海戦チュートリアル


50T~100Tにやるべきこと・・・

さて、あなたが島を発見してから50ターン。なんとなくこのゲームには慣れてきましたか?
しかしこのゲームの本当の楽しさ、そして恐ろしさはこれからが本番です。なぜなら怪獣や所属不明艦といった敵の出現や、開発期間終了後には他のプレイヤーの島との交流や戦争の解禁がされるからです。敵艦艇や怪獣に対処出来るようにすること、そして他のプレイヤーに島を襲われないようにするのが、この50T~100Tの間での主な目的となります。
やることが多くなってくるのでちょっと面倒かもしれませんが重要なことなので是非一度目を通すことをおススメします。どうしても面倒だという人は一番下のまとめから読むのがおススメです。

~50T

まず50T現在での今のあなたの島の状況を見てみましょう。
50Tまでに済ませておきたいことは主に以下の項目になります。
尚、このチュートリアルでは、最初に島ができている中央付近で島を固めることが前提となっています。
中~上級者がやるような端寄せの場合、埋立てと地ならしだけで開発期間50Tはあっという間に終わってしまうことが予想されますので、臨機応変に。

内容 理由
人口30万人以上 とにかく人がいないと島は成り立ちません。
大農場×2~3(30万~50万規模) まず何より食料の確保が重要。食料が足りなくなると暴動が起き、施設が破壊されます。
土地40~50万坪(Hex)以上 土地が無ければ人は住めません。整地を忘れずに。
火災予防のため。初期は火災による人口の減少は痛手になります。
強くて優しそうな島と交渉 開発期間終了後、軍備の整わないうちに焦土にされては目も当てられません。


あくまでこれらは目安でこれに足りていないからといて心配する必要はありません。
災害の発生やその他の要因で開発が遅れることもままあります。 護衛してくれる優しい島ごと焼かれることもあります。
これからこの程度の規模の島になれるよう諦めずに努力していきましょう。

開発期間が終わるからと言って焦って島を造っても、たった50Tでできるような島ではデザインも性能もたかが知れています し、
これからの数百ターンを生き抜くには心もとないでしょう。
護衛をお願いしながら、じっくり進めましょう。

50T~

軍備増強を始めよう

さて、上記の値を満たした、もしくは近い値まで成長できた島は次のステップへを踏み出してみましょう。
それはせまりくる怪獣や所属不明艦、そして開発期間後の他島との戦争に備えた軍備の増強です。
一旦これらの脅威を簡単におさらいしましょう。

内容 影響
怪獣 海や島、いたるところから出現し、町や施設を破壊します。
所属不明艦 無所属の敵艦です。自軍艦艇や島を攻撃してきます。
戦争 他のプレイヤーとの戦闘です。目的は経験値や人口を奪うこと、賠償金の請求など様々です。


どれも一歩処置を誤れば一瞬で島が焦土となってしまいます。
そうならないためにも以下の項目を参考にして軍備を増強していきましょう。

軍港を作ろう

まず軍備の基礎となる軍港を建設しましょう。
軍港を建設すると以下のような効果があります。

・艦艇を3隻保有できる。
艦艇を3隻保有出来るようになります。逆にいえば軍港1つにつき3隻までしか艦艇は所有できません。
・艦艇を作れるようになる
艦艇は軍港の横でしか作ることが出来ません。また艦艇によっては完成までに数ターンかかる場合もあります。
・航空機の発進が可能になる。
シュミット戦闘機ホーク攻撃機などの航空機は軍港から離着陸をします。当然軍港がなければ出撃できません。
ちなみに航空機は艦艇保有可能数には含まれないので軍港×1のときに舟艇×3を既に保有していても航空機を飛ばすことは可能です。

上記からもわかる通り、とにかくまず軍港を作らないと軍備を整えることは出来ません。

軍港の作り方

軍港は浅瀬ならどこにでも建設することが出来ます。
また建造に最大6000億円と12ターンの時間がかかります。要するに工期1ターンにつき500億円ずつし払われるということです。
さらに維持費として毎ターン30億円、食料3万トンが消費されます。
ですので不必要に多く造ることは財政状態を悪くしかねません。
ちなみに先に書いた50Tまでに目指す値に近い状態なら財政面はほぼ大丈夫です。
問題無しと判断したなら、とりあえず1つ軍港を作ってみましょう。
・隣接陸地なし:12ターン
・隣接陸地1マス:9ターン
・隣接陸地2マス:6ターン
・隣接陸地3マス以上:3ターン

おススメの建設場所は

・1~2個所の陸地に接している。(工事期間が短くなる。つまり建造費が安くなる)

・3個所以上の海(浅瀬は×)に接している。(舟艇は海でしか建造できない)

・島を広げる時に邪魔にならない場所。

です。ぴったりの場所が無くてもこれに準じていれば大丈夫です。
建造場所を選んだらメニューの'軍事施設'から'軍港建設'を選んでください。次のターンから軍港の建設工事が始まるはずです。
そして数ターン後には完成。あなたの島は軍隊を持つこととなります。

敵の脅威に対処しよう

所属不明艦

おそらく最初に所属不明艦として現れるのはカメレオン対獣艇スパイダー工作艇シュミット戦闘機ホーク攻撃機のいずれかでしょう。
最初のうちはレベルに見合った敵艦艇しか出現しませんので、冷静に対処すれば被害は0に抑えられます。
むしろ経験値獲得のチャンスと思っておきましょう。

