School libraries get textbooks that give the A to Z of AV

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"School libraries get textbooks that give the A to Z of AV"

「学校の図書館でAVのイロハを紹介する教科書を手に入れる」


1
Junior high school libraries across Japan are about to get their first-ever books explaining in graphic detail the, er, ins and outs of the adult movie industry, according to Asahi Geino (12/6).
「アサヒ芸能」(12/6)によると、日本中の中学校の図書室が、史上初の、アダルトビデオ業界における、入れたり出したり、じゃなくて、表と裏についての、詳細な図解入り解説書を蔵書にする予定とのことだ。
2
Headed for school library bookshelves is "Hito Mina Hadaka ni Naru (All People Get Nude).
"The book was written by Baksheesh Yamashita, a 40-year-old veteran of 17 years working as an adult movie director.
学校の図書室の本棚入りを目指すのは「ヒトミナハダカニナル」(ひとはみな、ハダカになる)という本である。
この本はバクシーシ山下によって書かれた。彼は17年間アダルトビデオの監督として働いてきた40代のベテランである。
3
"This book is not a sex education textbook," Yamashita tells Asahi Geino.
"It's a book that explains what's going on in the adult video world now because I want junior high school pupils to know about these kinds of things."
「この本は性教育の教科書ではありません」と山下はアサヒ芸能に言う。
「アダルトビデオの世界では今どんなことをしているのか、そういったことを中学生に知って欲しくて、それを解説するために書いたのがこの本なんです」
4
Yamashita has written his book in nitty-gritty detail and will provide copies of the work to junior high school libraries across the country.
山下は詳細をつぶさに本に書き、日本中の中学校にその著作物を配ろうとしている。
5
"I think it's better to give an honest appraisal of the situation," he says.
「(セックスの)現状を正直に評価していくことがベターだと思う」と彼は言う。
6
Yamashita has certainly not pulled any punches in letting the young teens know what happens behind the cameras of movies they're not legally allowed to view.
山下は、若いティーンに、彼らが法的に見ることを許されていないムービーのカメラの向こうで何が起こっているのかを、一切手加減せずに知らせようとしている。
7
"If it's a really top actress, they'll get paid about 1 million yen per movie, but if the actress a relatively unknown, they can only expect a sum about one-tenth of that," Asahi Geino quotes Yamashita's book as saying.
「もし本当に一流の女優なら、ビデオ一本あたり100万円をもらえる。だけど比較的無名なら、その十分の一くらいしか望めない」と「アサヒ芸能」は山下の本から引用する。
8
The lowbrow weekly goes on to quote how the industry deals with actresses' dislikes in a particularly graphic passage.
この低学歴向け週刊誌はつづけて、詳細などぎつい一節の中で、女優たちの嫌なものをいかにAV業界が扱うかを、引用する。
9
"There is a fine line between what actresses are prepared to do and what they won't do.
Incidentally, the three major dislikes of adult video actresses are anal sex, scatology and hardcore sado-masochism," Yamashita's book says, going on to give detailed explanations of what all three practices are and the reasons why women normally give for disliking them.
「女優がやる覚悟があることと、やりたくないことの間には、確固たる一線がある。
ちなみに、AV女優が嫌うもののトップ3は、アナルセックスと、スカトロと、ハードコアなSMだ」と山下の本には書いてあり、
さらに、これらの3つは何なのかという説明と、なぜ普通女性たちがこれらを嫌うのかという理由が、詳細につづられている。
10
Yamashita's book also provides careful commentary on such practices as shiofuki - the art of inducing female ejaculation - and simulated sex.
山下の本には、シオフキ――射精の女性版を吹かせる技術――や擬似セックスといったことについての、念入りな解説も書かれている。
11
"This book is for junior high school pupils, so of course I don't want them to watch adult videos.
That's why I never mention any particular movie.
I don't want to hide the industry, but teach people about it in the correct manner.
Kids won't lose anything by learning that sex is not all pure and there is this other side to it.
They need to know about it to be able to cope with it," Yamashita tells Asahi Geino.
"There's a message I want to send to junior high school kids: 'Don't watch adult movies, don't appear in adult movies, but learn what adult movies are all about.' "
「この本は中学生向けに書いたけど、もちろん中学生にアダルトビデオを見て欲しいとは思っていない。それが特定のビデオに言及していない理由だ。
AV業界のことを、隠すんじゃなくて、ちゃんとした方法で人々に教えたいんだ。
セックスはピュアなものじゃないことや違った側面もあるってことを知っても、子供たちは何も失ったりしない。
子供たちは、セックスに対処できるようになるためにセックスを知る必要がある。中学生の子供たちに送りたいメッセージがある。
『アダルトビデオを見るな。アダルトビデオに出るな。でもアダルトビデオが一体どういうものなのかは知っておけ』」
12
(By Ryann Connell)
ライアン・コネル

