【種別】
現象

【元ネタ】
『An_Involuntary_Movement』直訳して『無意識の動き』

【初出】
六巻

【解説】
正式名称はAn_Involuntary_Movement拡散力場。
『An_Involuntary_Movement』は『無自覚』ということであり、
能力者が無自覚に発してしまう微弱な力のフィールド全般を指す言葉。

電撃使い』の微弱電波や『吸血殺し』の甘美な誘いが代表例で、
能力によって圧力として現われたり(念動力)、
熱量として現われたり(発火能力)と種類が異なる。
第三位の超能力者超電磁砲』程ともなれば、無意識に発せられてしまう微弱な電磁波の反射波を利用し、空間把握を行うこともできる。

AIM拡散力場はとても微弱で、精密機器を使わなければ人間には観測できないレベルであるが、
千差万別の力や種類を持つ、現実に対する無意識の干渉であるこの力場を探ることで、
能力者の心や『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』を調査することもできる。

研究を進めれば「ムッ、能力者の気配がするぞ」「ムッ、奴の戦闘力は530000だな」といった、
少年マンガよろしくな探索も可能であり、その実現を専門とする研究者や、
AIM拡散力場を記録した相手を補足・干渉する能力も存在し、様々なバリエーションがあるらしい。
作中では能力者の位置を探ることを可能とする能力『能力追跡』が存在する。

さらにそれだけに留まらず、AIM拡散力場を通じて、
能力本体や、能力を現実世界に引き出す源である『自分だけの現実』に干渉することもできるようだ。
(例:『能力追跡』、AIMジャマー
それゆえ、AIM拡散力場と『自分だけの現実』は広い意味では同じものであると考える者も一部にはいる。
とある科学の超電磁砲第一話では、
AIM拡散力場を利用して超能力を抑制する計画があるらしいと初春飾利が話していた。

また、一定の法則で束ねられたAIM拡散力場は合体して大きな1つの力場を形成する可能性を指摘されており、
学園都市満ちる能力者180万人分のAIM拡散力場が相互干渉を重ね束ねられてしまった結果、
虚数学区、そして風斬氷華を生み出す事となる。
とある科学の超電磁砲においても、
幻想御手に束ねられた1万人分のAIM拡散力場を媒介に幻想猛獣が誕生し、猛威を振るった。
これらAIM拡散力場を媒介とした存在は、AIM思考体と総称される。