ハトミミ@聞くだけ ルーピー

中井洽

最終更新:

hatomimi

- view
だれでも歓迎! 編集
関連項目
児童ポルノ

(1)部外者である女性に、宿舎のカードキ
ーを貸与していること。
(2)国民の安全を司る立場にあり、常に居所を明らかにして
いるべき大臣がSPを外して飲み歩いていること。
(3)銀座から赤坂まで、違法な「白タク」である可能性が高い車に乗車したこと。

民主党にまたスキャンダル?中井洽国家公安委員長(67)議員宿舎で銀座ホステスと密会?路上でキス?
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1269404632/1
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/images/20100324/plt1003241156000-p1.jpg

もし、永田町情報が事実ならば、鴻池氏のケースと極めて酷似しており引責辞任となる可能性が高い。
任命権者の鳩山首相だけでなく、小沢氏にも責任が及びかねない。

中井国家公安委員長の"失言"で、日本のW杯出場権剥奪も…W杯日本招致にも影響
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/12/11/01.html

【政治】鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100324-00000588-san-pol

児童ポルノ取り締まり強化へ省庁連絡会議 海外からの批判に対応
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091211/crm0912111317018-n1.htm


中井 洽



生年月日 1942年6月10日(67歳)
出生地 満州国 新京特別市
出身校 慶應義塾大学経済学部卒業
前職 国会議員秘書
所属政党 (日本社会党→)
(民社党→)
(新進党→)
(自由党→)
民主党 (小沢グループ・川端グループ)
称号 経済学士(慶應義塾大学)
世襲の有無 2世
親族 中井徳次郎(父)

第81代 国家公安委員会委員長
内閣 鳩山由紀夫内閣
任期 2009年9月16日 - 現職
第54代 法務大臣
内閣 羽田内閣
任期 1994年5月8日 - 1994年6月30日
退任理由 内閣総辞職
衆議院議員
選挙区 (旧三重県第1区→)
(比例東海ブロック→)
三重県第1区
当選回数 11回

中井 洽(なかい ひろし、男性、1942年6月10日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(11期)、国家公安委員会委員長(第81代)。

法務大臣(第54代)、自由党副代表、民主党副代表などを歴任した。

概要

生い立ち


満州国の首都である新京特別市(現・中国吉林省長春市)にて生まれた。東京都立立川高等学校、慶應義塾大学経済学部を卒業した。

日本社会党の衆議院議員だった父の中井徳次郎の秘書を務めていた。徳次郎が日本社会党を離党すると、それにともない洽も離党した。その後、洽は第33回衆議院議員総選挙に無所属で立候補したが、落選した。民社党に入党し、第34回衆議院議員総選挙にて34歳で初当選した。この選挙では、民社党からは青山丘、大内啓伍、神田厚、中野寛成、米沢隆も中井と同じく初当選を果たした。

民社党


第38回衆議院議員総選挙では落選したものの、続く第39回衆議院議員総選挙、第40回衆議院議員総選挙では当選を果たした。第40回選挙後、衆議院の商工委員会にて委員長に就任した。翌年、羽田内閣にて法務大臣に任命された。1994年、民社党が解党し新進党が結成されることになり、新進党の結党に参加した。

新進党


新進党結党後の第41回衆議院議員総選挙では、三重県第1区より立候補し当選した。この選挙以降、自由民主党の川崎二郎と三重県第1区の議席を争っている。1997年、新進党が解散した。中井は小沢一郎らとともに自由党を結党した。

自由党


衆議院の国会等の移転に関する特別委員会にて委員長に就任した。しかし、第42回衆議院議員総選挙では小選挙区で落選し、比例区で救済され当選した。自由党では副代表も務めたが、同党が民主党に合流することになり、中井も民主党に入党した。

民主党


民主党では副代表に就任した。2006年には常任幹事会の議長に就任し、2007年には再任された。その間の第43回衆議院議員選挙、第44回衆議院議員選挙では、いずれも小選挙区で落選したが、比例区で救済され当選した。第45回衆議院議員選挙では小選挙区にて当選した。この選挙により民主党が与党となり、鳩山由紀夫内閣にて国家公安委員会委員長に就任した[1]。同時に「北朝鮮による拉致問題の早期解決を図るため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[1]を担当することになった(拉致問題担当)。なお、中井は「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」の会長代行を務めていた。