関連情報

記事の全訳ですが本当のことかどうかわかりません。こんな本、中学に置かれたんでしょうか?

週間週刊誌全部読み〜尾崎ナナ芸能事務所解雇〜 (2007/12/03 ミリオン出版「日刊雑誌ウォッチャー」)
http://millionpub.jp/007watcher/post_840.php
アサヒ芸能より:
サブカルチャー系AV監督バクシーシ山下の著書「ひとはみな、ハダカになる。」がなんと、全国の中学区の図書館に配本されたという。この著書はAV女優のギャラやどういったプレイをするのか、契約の内容などAVの世界が細かく説明されている。
理論社・ひとはみな、ハダカになる。
http://rironsha.bookmall.co.jp/search/info.php?isbn=9784652078297
小学校高学年〜中学生
●YA新書 よりみちパン!セ <第4期>
理論社【YA新書「よりみちパン!セ」】
http://www.rironsha.co.jp/special/series/index.html
中学生以上すべての人のよりみちパン!セ
キミが知りたいこと、ほんとうは身近なのに、知らなかった世界のこと。
ーーたのもしくて魅力的なオトナたちが、心を込めて語ります。
理論社・図書館向けセット情報
http://www.rironsha.co.jp/set/index.html
Amazon.co.jp 該当書籍レビュー
http://www.amazon.co.jp/dp/4652078293
ところでこの本、活字が大きく、簡単な漢字にもルビがふってある。まるで子供向けに書かれているのかと思ってしまう。実際にいくつかの有名中学の図書に購入され、物議をかもしているようだ。

問題点

要望・コメント」より
  • http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/93.html この記事なんですけど、waiwai記事では「中学校の図書館」となっていますが、http://millionpub.jp/007watcher/post_840.php でアサヒ芸能の記事の紹介をよく読むと「中学区の図書館」となっています。 - 名無しさん 2008-07-12 05:22:34
    • 中学区なら中学校の通学区域のことであり、「中学区の図書館」ということはその区域内にある普通の図書館のことを指すのではないでしょうか? - 名無しさん 2008-07-12 05:29:36
    • だいいちこのwaiwai記事の趣旨からすると「中学校の図書室」とすべきなのに、「中学校の図書館」という変な表現になっているのは、コネルが「中学区の図書館」を読み間違えたか、わざとミスリードしているのでは?と思うんですが。 - 名無しさん 2008-07-12 05:30:51
    • それとも英語では、「中学校の図書館」って表現fは普通?そうだとしても、元記事と意味が違う可能性がでてきたので、元記事と検証する必要ありですね。 - 名無しさん 2008-07-12 05:33:26

拡散状況

AsianOffbeat
http://www.asianoffbeat.com/default.asp?Display=1247
SeekJapan
部分転載:http://www.seekjapan.jp/news/other/2007-12-14
The Black Ship
一部転載:http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/3574-school-libraries-get-textbooks-give-z-av.html
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2007/12/20071205.php
英語サイト
http://www.gaijinpot.com/bb/showpost.php?p=546411
部分転載;http://forums.jolt.co.uk/showthread.php?t=544659
Новости из Японии(ロシア語:日本からのニュース)
Школьные библиотеки получат учебники «Видео для взрослых от А до Я
http://news.leit.ru/archives/662 *1
Blogger
部分転載:http://ingoringasia.blogspot.com/2007/12/waiwai-for-you-from-mainichi-daily-news.html

