神話

上級第一階位の天使・シテンシ(熾天使)の一人。
その名は「神は我が力なり」という意味をもつ。
カトリック教会が公式に認める大天使の一人。
洗礼者ヨハネと救世主イエスの誕生を告げたことで、「告知の天使」として様々な文献に登場する。
本来、天使は中性(無性別の存在であり、守護する人間の反対の性別で現われることが多い)とされるが、この受胎告知のエピソードから、ガブリエルだけは例外的に女性の姿で表されることが多い。

四元素では「水」、方角は「北」、月と想像力と節制を司る。
旧約聖書外典「エノク書」では、地上の楽園を守護する天使、権力者を治める天使とされる。
創造の天使・黄泉の国の支配者・若者の生命を司る天使・死の天使・炎の天使・光の天使・神秘の天使・楽園の守護天使・1月の天使・月曜日の天使等、異名も多い。
イスラム教においては天使ジブリールに対応し、同教の開祖たる預言者ムハンマドに啓示を与える天使であり、またその心臓から原罪の黒いしずくを洗い落とし、唯一原罪を負わない人間にしたとされる。

非公式

キリスト教四大天使の中でも例外的な描写が多いことから、メガテンシリーズでは他の熾天使とは異なった扱いで描かれることが多い。

  • 真・女神転生II
ミカエルラファエルウリエルらと共に、メシア教元老院として荒廃した東京に建立されたTOKYOミレニアムを支配していたが、唯一神の意を自己解釈し暴走を始めた他の三天使の方針に疑問を感じ、後に袂を分かつ。
ミカエルらが主人公に斃された後は、「裁く者」として復活したサタンの補佐役として物語終盤まで暗躍する。

  • デビルサマナー
主人公・葛葉キョウジのパートナーを務める女性・麗鈴舫(レイ・レイホゥ)が「神降ろし」の儀を行う際、彼女に降魔する女神のうちの一体としてガブリエルが登場する。
支援魔法特化型。カジャ&ンダ系、テトラカーン、マカラカーンといった補助魔法が充実しているが、サバトなどの一風変わった魔法も使う。中級者向けと言われる。

  • ペルソナ2罰
「審判」アルカナのペルソナとして登場。
異聞録、および2罪・罰の登場人物、エリーこと桐島英理子が罰において所持する最強のペルソナである(ただしエキストラダンジョン限定)。
召喚に必要なマテリアルカードは「リリィ」。
本作において、その姿は電脳悪魔絵師こと金子一馬氏によってリデザインされている。
天使・ガブリエルとしての意匠は随所に残しながらも、より独創的かつ機械的な外観として反映されている。

氷結属性の専用スキル「リリーズジェイル」を擁する。
"Hi, Gabriel!!"

  • 真・女神転生III-NOCTURNE-(マニアクス)
物語終盤、ゴズテンノウの精を受け「魔丞」となった主人公の友人・橘千晶の力に呼応し、ラファエル・ウリエルらと共に混沌のボルテクス界に降臨。主人公の取る選択肢によっては戦うことになる。

  • デジタルデビルサーガ~アバタール・チューナー2~
カルマ協会ですら制御できなかった「四大天使の意識を持つ喰奴(くらうど)」として、ミカエル・ラファエル・ウリエルらと併せて登場。
カルマ協会本部からカルマシティの全景を見るにおよんで、メシア・プロジェクトと千年王国の記憶を誘発し大天使ガブリエル本来の意識を取り戻す。
後のサーフ達と四大天使の最終決戦にて他の三天使が「破壊による地上浄化」「主人公への殺意」「ミレニアムの再設立」の意思を露にするのに対し、彼女は一人メシア・プロジェクトの誤りと愛を説き、己を仲間共々倒せと主人公に呼びかける。

能力

初期LV44

マハブフーラ(初期) メディラマ(初期) エナジーシャワー(45)

闇からの生還(47) ヒートウェイブ(48) 神々の加護(50)

火炎耐性、疾風吸収、光無効、闇弱点
最終更新:2021年11月22日 22:23