ヴィジョネ・セレネー=摩穂月美(まほつきみ)(幻月)

セレネー姉妹の姉で、建国時から長い間ケイオニア帝国の元首だった。
…のだがある日サモンゲートが開き、幻想町に送られた上で摩穂月美の名で少女の姿にされて記憶を失う。
現在は妹共々、妖山学園中等部の2年生として暮らしていて、ふらわ~しょっぷKAZAMIに居候中。
アリス先生曰く、「中々はっちゃけた子」らしいが…。



(実はその後の物語にて…)
「未来が始まる幻の翼!アルファンタジスタ!」
ヴンダーレンジャーの最恐の姉。正体は初代ケイオニア帝国の元首の1人、ヴィジョネ・セレネー/摩穂月美。
変身中に限り、ケイオニア帝国の頃の記憶の一部が一時的に甦る。ただし外見は中学2年生のまま。
イメージカラーは濃赤色。変身するとケイオニア帝国の頃のように暴走しないよう、純真無垢な性格に矯正される。
衣装は濃赤色基調の修道服型のサイバー服、銀色の翼と黒いブーツ、金色の『α』の文字が縫ってある青いマント。
ヴンダーグラスは変身前は濃赤色のナイロール、変身後は翼の形をしたゴーグルになる。
髪型も更にロングヘアになり、頭部にゴーグルと光輪とケイオニア帝国の国旗を使った赤いリボンが結ばれる。
主な戦闘スタイルは、背中の銀色の翼から放たれる様々な自然現象。炎・水・光・闇・雷・冷気等様々。
翼から放たれる自然現象は様々な形状になって襲い掛かる。無論奇跡獣や奇跡獣士にのみ効果あり。
更にこの翼は自ら切り離して銀色の剣になる事も可能。この剣はコンガラ共和国の『魔剣』と同等の力を持つ。
妹には及ばないが、翼を変化させた剣と黒いブーツの力を借りて武術や体術(ミマ直伝の格闘技)で戦う事も出来る。