、子供の顔を見たい母親もいる」と批判された(フジテレビにて)。
2009年3月4日、小沢一郎の公設第一秘書が西松建設からの政治資金規正法違反容疑で逮捕されると、小沢は記者会見を開き、違法性を否定した上で、国策捜査だとして検察批判を行った。この小沢の態度について「まったく正しい。説明責任を果たし、非常によかった」と評価した。その後、党内に反小沢の空気が広まったことから、中堅・若手の意見を代弁する形で小沢辞任論を公言し始めた。
2009年7月7日、政権交代後の、政権公約(マニフェスト)の実行にかかる予算16.8兆円の財源について、元大蔵大臣の見識として、「財源にはそこまで触れなくていい。どうにかなるし、どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいいじゃないか」と楽観論を展開[2]。。
2009年9月13日放送のテレビ朝日系報道番組「サンデー・プロジェクト」にて、(予算が足りなくなったら)国債増刷も有り得ると言う趣旨の発言をしている。ただし、国債増刷は同年選挙前には民主党は鳩山党首が自民党の国債増刷による予算の確保を「垂れ流しである」と言って批判している[3]。また、民主党は政権交代を行った2009年10月14日に予算の補填の為に国債増刷を行うとの発表を行った。なお、民主党は同年の選挙前には2009年度に44兆円を超えた国債新規発行額に関し「(今後は)増やしたら国家が持たない」と抑制方針を示していた。
藤井本人が旧大蔵官僚のため、官僚叩きが目立つ民主党内でも官僚に対して比較的理解があり、「役人は叩いては駄目、使いこなさなくては」が持論。2009年の総選挙を前にした7月、民主党の政策の一つであった財務省からの主計局分離論を撤回させた[4]。
2009年9月、予算編成の主導権をめぐり、「予算編成権は財務省にある」と発言し、2010年度予算の基本方針も財務省が策定する意向を示した[5]。
2009年9月、円高が進み,1ドル89円台となった為替について(乱高下していないなら)介入しない(政府として対策しない)。急激な円高が進んでいるにもかかわらず、現在の為替変動は「誤差」のうちで、円安は日本の国益にならないと発言した[6]。また、日本政府が円高を容認しているとの見方を否定した[7]。藤井の発言は円高・株価下落を招いた一因として、投資家から批判された[8]。
2009年10月、イスタンブールでの同行記者に対する会見において「内需主導の経済運営が果たして景気刺激策として機能するのか」と言う質問に対して「内需拡大をばら撒きだという人がいますが、あれは実に経済政策をわかってない人です。内需というものを中心にして、経済を運営していくということは、これはマクロ経済そのものです。子ども手当てはばら撒きだと一部に言う人がいますが、そういう人こそマクロ経済の意味をわかっていないのではないかと私は思います。それから特に子ども手当てというのは、次の世代の少子高齢化対策の非常に大きな柱になると思うのです。そういう意味で、私は内需中心の経済運営という我々の考えについて外国もなんら批判的な意見は出ないし、むしろ積極的に評価していたと認識をいたしております」と答えた[9]。公明新聞によれば、藤井は麻生内閣が内需刺激策として実施した定額給付金については、NHKの討論番組にて「失業した人、あした失業するような人は、もらったらポケットにしまうのが常識だ。消費に回るはずがない」と批判していた[10]。

略歴

経歴

1948年
3月 - 東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校)卒業。(特別科学学級在籍)
1951年
3月 - 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業。
1955年
3月 - 東京大学法学部卒業。
4月 - 大蔵省入省。

政歴

1977年
第11回参議院議員通常選挙(全国区・自由民主党公認)当選
1983年
第13回参議院議員通常選挙(比例区・自民党公認)2期目当選
1986年
第38回衆議院議員総選挙(旧神奈川3区・自民党公認)落選
1990年
第39回衆議院議員総選挙(旧神奈川3区・自民党公認)当選
1993年
自民党離党、新生党結成
第40回衆議院議員総選挙(旧神奈川3区・新生党公認)2期目当選
大蔵大臣(細川内閣)就任
1994年
大蔵大臣(羽田内閣)留任
12月10日 - 新生党解散、新進党結成。
1996年
第41回衆議院議員総選挙(神奈川14区・新進党公認)3期目当選
1997年
新進党分党(12月31日)
1998年
自由党結成(1月6日)
政策調査会長就任
2000年
第42回衆議院議員総選挙(神奈川14区・自由党公認)4期目当選
2003年
自由党解散、民主党合流
第43回衆議院議員総選挙(神奈川14区・民主党公認)5期目当選
2004年
党幹事長就任
党代表代行(副代表)就任
2005年
第44回衆議院議員総選挙(神奈川14区・民主党公認)落選、引退宣言
2007年
衆議院議員南関東ブロック名簿上位者自動失職に伴い、繰り上げ当選 6期目
党最高顧問就任
流通ビジネス推進政治連盟議連会長就任
2009年
第45回衆議院議員総選挙(比例南関東ブロック・民主党公認)7期目当選
第12代財務大臣に就任

