【種別】
認識

【元ネタ】
Personal Reality=「自分だけの現実」

【初出】
超能力とセットの存在なので一巻から登場

【解説】
能力者が持つ独自の感覚・認識で、脳に宿る「超能力を発生させる何か」。
いわば超能力の源であり、『手から炎を出す可能性』『他人の心を読む可能性』など、現実の常識とはズレた世界。
また、その「ズレた世界」を観測し、ミクロな世界を操る能力の事。

『自分だけの現実』は平たく言えば妄想・思い込みに近く、
非常識な現象を現実として理解・把握し、不可能を可能に出来ると信じ込む意志の力とも言われる。
そのためより強い個性を保ち、強靭な精神力や確固たる主義を持つことが「自分だけの現実」の強さに繋がるとされ、
能力者の精神制御方法の一つとしても考えられている。

また、『自分だけの現実』の観測が可能ということは
「まともな現実から切り離されている状態」という一種の精神障害と同義であり、
事実「自分だけの現実」を極めたと言える超能力者達は、全員「人格破綻者」と評されている。

自分だけの現実には未だ不明な点も多く、
例えば脳のどこが司っているのかは判明しておらず、脳単体では超能力を発生させることはできない。
また、脳を取り替えても能力は変更できず、高位能力者クローンに能力開発を施した場合、
クローンの能力レベルはオリジナルの域には達しなかった。
これについて研究していたプロデュースは、
「霊魂と呼ぶべき何かが宿った肉体そのものに能力が宿る」というオカルト的な結論に達している。

各能力者によって『自分だけの現実』は千差万別で、
超能力の性質上、自身が観測できる『自分だけの現実』によって所持する能力が決まる。
逆に言えば『自分だけの現実』か「能力」のどちらかが判れば、
もう片方を推測したり、個人の資質や能力によっては干渉したりできるという事でもある。
一例としては、
十五巻では滝壺理后が、垣根帝督AIM拡散力場(広義において『自分だけの現実』と同義)から能力の制御を奪おうとしたり、
SS二巻では初春が「使われている計算式(能力)から能力の全体像を逆算」しようとした、という行為などが挙げられる。

魔術における「位相」とは「異能の力の源となる現実とはズレた世界」であるという点で共通しており、何らかの関連性が推測される。

【備考】
スレの超能力関係の考察でもよく使われる単語であるが、実際に文字列を打つには地味に長いため、
『PR』、『P・R』など、省略して表記される事も多い。
なので、本編では記述されていないが一応A~Z列の項目にも記載しておく。
スレで「PR」と書かれたらまずこれのことである。