キノウツン藩国 @ ウィキ

自由民(船橋家版)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 自由民(船橋家版) RD:17 評価値:7
    • 部品: 自由民(船橋家の場合)
    • 部品: あんまりがめつくない
    • 部品: 歌が好き
    • 部品: 大分温厚な性格と優しい口調
    • 部品: 頭がいいというか、思慮深い
    • 大部品: 自由民 RD:12 評価値:6
      • 部品: 自由民とは
      • 部品: 無頓着な性格、粗野な言動
      • 部品: 平民なまり
      • 部品: 浅黒い肌
      • 部品: 多彩な髪色
      • 部品: 多彩な瞳
      • 部品: 体格は普通
      • 部品: 機械に勝つために
      • 部品: 敏捷と反応速度は良い
      • 部品: 頭の回転は速くないとだめ
      • 部品: 金にうるさい
      • 部品: 手作り好き



部品定義


部品: 自由民(船橋家の場合)

自由民と言っても宰相府に住む人、くらいの意味合いになる。船橋家の場合は普通のご家庭とはまたちょっと変わっているのだった。

部品: あんまりがめつくない

お金はないと困るけど、皆で暮らせる分があればいいよね、とは家計を預かる母親の談。凄くがつがつするのは性分に合わないらしい。

部品: 歌が好き

子供の名前にも母親の名前にも歌という文字がある通り、皆歌うのが大好き。上手いとか下手とかではなくて、歌ったり聞いたりする事が楽しいらしい

部品: 大分温厚な性格と優しい口調

母親のペースに合わせているためか、他の家族に比べてのんびりしている。というか慌てると逆にえらいことになると悟っている。
そのせいか、口調も優しい感じ。もちろん親しい人に合わせてある程度砕けたりはする。

部品: 頭がいいというか、思慮深い

一般知識などは父母の教えがあるが、自由民と比べてもそこまで頭がいい訳ではない。その代り、空歌や船橋の考え方が浸透しているからか、仲裁したり相手を慮るのに長じている。
不思議と発言力を得るタイプ。

部品: 自由民とは

宰相府は観光地であり膨大な数の貧民、難民を受け入れてきた経緯がある。このため混血がいち早く進み、どこの民とも言えぬ者が国の大多数を占めるに至った。

部品: 無頓着な性格、粗野な言動

宰相府の民は全般として言葉が崩れており、一々オーバーリアクションである。これは多種多様な方言のどれが正しいとかないための結果である。また人が過密気味な関係でプライバシーを守るのが難しく、無頓着な者が多い。よく言えば開放的で物怖じしない。

部品: 平民なまり

平民街でよく見られるのが早口である。およそ都市や人口密集地は全般言葉が速くなるが、宰相府もこれは同じでかなりの早口である。良いことはあってオペレーターなどには向いている特徴である。他方、品がいいとはとても言えない。

部品: 浅黒い肌

混血が多いと肌の色は大体浅黒いあたりで定着する。宰相府の民も同様で、浅黒い肌の者が多い。さらに日焼けで色を濃くするものが多い。

部品: 多彩な髪色

単一な肌の色と違って髪色は実に多彩である。色を染めるのも自由なら、遺伝的なルーツを示すときもある。半分近くは黒髪、三分の一は銀髪だが金髪も珍しくなく、赤毛、栗毛も良く見かける。

部品: 多彩な瞳

宰相府の民の瞳は多彩な種類があって、これというものがない。青いのもいれば紅いのもあり、茶色もあれば黒もある。薄い瞳の者はカラーコンタクトを付けていることも多い。日差し対策である。混血が進んでいるせいで幼少と大人では瞳の色が変わることが多い。

部品: 体格は普通

宰相府の民はロボットが発展しているせいで力の強い個体が人気、ということがなかった。結果として体格は婚姻でも重視されず、中肉中背が大多数を占める結果になった。この国では筋肉はあまり自慢にならない。趣味の一つと思われる。

部品: 機械に勝つために

宰相府では仕事がとにかくない。なぜか。ロボットが庶民のどうでも良い仕事を全部やっているからである。平民が万年不景気な理由である。このため宰相府の民の多くは機械に勝つために話術などの対人技術に磨きをかけて、ロボットに勝つ分野を常に探して仕事にありつこうとしている。

