奇眼藩国

降下作戦用提出ページ

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

降下作戦


作戦仕様書


軌道降下の手順
1、あらかじめ、機体には大気との摩擦や断熱圧縮による空力加熱などの高温に耐えられるよう耐熱シールドを施しておく。
2、不必要な燃料槽や装備を大気圏突入前にパージする
3、軌道降下する機体を地球周回軌道から大気圏突入の楕円軌道へ突入させる
4、適切な軌道離脱タイミングと降下角で大気圏に突入する
5、大気圏内では空気抵抗やパラシュートによって減速し、地上への着陸や水上への着水を行う。

空挺降下の手順
1、先行する部隊が降着地点周辺に降下する
2、航空機による対地攻撃や、降下した先行部隊兵による降着地点の制圧と確保を行う。
3、後続の部隊を先行部隊が援護し、部隊の降下を安全に行う。
4、降下した部隊は直ちに体勢を整えて地上での行動を行う。

【地形】
<宇宙空間>
  • 宇宙空間では空気抵抗等の妨害がなく、加速時や機体速度を保持するのに有利となる。
  • 腕や脚を高速で動かしその反作用によって機体全体の姿勢を変化させ、推進剤の消費を抑えられる。
  • 宇宙空間に浮かぶ物体を機体の足で蹴ったり腕で押すことで移動や加速を行える。
  • 地上とは違って、宇宙空間では視界を遮る物がないので遠距離から敵機を見つけられる。

<高高度>
  • 高空で雲の上の為視界を遮るものがない。
  • 地上に比べ空気が薄いので空気による揺らぎが少ない。
  • 高高度のため、地上へ音や姿が届かずに地上から捕捉されにくい。

【装備】
軌道降下用
  • 耐熱シールド

空挺降下用
<生身>
服装
  • 防寒服:降下時に凍傷にならないよう防寒性のある物を、重ねて着用。着地行為の妨げにならない程度で着地後はすぐ着脱できるもの。 
  • 軍装のポケットや袖口は、長方形のスナップボタン留めとする。(完全装備の航空機内部では、カーゴポケットは使用困難な為。)
  • 上衣は、内側をファスナー、外側をボタン留めとして風の侵入を防止し、腰部を絞り込んだり緩める為の紐をつけておく。
  • 降下時に耳栓を修めるポケットは、左腕肩部に小ポケットを設ける。
  • 着地時の衝撃を吸収緩和する為に、臀部の着地を二重としポケットは設けない。代りに、裾にポケットを設ける。
  • 隊長が携帯する降下編成表、隊員が装備する嘔吐時の袋や手袋、防水収納された嗜好品などは胸ポケットや脹脛のポケットに収納する。

  • 主パラシュート・予備パラシュート:落下傘は、主傘だけでなく予備傘も必須。
  • 衝撃緩衝材
  • 酸素呼吸器
  • ヘルメット
  • 降下用装備コンテナ

<I=D>
バルーン・パラシュート:I=D用のバックパックパラシュート

【体術】
<事前準備>
  • あらかじめ着陸する地点にいると予測される敵の位置や規模に関して調べておく。
  • 敵の地対空攻撃で攻撃されないように移動ルートを選択する
  • 着陸地点を一箇所にする場合、戦力を集中させることができる
  • 着陸地点を複数にする場合、相互に連携することで敵をかく乱しやすくなる。

<着陸地点の選択>
  • できるだけ敵の攻撃が少なく、降下部隊が接近しやすい場所を選択する。
  • ビルなどの高い建物がない場所を選ぶ。
  • 戦闘地帯に直接下りる場合は、援護射撃を十分に行ってからにする
  • 再集合地点として部隊の集結に都合のよい場所を選択する。
  • 着地した者が怪我したりしないように、障害物がない場所を選ぶ。
  • 川や森などは降着地点としては危険なので避ける。
  • なるべく平らな場所を選択し、岩石やでこぼこの多い地形は避ける。

<HALO(高高度降下低開傘)による降下>
特徴:
  • 一万km近い高高度で行われ、地上からは捕捉されにくくなる。
  • 高度500m近くまでは自由落下し、それからパラシュートを開く。
  • 高度が高いので地上には航空機の音などの騒音が届かず、目立たない。
  • 正確に着陸地点に向かうため、風向きを考慮に入れる。
  • 高高度であるため気温が低くて風速も強く酸素も少ないので防寒、酸素供給用の装備をしっかりしておく

