雪花園

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪花園

The Snow

解説

一面の銀世界。見晴らしの良い山ではないほうの道から行ける。
地上と地下を行き来しながら奥地へと進んでいく事になる。

1体しか存在しないレアな敵 『幸運のウサギ』 は、
同名のかなりのお役立ちアイテムを落とすので手に入れておくと吉。

大穴から地底大空洞へ行けるが、大ダメージを受けるので注意。

登場する敵


あるあるネタ

+クリックで開く
( ´∀`)<周囲には敵一体だけ!ぼっこぼこにしてやんよwww
  ↓
(  ゚д゚ )
  ↓
( ゚д゚ )

初プレイではまずこうなる。畜生、猿めが!
また、大穴にアイキャンフライした筈が天国にアイキャンフライしていた等もよくある事。

ネタバレ

+クリックで開く

エリアに入ったときに出てくる模様の意味

おおあな には、あれす の つるぎ が なげこまれた。

考察

移動時の模様を解読すると『大穴にはアレスの剣が投げ込まれた』と書いてある。これはどういう事なのか?
アレスの剣を大穴に投げ込んだ理由は?投げ込んだのは本人なのか?謎は深まるばかりである。

また、奥にある洞窟には何者かが住んでいた痕跡があり、『ラットスレイヤー』が置かれている。
入手時にルドルフを連れていると微かにリアクションがある。ルドルフがフロドナと住んでいた場所?

ちなみに、ヒクグモ曰く「ここの雪は体によくない」らしい。
用語集ボツデータによると、雪が降らない土地なのに雪に覆われていて、雪の正体はイシの遺骸だとも言われているらしい。