ゴロネコ藩国@Wiki

第一回

最終更新:

is_sevenspiral

- view
メンバー限定 登録/ログイン

秘密の花園・第1回 ~藩王榊聖の悪い癖~



ゴロネコ藩国の王たる榊聖は、それなりに真面目に。それなりに勤勉な。まあ、平凡な施政者であった。
だから、ここ一連の「破算で藩国滅亡」フラグ立ちに胃はキリキリするし、目はグルグルとしていた。まあ、自分のミスのせいなので、自業自得ではあるが。
心優しい国民は、そのフラグを回避する為、藩国の為、一生懸命働きに出てくれた。
「うう、皆、ありがとう・・・」
額に汗して働く彼らの姿は、涙を誘うものがあった。
だが、ここで王として頑張ろうと前向きに立ち直れないのが、この榊聖の駄目なところであった。
よりにもよって周囲の人間、特に摂政たる人物にとってはた迷惑な内職を始めたのである。
「榊スポ」なる男同士の如何わしい冊子を作り始めたのだ。
「やっぱ、身近にモデルがいると筆が進むわ~。んふ、んふふ」
そう、榊聖はBL好きな腐女子であったのだった。
今にも崩れそうな書類の山々に囲まれながらも、その手は妄想を書き綴る為に動き続けた。
「んふふふふ~」
その姿、駄目の局地である。
「仕事してくださいよ」
怪しげな笑い声が漏れる藩王を遠巻きにしながら、涙を流す摂政YOTは仕事を促すのだけはやめなかった。

以下、「榊スポ」より抜粋した記事である。
これを見た摂政以下4名は、「ぎゃぽー」という悲鳴を上げたらしい。




榊スポ創刊号
(帯コピー:「やめてください、主上!俺、男なんですよ」)



≪藩王が教える彼らの秘密~Lv.1~≫
(絵・榊聖/文・榊聖)



【35002:YOT】


藩王判定:受

摂政。
藩国の理性。
眉間に皺は固定してしまうのか?
藩王の日課だった会議の時に食べるお菓子つくりを廃止させた、皆の胃袋の救世主。
料理は得意らしい。
よくいる場所は、政庁執務室。
宮廷服という重ね着の上に、皮製の服なので、肌の露出は少ない。
部屋の設定温度を高めにしておけば、ほほを染める彼が見れるかも。



【35006:雑賀有】


藩王判定:攻

文士で摂政。
眼鏡。
一番忙しい人。
煙草を吸う仕草がセクシーという噂。
よくいる場所は、猫溜まりが出来る中庭ベンチ。
陽光を受けて、彼の髪が煌く光景は美麗。



【35001:わたどり】


藩王判定:受

いじられ隊長。
本人に悪いところはないはず。
いつも忙しそうなので、捕まえるなら罠を仕掛けておくべきかも。
合コン大臣に任命されそうになったり、藩王の不幸に巻き込まれそうになったりと不運続き。
よくいる場所は大水車付近。
弱点は、猫しっぽ。根元近くを握られるともう駄目らしい。



【35005:アールヴ】


藩王判定:攻

意外性No.1。
ふわふわの髪の毛は触り心地がよさそう。
新年会の宴会芸でミニスカナース姿を披露。(無駄毛処理済)
その姿で、メスによる曲芸投擲をやったらしい。
それが後に悲劇を呼ぶとは・・・
よく哀しげな表情を浮かべているが、己の毛根を気にしているのではとも言われている。よくいる場所は、医局。