対処方法ですが、まず近くに軍港があるか確認します。無い場合は建設しましょう。この時、対艦攻撃能力をもっているホークは建造中の軍港に対して攻撃をしてくるので攻撃範囲に入らないよう注意してください。
なお他の3種類はスパイダーが対地攻撃、シュミットが対空攻撃、カメレオンは対怪獣攻撃の能力をもっています。
近くに軍港が準備出来たら航空機を出撃させましょう。軍港に接する海の地点を選び、航空機(軍港)から出撃させたい機種を選択してください。敵が航空機の場合はシュミット戦闘機、艦艇の場合はホーク攻撃機を選んでください。敵がシュミット戦闘機の場合は競り負ける場合がありますが、ほとんどの場合これだけで敵を撃墜、撃沈することができます。

怪獣

敵の怪獣は陸地にあがると町や農場を踏みつぶして被害を出します。
所属不明艦よりも被害は大きくなりやすいので早急に対処をする必要があります。
対処方法はカメレオン対獣艇による迎撃が効果的です。この艦艇は怪獣が海にいようが陸地にいようが攻撃してくれます。怪獣は突然現れ、時にはいきなり陸上から出現するので、経済的に余裕が出来たら少なくとも2,3隻は常備しておくことをおすすめします。

他島からの侵略

開発期間中はともかく、開発期間明けと同時に上位の島から海底鉱床目当てで狙われる可能性があります。または軍港などが建造される恐れがあります。
開発期間明け直後に対抗する手段はほとんどなく、もし相手に明白な侵略の意思があるとしたらこちらに打つ手はありません。また、圧倒的な軍事力で攻撃される恐れがあります。
その様にならないためには上位の島と交流をする事が重要でしょう。

海底鉱床を採掘しよう

さて、軍隊を持つと維持費がかかるようになってきます。
これを補う収入を得るためにも海底鉱床を利用しましょう。
海底鉱床とは海に2つある渦巻きのようなものです。
その隣接する場所に採掘基地を建設すれば毎ターン数十億~数百億の収入が得られます。
この海底鉱床は各島の生命線となり、奪い合いの戦争も起きるほど重要なものです。

採掘基地を建設するためには

では早速、採掘所を建設しましょう。
最寄りの軍港でスパイダー工作艇を建造、海底鉱床の横まで移動させて下さい。
移動が完了したら艦艇展開を選択、計画欄に乗った艦艇展開をもう一度選択して数値2を選択してください。
そうすると計画欄が「艦艇展開(海上採掘基地)」となるはずです。
あとはターンの更新と工期の終了を待てば海上採掘基地が完成し、その後採掘を始めて島に利益をもたらしてくれるはずです。
理想としては出来るだけ早く2つ全ての鉱床に採掘基地を建設するのが望ましいです。
また、ある程度ターンが経過すると海底鉱床は場所を変えてしまいます。
その時は採掘基地を撤去し、新しい採掘基地を建ててください。

定置網を建設するためには

基本的には採掘基地と同じです。
艦艇展開をするときに数量を3にしてください。

戦争に備えよう

最後に開発期間後の他島による侵略から島を護るためにはどうすればいいのかを書いていきます。

軍港の建造

上でも述べましたが軍港は軍の基本となる建物です。
これ無しでは低レベルの時に重宝する航空機も発進出来ませんので島の財政状況と相談しながら、無理のない範囲の数で軍港を建設してください。
財政状況によりますが、最低でも100Tまでに4つ程度の軍港は持っていたいです。

防衛施設の建設

防衛施設とは半径2Hex(強化防衛施設は3Hex)の範囲で敵の攻撃を一定数防いでくれます。
これがある島と無い島では島の防衛能力が全く違ってきます。
陸上防衛施設と海上防衛施設の2種類がありますが、とりあえず開発期間から出るまでに陸上防衛施設を農場や人口の多い都市など重要拠点のまわりに設置しておきましょう。
最終的には島の全都市を防衛できるのが理想的となります。

経験値の入手

経験値を得ることで高レベルの強力な艦艇が使えるようになります。
当然戦力もあがるので積極的に経験値は確保したいところです。
ただし開発期間中に得られる経験値は怪獣退治か所属不明艦撃沈のみですので運の要素が強いです。
開発明けの後に他島と演習などを行って補いましょう。
当面の目標は艦隊の主力になる霞級駆逐艦を建造可能になるLv3(経験値20)です。

まとめ(読むのが面倒な人はコチラ)

長々と書いてきましたが上記によって目指される登録から100T後の島の状況は以下のようになります。

面積 65万坪(Hex)以上
人口 60万人以上
軍港 4つ以上
カメレオン対獣艇 2隻以上
海上採掘基地 2つ
防衛施設 重要拠点に2つ以上


あくまで著者が個人的に考える目標の数値ですが、開発期間中の島は是非さらに上を目指して開発を進めてください。
開発期間後は他の島との交渉や戦争など様々な新局面を迎えることとなります。
そこで四苦八苦しないように開発期間中にしっかりと準備をしておきましょう。
また開発期間後は面積90万坪(HEX)、軍港×9以上、などを目指して開発をつづけていきましょう。
それではここまで読んでくれた皆さん、是非良い島を作ってこの箱庭を楽しんでくださいね!

著:セオリー島 瀬尾
共有箱庭版改訂:親切なハコリーヌ

閲覧者コメント

  • これから軍備を整えようと思います。-- キノ彦 (2011-11-07(月)19:25:12)
  • これを見たら、やる気が出てきました!これからも頑張ってください!-- masa (2010-05-04(火)19:37:43)
  • やる気出てきた!-- JUMP!! (2010-04-10(土)17:27:44)
  • よくわかった-- sss (2010-04-05(月)18:28:23)
  • わかりやすいのが売りですね。「これ読んだらヤル気でてきた」-- xxx (2010-03-29(月)16:35:36)
  • わかりやすくていいです! 編集がんばってください-- 真賀田四季 (2010-02-26(金)15:06:41)


リンク

海戦チュートリアル
1T~50Tにすること