部品: 敏捷と反応速度は良い

宰相府ではすばしっこく、反応速度が速くないと生きるのが大変だ。配給もそうだが仕事にありつくにも素早くないといけない。ロボットと付き合うにも人並み外れた速度がいる。結果宰相府の民はいずれも平均値を大きく離れた素早さや反応速度を持つに至った。ただまあ、何事にも例外はある。

部品: 頭の回転は速くないとだめ

宰相府ではロボットに対抗するため機転が重要になる。単純な計算能力や知識量ではロボットに勝てないためである。

部品: 金にうるさい

平民街出身者は全般として金にうるさい。命の次に金を大事にする傾向がある。これは年金制度などが発達していないせいである。つまり、ケチ。であり貯蓄好きであり、無駄遣いなどを嫌う。平民街ではケチは褒め言葉である。

部品: 手作り好き

貧乏で失業者が多い関係で宰相府ではなんでも自分で自分でつくって売るマイクロビジネスが大人気である。余り細かい商売だと税務署も動かないのでこぞってこの手の小さなビジネスに興じるのが普通である。詐欺まがいの品も多いが良く出来たものもある。



提出書式


 大部品: 自由民(船橋家版) RD:17 評価値:7
 -部品: 自由民(船橋家の場合)
 -部品: あんまりがめつくない
 -部品: 歌が好き
 -部品: 大分温厚な性格と優しい口調
 -部品: 頭がいいというか、思慮深い
 -大部品: 自由民 RD:12 評価値:6
 --部品: 自由民とは
 --部品: 無頓着な性格、粗野な言動
 --部品: 平民なまり
 --部品: 浅黒い肌
 --部品: 多彩な髪色
 --部品: 多彩な瞳
 --部品: 体格は普通
 --部品: 機械に勝つために
 --部品: 敏捷と反応速度は良い
 --部品: 頭の回転は速くないとだめ
 --部品: 金にうるさい
 --部品: 手作り好き
 
 
 部品: 自由民(船橋家の場合)
 自由民と言っても宰相府に住む人、くらいの意味合いになる。船橋家の場合は普通のご家庭とはまたちょっと変わっているのだった。
 
 部品: あんまりがめつくない
 お金はないと困るけど、皆で暮らせる分があればいいよね、とは家計を預かる母親の談。凄くがつがつするのは性分に合わないらしい。
 
 部品: 歌が好き
 子供の名前にも母親の名前にも歌という文字がある通り、皆歌うのが大好き。上手いとか下手とかではなくて、歌ったり聞いたりする事が楽しいらしい
 
 部品: 大分温厚な性格と優しい口調
 母親のペースに合わせているためか、他の家族に比べてのんびりしている。というか慌てると逆にえらいことになると悟っている。
 そのせいか、口調も優しい感じ。もちろん親しい人に合わせてある程度砕けたりはする。
 
 部品: 頭がいいというか、思慮深い
 一般知識などは父母の教えがあるが、自由民と比べてもそこまで頭がいい訳ではない。その代り、空歌や船橋の考え方が浸透しているからか、仲裁したり相手を慮るのに長じている。
 不思議と発言力を得るタイプ。
 
 部品: 自由民とは
 宰相府は観光地であり膨大な数の貧民、難民を受け入れてきた経緯がある。このため混血がいち早く進み、どこの民とも言えぬ者が国の大多数を占めるに至った。
 
 部品: 無頓着な性格、粗野な言動
 宰相府の民は全般として言葉が崩れており、一々オーバーリアクションである。これは多種多様な方言のどれが正しいとかないための結果である。また人が過密気味な関係でプライバシーを守るのが難しく、無頓着な者が多い。よく言えば開放的で物怖じしない。
 
 部品: 平民なまり
 平民街でよく見られるのが早口である。およそ都市や人口密集地は全般言葉が速くなるが、宰相府もこれは同じでかなりの早口である。良いことはあってオペレーターなどには向いている特徴である。他方、品がいいとはとても言えない。
 
 部品: 浅黒い肌
 混血が多いと肌の色は大体浅黒いあたりで定着する。宰相府の民も同様で、浅黒い肌の者が多い。さらに日焼けで色を濃くするものが多い。
 
 部品: 多彩な髪色
 単一な肌の色と違って髪色は実に多彩である。色を染めるのも自由なら、遺伝的なルーツを示すときもある。半分近くは黒髪、三分の一は銀髪だが金髪も珍しくなく、赤毛、栗毛も良く見かける。
 