所属議員連盟

協同出資・協同経営で働く協同組合を考える議員連盟(顧問)
健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟(会長)
憲法調査推進議員連盟
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
日本会議国会議員懇談会(相談役)
ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会(会長)
民主党税理士制度推進議員連盟(会長)

公式サイト

トップ_藤井裕久オフィシャルページ



トップ > 藤井裕久
wikipediaの該当大臣の記事を改変利用しています
http://ja.wikipedia.org/
wikipediaの利用規約に基づき表示-継承-3.0 ライセンスが適用されます
出典は記事の脚注等を参照ください



藤井「ホテルのバーは一番高いところ」↓
藤井「新たな通貨制度の勉強の話がでてくる」↓
藤井「財源、ごめんなさいといえばいいじゃないか」↓
藤井「給油、野党の時と発言違っていい」↓
藤井「現在は急激な円高ではない。日本は円高が良い」↓
藤井「為替介入に反対」↓
トヨタ幹部(藤井円高容認)大変困った発言」↓
藤井の発言が要因 NY市場でドル/円が7カ月超ぶり安値、↓
藤井 「円高、急激過ぎだ、円相場が異常な事態になれば、色々あり得る」為替介入も示唆↓
欧米金融機関 「藤井財務相の発言・釈明、混乱招いた」「鳩山政権、政策ミス犯した」批判↓
藤井、G7で円高に触れないと表明↓
藤井「異常な水準だとは思わない」↓
藤井「子ども手当てをばら撒きと言う人はマクロ経済をわかってない」↓
藤井「税収が減ったとしても、国債増発は必要ない」↓
藤井「財政再建目標策定、今年中はとても無理。もう少し経済が落ち着いてから」↓
藤井「通貨安競争をしてはいけない、日本経済を内需主導に転換すべき」↓
藤井 「暫定税率の廃止で新しい税『地球温暖化対策税』の導入、前倒しも」↓
藤井「意図的に円安に振った時期もあった。そのことに対して私は反省している」↓
藤井「ダメな大臣の名前を挙げよう。長妻だ」↓
藤井 「子ども手当、所得制限設定論点となり得る」↓
藤井「各省の査定大臣は甘い」ポロリ↓
藤井「もう少し、静かに見守る必要がある」↓
藤井「子ども手当全額国費負担とは公約にない」↓
藤井、介入否定せず 14年ぶり円高水準↓
藤井「まず今は見守る。注視する段階だ」↓
藤井「今の動きは異常、適切な措置をとることも」↓
藤井「予算編成における復活を認めない」↓
藤井「「高校無償化地方負担も」↓
藤井 円高是正での為替介入考えず 静観の姿勢表明↓
藤井「『為替介入あり得ない』発言?…うそだよ。そんなの。言っていないよ。そんなこと」↓
藤井「事業仕分けで決まったものの復活はほぼ考えられない」↓
藤井「為替動向、慎重に注視する段階だ」

鳩山 財務相にマニフェスト見直しを指示
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091202/plc0912021958009-n1.htm
藤井、税収の落ち込み以外で赤字国債は発行しないとの考えをあらためて表藤井「補正については聞いてない」財源として特別会計の積立金の活用について
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12741920091202

「財源、ごめんなさいといえばいいじゃないか(選挙前)」

国債発行「44兆円」を確認=税収、成長率は明記せず-関係閣僚 15日の閣議決定を目指すことに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091212-00000097-jij-pol
税制改正大綱、週内の決定 NHK番組で財務副大臣
揮発油税などの暫定税率撤廃や地球温暖化対策税(環境税)などの主要項目について
副大臣「これから1週間かけて確定したい」
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121301000137.html
邦銀、財務体質改善に向け株式保有比率の高さ改善してほしい=大塚内閣府副大臣
ttp://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK036211420091217

藤井「議論の中にそういうムードがあることは客観的事実としてある」たばこ税の来年度からの引き上げについて4日
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aDrIxHp.Xd1U


このページに関する情報、ぜひお寄せください


URLなどの情報源をできるだけ添えください。よろしくお願いします
匿名可
情報

すべてのコメントを見る