※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『SEVENSシリーズ』第2試合

(第35回大会 第5試合)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス運営に重大な影響を与えた一戦です。

ファン必見の試合となっておりますので未視聴の方、ネタバレを嫌う方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。


顛末

『心配いらないわ。レフェリーはこの私よ』 -悪徳レフェリーパチュリー・ノーリッジ

1試合目はミーハー御用達タッグへの花を与えただけ、と言い切ったGM天子へのブーイングが起こる中クジ引きが行われた。
GM軍側は衣玖てゐが選出され、既に嫌な予感が漂う事に。
対する四軍連合側の最初の1人は
LU3W王者としても、解放のためにも、前回拉致された復讐のためにも勝ちを得たいと意気込むが、
無冠ながらU3級を超えた能力があるとファン間でも認識されているてゐが一蹴を広言する。
が、そののタッグパートナーは現LSW王者幽々子
一瞬で萎縮するてゐだったが、レフェリーのパチュリーが登場すると僅かに戦意を取り戻す。

あらゆる意味で楽観視できない試合条件の中、ゴングが鳴らされた。

試合内容


http://www.nicovideo.jp/watch/sm5520102


イベント結果

+試合結果から
てゐ 10:32 反則裁定 幽々子
LSW王者である幽々子一人がGM軍二人を振り回し大暴れする中で
一瞬のスキをついたまさかの兎詐欺によりDQ決着に。会場からはブーイングが鳴り止まなかった。
これに対し、普段は飄々としている幽々子もついにブチ切れ、
滅多に使わない腕力だけのラリアットでパチュリーを吹き飛ばすと
GM軍全員抹殺を宣言し、反魂蝶を纏わせながら、まずはに掴みかかろうとする。
がそれを必死に制止している間に、二人は逃げ出して事なきを得たが、
納まりの付かない幽々子は、刈り取った紫もやしにさらに毘沙門天を放てとに命じるが、
こちらもが必死に説得し、ようやく幽々子は怒りをやや納め、残るメンバーに後を託してリングを去っていった。
なお、パチェリーは、その後すぐに病院に緊急搬送された。

アナウンスが入ってしまったためにこれで勝ち点が2対2で並び、最終戦での決着で全てが決定する
事になってしまった。
また最終戦で四軍連合が敗れた際には、LSW王者でありながら肉座布団に処されることとなった幽々子
そして当然ながら最終戦で四軍連合が敗れるということは、八雲一家と新旧含めた白玉楼のメンバーが
全員肉座布団に敷かれるという、まさに悪夢としか言いようのない事態に陥ってしまうことになる。
四軍連合は、もはや最終戦出場選手に勝ってもらうしか方法がない、という極めて劣勢に置かれてしまうのであった。

しかし、霊夢妹紅リリカという、いずれも元・現タイトルホルダーを温存しているGM軍に対し、
四軍連合に残されたメンバーがミスティア、そして妖夢という状況に、希望よりは絶望の方が勝る
重苦しい雰囲気に包まれる会場だった。

SEVENSシリーズ第3試合に続く