 部品: 多彩な瞳
 宰相府の民の瞳は多彩な種類があって、これというものがない。青いのもいれば紅いのもあり、茶色もあれば黒もある。薄い瞳の者はカラーコンタクトを付けていることも多い。日差し対策である。混血が進んでいるせいで幼少と大人では瞳の色が変わることが多い。
 
 部品: 体格は普通
 宰相府の民はロボットが発展しているせいで力の強い個体が人気、ということがなかった。結果として体格は婚姻でも重視されず、中肉中背が大多数を占める結果になった。この国では筋肉はあまり自慢にならない。趣味の一つと思われる。
 
 部品: 機械に勝つために
 宰相府では仕事がとにかくない。なぜか。ロボットが庶民のどうでも良い仕事を全部やっているからである。平民が万年不景気な理由である。このため宰相府の民の多くは機械に勝つために話術などの対人技術に磨きをかけて、ロボットに勝つ分野を常に探して仕事にありつこうとしている。
 
 部品: 敏捷と反応速度は良い
 宰相府ではすばしっこく、反応速度が速くないと生きるのが大変だ。配給もそうだが仕事にありつくにも素早くないといけない。ロボットと付き合うにも人並み外れた速度がいる。結果宰相府の民はいずれも平均値を大きく離れた素早さや反応速度を持つに至った。ただまあ、何事にも例外はある。
 
 部品: 頭の回転は速くないとだめ
 宰相府ではロボットに対抗するため機転が重要になる。単純な計算能力や知識量ではロボットに勝てないためである。
 
 部品: 金にうるさい
 平民街出身者は全般として金にうるさい。命の次に金を大事にする傾向がある。これは年金制度などが発達していないせいである。つまり、ケチ。であり貯蓄好きであり、無駄遣いなどを嫌う。平民街ではケチは褒め言葉である。
 