翻訳の変更

第1節(全文変更)
日本の中学校の図書館
→日本中の中学校の図書室
アダルトビデオ会社による
→アダルトビデオ業界における
あのことの、すべての図解入り解説書を蔵書にする予定とのことだ。
→入れたり出したり、じゃなくて、表と裏についての、詳細な図解入り解説書を蔵書にする予定とのことだ。
第2節
図書館の本棚の見出しにあるのは「人みな裸になる」というタイトルである。
→学校の図書室の本棚入りを目指すのは「ヒトミナハダカニナル」(ひとはみな、ハダカになる)という本である。
第3節
ヤマシタ→山下
それを中学生に知って欲しくてそれを解説するために書いたのがこの本なんです
→そういったことを中学生に知って欲しくて、それを解説するために書いたのがこの本なんです
第4節
記し→書き
そのコピーを国境を越えて世界中の中学校に配っていこうとしている
→日本中の中学校にその著作物を配ろうとしている。
第6節(全文変更)
ヤマシタは一切ぼかしたりせずに、若い10代が合法には見られないアダルトビデオのカメラの外で何が起こっているのか、それを知らしめようとしている。
→山下は、若いティーンに、彼らが法的に見ることを許されていないムービーのカメラの向こうで何が起こっているのかを、一切手加減せずに知らせようとしている。
第7節
一流AV女優→一流の女優
ちょっと無名なら、その十分の一くらいだ」と
→比較的無名なら、その十分の一くらいしか望めない」と
第8節(全文変更)
低学歴の人は毎週、主に絵が貼ってあるところから、女優達の嫌いなネタをいかにメーカーが扱うかを見ている。
→この低学歴向け週刊誌はつづけて、詳細などぎつい一節の中で、女優たちの嫌なものをいかにAV業界が扱うかを、引用する。
第9節(全文変更)
「女優にメーカーがさせようとしていることと、女優がやってもいいと思っていることの間には、確固たる隔たりがある。
→「女優がやる覚悟があることと、やりたくないことの間には、確固たる一線がある。
ちなみに、AV女優が嫌うものトップ3は、アナルセックスとスカトロとハードSMだ」とヤマシタの本にはある。その中にはその3つのプレイが具体的にどんなものか、そしてなぜ普通の女性が嫌うのかが書いてあった。
→ちなみに、AV女優が嫌うもののトップ3は、アナルセックスと、スカトロと、ハードコアなSMだ」と山下の本には書いてあり、さらに、これらの3つは何なのかという説明と、なぜ普通女性たちがこれらを嫌うのかという理由が、詳細につづられている。
第10節(全文変更)
ヤマシタの本には、潮吹き(女性を絶叫させる技術)と呼ばれるプレイや擬似セックスの解説も書いてあった。
→山下の本には、シオフキ――射精の女性版を吹かせる技術――や擬似セックスといったことについての、念入りな解説も書かれている。
第11節(全文変更)
「この本は中学生向けに書いたけど、もちろん彼らにアダルトビデオを見て欲しいとは思っていない。
それが特定のビデオに言及していない理由だ。
メーカーをひた隠しにしたいとは思わないけど、ただしいセックスのマナーを覚えて欲しい。
セックスはピュアなものじゃないし違った側面があるって知っていれば、年若い男の子達は何事にも失敗しないだろう。
少年達はセックスを知ることでセックスに対処できるということを知るべきだ」とヤマシタはアサヒ芸能に語った。
『中学男子生徒にいいたいコトがある。アダルトビデオを見るな。でもアダルトビデオがどういうものなのかは知っておくべきだ。』」
→「この本は中学生向けに書いたけど、もちろん中学生にアダルトビデオを見て欲しいとは思っていない。それが特定のビデオに言及していない理由だ。
AV業界のことを、隠すんじゃなくて、ちゃんとした方法で人々に教えたいんだ。
セックスはピュアなものじゃないことや違った側面もあるってことを知っても、子供たちは何も失ったりしない。
子供たちは、セックスに対処できるようになるためにセックスを知る必要がある。中学生の子供たちに送りたいメッセージがある。
『アダルトビデオを見るな。アダルトビデオに出るな。でもアダルトビデオが一体どういうものなのかは知っておけ』」

上記全て2009/11/18に変更


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。