Reporter reveals raunchy rip-offs rampant in sleazy Shimbashi

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Reporter reveals raunchy rip-offs rampant in sleazy Shimbashi"

「記者が暴露! 薄汚れた新橋の街にはびこる卑猥な詐欺」


"You like massage? Five thousand yen."
「マッサージはどう? 5000円よ」

The woman of Asian extraction, speaking in broken Japanese, approached the reporter for Asahi Geino (12/20) in a dingy back alleyway of the bar district adjacent to Tokyo's JR Shimbashi station.
She was heavily made up, but no beauty by any means.
東京のJR新橋駅近く、飲み屋街の薄汚れた路地でアジア人の女性が片言の日本語を話しながらアサヒ芸能(12/20)の記者に近づいてきた。
非常に化粧が濃いが、お世辞にも美人とは言えない。

He nodded his assent, and she led him to the basement of a run-down building, where he saw several empty cubicles containing massage tables.
記者が同意して頷くと、彼女はうらぶれたビルの地下に彼を連れて行った。パーティションで区切られた小さな個室がいくつかあり、マッサージ用のテーブルが置かれている。

The woman removed her coat and he got a better look at her.
Her round face and narrow eyes bore a resemblance to sumo grand champion Asashoryu.
女性がコートを脱いだので、彼女の様子がもっとよく見えるようになった。
丸顔で細い目をしていて、横綱朝青龍に似ている。

"Where are you from?" he asks.
「どこの出身なの?」と彼は聞く。

"Mongolia," she replied.
「モンゴルよ」と彼女は答えた。

As soon as he'd stripped down to his under shorts and lay on his back, facing upwards, her hospitable demeanor changed.
彼がパンツを脱いで仰向けになるや否や、丁寧だった彼女の態度が一変した。


"You'll enjoy it even more if I massage this," she grins, grabbing hold of his glans and giving it a friendly tug.
"I get 20,000 yen for oral, and 40,000 to go all the way."
「これをマッサージするともっと気持ちいいよ」彼女はニヤリと笑い、亀頭に触れると馴れ馴れしくしごいた。
「口なら2万円、最後までするなら4万だよ」

Hey, wait a minute, he quickly calculates. That's way, way over the going rates for such services.
In the Okubo district, on the other side of town, a quickie would run perhaps 15,000 yen, tops.
ちょっと待て、と記者は素早く計算した。その手のサービスに対する正当なレートをはるかに超えている。
新橋とは逆のところに位置する大久保の街に行けばショート・セックスで高くても15000円程度だろう。

So naturally he objects.
当然彼は断った。

"Well, since I'm expensive, my customers are all rich," she explains somewhat incredulously.
"That keeps me clean. You don't have to worry about catching anything.
「私は高いから、お客さんはみんな金持ちよ」彼女はいぶかしげな様子で説明する。
「だからわたし、きれいよ。病気にかかる心配ないよ」

"Okay," she concedes, reading his skeptical expression.
"I'll give you a blow job for 10,000 yen. It's 30,000 for 'etchi.'
But that's as low as I go. Take it or leave it."
「わかった」彼女は記者の疑わしそうな表情を見て譲歩してきた。
「1万円でフェラチオしてあげる。エッチは3万ね。
だけどこれ以上はまけられない。やるか、帰るか、ね」

Asahi Geino's reporter decides to take his business elsewhere.
Dressed, up the steps and back on the street, he was accosted less than a minute later by a sexy voice in foreign-accented Japanese that crooned, "Two cabaret club hostesses together, for just 5,000 yen -- how about it?"
アサヒ芸能記者はどこか別の場所でやることを選択した。
服を着て通りに戻ると一分も経たないうちに外国語訛りの日本語で声をかけられた。セクシーな声で「キャバレーのホステス二人がついて5000円、どう?」と囁く。

The speaker turned out to be a long-legged Filipina beauty somewhat resembling the lovely actress Makiko Esumi.
声の主は江角マキコという美人女優に似たところのある、足の長くて美しいフィリピン人女性だった。

He followed her into the club.
But no sooner did he take a seat and sip from a glass of cheap whiskey than the magic words are whispered in his ear.
"Fera (fellatio), 10,000 yen, 'etchi' 30,000 yen."
記者は彼女についてクラブに行った。
しかし彼が席について安ウィスキーを一口飲んだかと思ったら、彼女は不思議な言葉を彼の耳に囁いた。
「フェラ10000円、エッチ30000円」

The girl pulled him along, taking him right back to the same basement where he had his run-in with the Mongolian gal.
女性は彼を引っ張り、さっきモンゴル人女性ともめたのと同じ地下の場所へ連れていった。

By then, her price for oral was back up to 20,000 yen.
しかしながら彼女のフェラチオ料金は2万円に上がっていた。

"Well, in that case, I'd rather go all the way," say the reporter.
「それだったら全部お願いするよ」と記者は言う。

"Well, I can't have sex with you."
「セックスはできないの」

"Why not? Isn't that what the other gal offered?"
「どうして? 他の女性もセックスするって申し出てくれたじゃない?」