 部品: 手作り好き
 貧乏で失業者が多い関係で宰相府ではなんでも自分で自分でつくって売るマイクロビジネスが大人気である。余り細かい商売だと税務署も動かないのでこぞってこの手の小さなビジネスに興じるのが普通である。詐欺まがいの品も多いが良く出来たものもある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "自由民(船橋家版)",
     "part_type": "group",
     "description": "",
     "children": [
       {
         "title": "自由民(船橋家の場合)",
         "description": "自由民と言っても宰相府に住む人、くらいの意味合いになる。船橋家の場合は普通のご家庭とはまたちょっと変わっているのだった。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "あんまりがめつくない",
         "description": "お金はないと困るけど、皆で暮らせる分があればいいよね、とは家計を預かる母親の談。凄くがつがつするのは性分に合わないらしい。",
         "part_type": "part",
         "localID": 2,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "歌が好き",
         "description": "子供の名前にも母親の名前にも歌という文字がある通り、皆歌うのが大好き。上手いとか下手とかではなくて、歌ったり聞いたりする事が楽しいらしい",
         "part_type": "part",
         "localID": 3,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "大分温厚な性格と優しい口調",
         "description": "母親のペースに合わせているためか、他の家族に比べてのんびりしている。というか慌てると逆にえらいことになると悟っている。\nそのせいか、口調も優しい感じ。もちろん親しい人に合わせてある程度砕けたりはする。",
         "part_type": "part",
         "localID": 4
       },
       {
         "title": "頭がいいというか、思慮深い",
         "description": "一般知識などは父母の教えがあるが、自由民と比べてもそこまで頭がいい訳ではない。その代り、空歌や船橋の考え方が浸透しているからか、仲裁したり相手を慮るのに長じている。\n不思議と発言力を得るタイプ。",
         "part_type": "part",
         "localID": 5
       },
       {
         "id": 42624,
         "title": "自由民",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 09:09:56.627786",
         "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.627786",
         "children": [
           {
             "id": 42625,
             "title": "自由民とは",
             "description": "宰相府は観光地であり膨大な数の貧民、難民を受け入れてきた経緯がある。このため混血がいち早く進み、どこの民とも言えぬ者が国の大多数を占めるに至った。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.630351",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.630351",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 42626,
             "title": "無頓着な性格、粗野な言動",
             "description": "宰相府の民は全般として言葉が崩れており、一々オーバーリアクションである。これは多種多様な方言のどれが正しいとかないための結果である。また人が過密気味な関係でプライバシーを守るのが難しく、無頓着な者が多い。よく言えば開放的で物怖じしない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.654392",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.654392",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 42627,
             "title": "平民なまり",
             "description": "平民街でよく見られるのが早口である。およそ都市や人口密集地は全般言葉が速くなるが、宰相府もこれは同じでかなりの早口である。良いことはあってオペレーターなどには向いている特徴である。他方、品がいいとはとても言えない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.672602",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.672602",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 9
           },
           {
             "id": 42628,
             "title": "浅黒い肌",
             "description": "混血が多いと肌の色は大体浅黒いあたりで定着する。宰相府の民も同様で、浅黒い肌の者が多い。さらに日焼けで色を濃くするものが多い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.689622",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.689622",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 10
           },
           {
             "id": 42629,
             "title": "多彩な髪色",
             "description": "単一な肌の色と違って髪色は実に多彩である。色を染めるのも自由なら、遺伝的なルーツを示すときもある。半分近くは黒髪、三分の一は銀髪だが金髪も珍しくなく、赤毛、栗毛も良く見かける。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.70788",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.70788",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 11
           },
           {
             "id": 42630,
             "title": "多彩な瞳",
             "description": "宰相府の民の瞳は多彩な種類があって、これというものがない。青いのもいれば紅いのもあり、茶色もあれば黒もある。薄い瞳の者はカラーコンタクトを付けていることも多い。日差し対策である。混血が進んでいるせいで幼少と大人では瞳の色が変わることが多い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.725974",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.725974",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 12
           },
           {
             "id": 42631,
             "title": "体格は普通",
             "description": "宰相府の民はロボットが発展しているせいで力の強い個体が人気、ということがなかった。結果として体格は婚姻でも重視されず、中肉中背が大多数を占める結果になった。この国では筋肉はあまり自慢にならない。趣味の一つと思われる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.744887",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.744887",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 42632,
             "title": "機械に勝つために",
             "description": "宰相府では仕事がとにかくない。なぜか。ロボットが庶民のどうでも良い仕事を全部やっているからである。平民が万年不景気な理由である。このため宰相府の民の多くは機械に勝つために話術などの対人技術に磨きをかけて、ロボットに勝つ分野を常に探して仕事にありつこうとしている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.760344",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.760344",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 14
           },
           {
             "id": 42633,
             "title": "敏捷と反応速度は良い",
             "description": "宰相府ではすばしっこく、反応速度が速くないと生きるのが大変だ。配給もそうだが仕事にありつくにも素早くないといけない。ロボットと付き合うにも人並み外れた速度がいる。結果宰相府の民はいずれも平均値を大きく離れた素早さや反応速度を持つに至った。ただまあ、何事にも例外はある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.77853",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.77853",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 15
           },
           {
             "id": 42634,
             "title": "頭の回転は速くないとだめ",
             "description": "宰相府ではロボットに対抗するため機転が重要になる。単純な計算能力や知識量ではロボットに勝てないためである。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.793268",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.793268",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 16
           },
           {
             "id": 42635,
             "title": "金にうるさい",
             "description": "平民街出身者は全般として金にうるさい。命の次に金を大事にする傾向がある。これは年金制度などが発達していないせいである。つまり、ケチ。であり貯蓄好きであり、無駄遣いなどを嫌う。平民街ではケチは褒め言葉である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.809358",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.809358",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 17
           },
           {
             "id": 42636,
             "title": "手作り好き",
             "description": "貧乏で失業者が多い関係で宰相府ではなんでも自分で自分でつくって売るマイクロビジネスが大人気である。余り細かい商売だと税務署も動かないのでこぞってこの手の小さなビジネスに興じるのが普通である。詐欺まがいの品も多いが良く出来たものもある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 09:09:56.825657",
             "updated_at": "2017-08-23 09:09:56.825657",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 91,
               "name": "瀬戸口まつり"
             },
             "localID": 18
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 91,
           "name": "瀬戸口まつり"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 6
       }
     ],
     "localID": 0,
     "expanded": true
   }
 ]