メカヒスイまとめ @ ウィキ

フル起き

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

起き攻め

基本は、ダウンした相手にC屑設置。もしくは低空ダッシュ表裏。

  • ~2C
なるべく2Cを振る手前で確認して5CやらBE2Cを振り分ける。相手が画面端で2Cを引っ掛けた場合は、
【2C>Aヤマナリ>>ダッシュ2A*n>5B>2B>~】
ダッシュ2Aの時点でその場と後ろ受身を狩るためのインバリコン

1.A指>ディレイロケラン・・・猶予Fは鉄球に比べて短いけど約23%のゲージ回収があるので経済的。
2.Bジャンク設置・・・2Bの2HIT目が当たる瞬間に設置。その場受身から最速2C等で割り込めるようなキャラにやると反確。
3.Bヤマナリ・・・相手が受身を取らない前提で重ねる。ガードさせて有利Fを取りつつ責め継続をして受身を誘います。
4.微前進5B>5C(3)・・・受身狩り。5Bは見た目と違って持続が貧弱なのでちょっと遅めかなと思うタイミングで押す。
相手が画面端にいれば6C>鉄球から高ダメ狙い。中央に向かって逃げた場合はEX指>引き剥がしからエリアル。
ゲージがない場合は6C>斜めジャンプ>JBJC>JBJC>〆が安定。

また中央で引っ掛けた場合は、
微ダッシュからC屑設置後、低空ダッシュで表裏択やAD起き攻め等

  • EX鉄球からの設置(画面端)
【適当>6C>EX鉄球>B屑設置>2A*6>2B(2)>~】
1.低ダJC>JAの鴨音
2.低ダJC>2Aの下段
3.後ろ歩き5B>5C>爆発の受け身狩り
4.投げor投げと見せかけた釣り
5.開放
1と2は受身を取らない相手に対して、3は読み合い。5はMAX時のみ

  • EX指からの表裏択
1.HJ慣性消しJC表裏
JCのタイミングで表裏を決められる。
2.HJ飛び越しバックダッシュJBめくり
JBめくりは開放もつぶせるので、状況判断をしっかり。

  • 地上投げからのAD.AAD起き攻め
中央で投げた場合
【投げ>最速C屑設置>AD>[1]>低ダJA(裏周り)>2A>[2]>~】
1.垂直前慣性ジャンプ>着地の表裏
裏側に回ることでC屑をガードさせると相手が前に行くのでそれを利用した表裏。
2.BEJC>低ダJA(鴨音)>の三段中段
BEJCの後の低ダJAを最速にするとJAが鴨音に。鴨音が失敗しても3回目のC屑が発動して相手が引っ張られてもう一度相手の裏に落ちれるのでネロの揺り篭みたいな表裏がかかります。

最初の低ダJAを立たれてる場合はJA*3の後に2Aと昇りJAの二択で崩してください。ADが残ってるのでそのままエリアルいけます。

画面端で投げた場合
【地上投げ>C屑>AAD>[1]>~】
1.Aヤマナリ*1>5C(3)>~
物理的に見え辛い中段。C屑でノックバックした後AADが重なるのでヤマナリが当たる位置に。距離的にバンカーされても当たらないしヤマナリが当たった後AADの持続と5Cがヒットしてそのままエリアル可能。
2.5C(1-3)>Aヤマナリ*1>5C(3)
上の択を見せた後の対択。物理的に見え辛い下段。上と同じ状況。ヤマナリ中にAADが終わるようにやっても5Cもしくは2Bが繋がるので何かしら繋ぐ。

AADにまぎれてHJ>相手の裏に着地~
1.低空バックダッシュJB>5B>2B(1)>2C>6C>エリアル
2.低空バックダッシュJA*2>2B(1)>2C>6C>エリアル
3.BEJC>5B>2B>2C>6C>エリアル
4.垂直前慣性ジャンプからの着地2AとバックダッシュJBの表裏

画面端空投げ〆から
1.垂直前慣性ジャンプからの表裏中下段
2.前JバックダッシュJA>J2C~
3.投げor投げと見せかけた釣り

固め

通常技は2A/2B/5A/5B/5C必殺技はヤマナリ/B屑/C屑などを複数に使って固めながら、たまに低空ダッシュや投げを使って崩し、起き攻めやコンボに移行しましょう。

崩し

地上中段がないので、崩しはJAの3段中段の使い分けと、JC>JAorJCの鴨音を使った中下段
後はBヤマナリの4入力打ち出しと5Cや2Bの中下段ほぼ同時に重ねる崩し等
最近更新されたページ