<HAHO(高高度降下高開傘)による降下>
特徴:
  • HALOと同様に、一万km近い高高度で行われ、地上からは捕捉されにくくなる。
  • 少し自由落下したあとにパラシュートを開き、その後はパラシュートを操縦して遠く離れた降着地点まで飛んでいく。
  • 正確に着陸地点に向かうため、風向きを考慮に入れる。
  • 高度計やGPSを駆使して距離や方向、高度を確認する。
  • 地上からのレーダーに捉えられにくい。
  • 高高度であるため気温が低くて風速も強く酸素も少ないので防寒、酸素供給用の装備をしっかりしておく

<自動開傘索によるパラシュート降下>
特徴:
  • パラシュートについているコードを航空機内部のケーブルに取り付けておき、外へ飛び出すときにそのコードが引っ張られてパラシュートをパックから引き出す。
  • 高度が150m~300m程度で行われ、落下時間が短くいので敵の対空射撃にさらされる時間を減らせる
  • 多数のものが迅速に降下しバラけることなく降着地点に着陸できる。
  • 制空権が確保されている場合において大部隊を展開することができる。
  • 装備はコンテナなどに詰めてともに降下する。
  • 車両や重い荷物は保護用のプラットフォームの上に投下し、それ以外はコンテナや荷物の耐久力に応じて投下する。
  • 降着地点から離れて兵が分散してしまった場合に備えて、再集合地点の確認を行う。

<着陸>
  • 着陸した部隊は速やかに付近の状況や敵を調べて情報を送る。
  • 敵がいる場合は航空機や先行降下部隊で着陸地点の敵を無力化し安全を確保しつつ着陸を行う。
  • 補給用の集合地点を確保する。
  • 輸送機が攻撃されるよりも早く降下する。
  • 五接地転回法で着地時の衝撃を分散、緩和させる。
  • 体を垂直にして速度を上げる
  • 1kmまでパラシュートを開かないようにして、超低空着地
  • 舌を噛まないように気をつける
  • 車輛や火砲など、重量がトンの単位の物は重量投下器材で投下する。
  • 刀剣を装備する者は、背負うのは危険なので避ける。着地の衝撃を緩和る為に転がるのに差し障らないよう、幅広で尺が短めの刀剣を左腰に差す。
  • 小銃を装備する藩国の場合、折曲銃床式(折畳銃床)の仕様を用いる

///

「降下準備!」

―アラートが先か、部隊長の号令が先か、そんな事はもうどうでもいい。
ハッチが轟音と共にゆっくりと開いていく。
高高度の薄い空気が、庫内を急速に満たしていく。
防寒装備を着ているはずなのに、体温が奪われていく気がする。
大丈夫、大丈夫、大丈夫…。
何度と無く自分に言い聞かせる。

作戦仕様書は暗証できるほどに叩き込んだ。
体術は身体に染み付いている。
訓練と違うのは…

―これが実戦だという事だけだ。

『指定ポイントに到着。降下開始。グッドラック』

アラートに混じって、冷静な声でのアナウンスが入る。

「降下開始!GO!GO!GO!GO!」

そして、同時に部隊長の掛け声と共に続々と降下を始める兵員達。
訓練通りに―落ちた。

吾妻 勲@奇眼藩国『お、ち、るーーーーー!』
吾妻 勲@奇眼藩国『す、すす、すごい風ですぅぅぅ』
吾妻 勲@奇眼藩国『うう…よ、ようやく慣れてきた…』

とんでもない速度で落ちているはずなのに、世界はゆっくりと過ぎていく。
ぼんやりと、町の灯が見えた。…気のせいかもしれない。
高度計が警戒域を示し始めている。
身体は反射的にパラシュートを開く準備に掛かっている。

吾妻 勲@奇眼藩国『高度1000、900、800…もう少し…!』
吾妻 勲@奇眼藩国『今だぁっ!(パラシュートを開く)』

鈍い音と共に、大きな力が全身に掛かった。



―戦場に、光が差してくる。それは、夜明けの光だった。
夜明けの光に包まれて、静かに降り立つ兵士達。

吾妻 勲@奇眼藩国『もう少し、もう少しで地面…』
吾妻 勲@奇眼藩国『いよっ…と!』
吾妻 勲@奇眼藩国『到着です!』

その出で立ちは、確かに夜明けを思わせるものだった。
添付ファイル