"Here, see for yourself."
And the "lady" pulled down her jeans and under shorts to reveal what was unmistakably a penis.
「ここ、見て」
その『女性』がジーンズと下着を下ろすとまごうかたなきペニスが現れた。

By this time it was after midnight, and the reporter wandered past the plaza with the old steam locomotive in front of Shimbashi Station and turned down a street off Renga Dori road, where he was soon propositioned by another Asian female.
この時点で既に夜中を過ぎていた。記者は古い蒸気機関車が置いてある新橋駅前の広場をうろつき、レンガ通りに入ったところでまた別のアジア人女性に誘われた。

This time she turned out to be an attractive young Chinese lady from Dalien who resembled the late popular singer Teresa Teng.
今回の女性は大連から来た、テレサ・テン似の魅力的な若い中国人だった。

The place to which she guided him was quite well kept, and after paying 5,000 yen, the reporter took a shower and emerged with a towel wrapped around his waist.
今回彼女が記者を連れていった場所はきちんと整備されていた。5000円を払い、シャワーを浴びると記者は腰の周りにタオルを巻いた。

The woman wore a tight skirt and blouse, and dispensed a massage, with no monkeyshines at all.
But then at last came the proposition ...
女性はタイトスカートとブラウスを着ており、インチキすることなくマッサージを始めた。
しかしマッサージが終わる頃になって例の提案が・・・

"You want to do it? It's 30,000 yen a pop, or 50,000 for the whole night."
「したい? 1回セックスすると30000円、一晩なら50000円よ」

After his two previous swings and near misses, the reporter was ready for action and soon he was writhing with ecstasy as the gal provided professional lip service.
Suddenly she pulled back, and he thought she was about to fit him with a condom.
But instead, an older woman endowed with a beer-barrel figure, slipped in and prepared to engage in coitus.
ここに来るまでの二回の空振りとニアミスの後なので、記者はやる気満々。
女性が口でご奉仕をしてくれ、記者はすぐにイキそうになって身もだえすることになった。
突然彼女が身を引いたので、コンドームをつけようとしているのかなと彼は思った。
ところがビア樽のような姿の年配の女性が代わりにこっそり入り込んできてセックスに参加しようとしていた。

"Hey, what's going on here?" the reporter asks.
「おい、これはどういうことなんだ?」記者は聞く。

It turned out that the younger woman's job was to entice him to spring for the full course, but did not include her as the piece de resistance.
若い女性の仕事は彼をフルコースを所望するように仕向けることで、彼女自身はメインコースではないということが判明した。

"Well if that's the deal, then just give me back my money and I'll leave."
「そういうことなら金を返してくれ。帰るから」

After some angry negotiations with the boss, another, not unattractive woman was led in as a substitute, and resumed the oral sex, bringing the reporter to orgasm.
怒りながらボスと交渉し、別の、悪くはない女が代わりに出てきて、記者は彼女のフェラチオで昇天した。

"Do you wanna hump me too?" she asked.
「私ともヤりたい?」彼女は聞いた。

"No, that was enough," he declines, irritably.
「いや、もう沢山だ」記者は苛々しながら断った。

"Okay then, I'm leaving. I gotta get back and finish washing the dishes."
「わかった。じゃあ、私は行くから。戻って皿洗いを済ませないと」

It turned out she was working as a dish washer in a nearby Chinese restaurant and supplementing her income by hooking on the side.
彼女は近くの中華料理店で皿洗いとして働いており、近くで体を売って生計の足しにしていることがわかった。

His next encounter was with a Korean woman who appeared to be around age 25, and who was willing to engage in coitus for 25,000 yen.
次にであったのは25歳くらいに見える韓国人女性で、25000円でセックスしようと持ちかけてきた。

These kinds of rip-offs by Asian women in Japan illegally, Asahi Geino reports, have soared in Shimbashi over the past several months.
They appear to be targeting male office workers from the nearby Shiodome complex.
アサヒ芸能が報じるところによれば、このようなアジア人女性による詐欺はここ数ヶ月の間に新橋で急増しているそうだ。
近くの汐留のビル街で働く男性会社員をターゲットにしているらしい。

"At their peak, there were about 80 or so of them working the streets, day and night," a knowledgeable source tells the magazine.
"Stores complained they were scaring off shoppers and finally the police stepped in."
「ピーク時には昼夜を問わず80人くらいいた」とこの件に詳しい人間がアサヒ芸能誌に語っている。
「買い物客が遠ざかってしまうと店主たちが苦情を言い出し、最後には警察が介入した」

With the winter bonus season now in full swing, they're back.
So added caution is warranted, warns Asahi Geino. (By Masuo Kamiyama, contributing writer)
冬のボーナスシーズンになれば彼女らは戻ってくる。
いっそうの注意が必要だとアサヒ芸能は警告している。(カミヤママスオ、寄稿ライター)

拡散状況

SeekJapan
部分転載:http://www.seekjapan.jp/news/other/2007-12-16
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2007/12/20071215.php
英語サイト
http://www.xanga.com/paoyu/632944516/reporter-reveals-raunchy-rip-offs-rampant-in-sleazy-shimbashi/


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。