その他

光熱水費の違法支出問題
2007年3月、光熱水費(「電気、ガス、水の使用料」と規定)がかからない議員会館に置いた、資金管理団体の主たる事務所で3年間に計約1070万円の光熱水費を架空支出したことが発覚した。国会では松岡利勝農相(当時)の、議員会館での光熱水費問題が国会で追及されている真っ最中で、当初は党内や野党から松岡大臣を追求できなくなると不満の声も挙がった。しかし、すべて領収証が残っていて架空支出ではなかったことや、変な言い訳をせずに別の支出であったことを認める記者会見を本人が開いて説明責任を果たしたことにより、すぐにこの騒動は収まった。
鈴木宗男の議院証言法違反(偽証)告発
2002年には鈴木宗男事件において自民党の予算委員として証人喚問における「島田建設からの金銭供与は政治資金規正法に基づいている」「モザンビーク共和国洪水災害への国際緊急援助隊の派遣に反対や異議を述べることはあり得ない」「島田建設株式会社側による秘書給与の肩代わりの事実関係を承知していない」との鈴木宗男の証言を偽証として議院証言法違反での告発に賛成した。

人物


身長177cm 体重82kg 血液型A型。

子供(息子)がいるが世襲議員として継がせない方針を表明している。

高校時代はバスケット部に所属。

高校では田勢康弘の2年先輩にあたる。

略歴

1963年 - 中井徳次郎秘書。
1972年4月 - 日本社会党離党。
1972年4月 - 衆議院議員選挙落選。
1975年6月 - 民社党入党。
1976年12月 - 衆議院議員選挙当選。
1986年7月 - 衆議院議員選挙落選。
1990年2月 - 衆議院議員選挙(5期)。
1993年7月 - 衆議院議員選挙当選(6期)。
1993年8月 - 衆議院商工委員長。
1994年5月 - 法務大臣。在任期間が短かったため、死刑執行起案書はまわってこなかった。
1994年12月 - 新進党参加。
1996年10月 - 衆議院議員選挙当選(7期)。
1997年12月 - 自由党参加。
2000年1月 - 衆議院国会等の移転に関する特別委員長。
2000年6月 - 衆議院議員選挙当選(8期)。
2002年10月 - 自由党副代表。
2003年9月 - 民主党入党。
2003年11月 - 衆議院議員選挙当選(9期)。
2003年12月 - 民主党副代表。
2005年9月 - 衆議院議員選挙当選(10期)。
2006年9月 - 民主党常任幹事会議長。
2007年8月 - 民主党常任幹事会議長。
2009年8月 - 衆議院議員選挙当選(11期)。
2009年9月 - 国家公安委員会委員長。

賞歴

2005年7月 - 永年在職議員表彰(25年)。
主な所属議員連盟 [編集]
日韓議員連盟
日華議員連盟
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟
米消費拡大・純米酒推進議員連盟

公式サイト 中井洽 Webサイト
http://www.nakai-hiroshi.net/

トップ > 中井洽
wikipediaの該当大臣の記事を改変利用しています
http://ja.wikipedia.org/
wikipediaの利用規約に基づき表示-継承-3.0 ライセンスが適用されます
出典は記事の脚注等を参照ください




このページに関する情報、ぜひお寄せください


URLなどの情報源をできるだけ添えください。よろしくお願いします
匿名可
情報

すべてのコメントを見る
  • と言うことでネトウヨが纏めましたとさ

    -- (名無しさん)
  • はんまーかんまーw(*・ω・)★ http://nn7.biz/oppai/top.html -- (pipi)
  • こんな奴議員にしておくな、すぐ首、管、仙谷もやめろ、三重もこんなの選ぶな -- (名無しさん)
  • 仙谷由人=無能な人 -- (名無しさん)
  • 仙谷由人 クソ・チョンじじい 氏ね
    日本人は貴様なんかに何も期待してないよ
    貴様に期待してるのはバカチョンだけ
    -- (3333333333333)