私立妖山学園

幻想町風神区、天狗岳の山腹にある巨大学園。初等部~大学部までの生徒を有する。
元々は修験者・山伏たちの一大修行場。明治になってから地元の名士が投資して学園を創立、そのまま現在の私立妖山学園に至っている。
『文武両道』がモットーで、武道系が強いほか、変わった部活(=EX帰宅部、仙術研究部、仏教研、発明部ect.)も多い。
三日に渡って盛大に行われる学園祭である『天風祭』と、そのメインイベントである
翌年の部費をめぐって争われる運動部・文化部含む全部活自由参加のトーナメント『T-1グランプリ』が有名。

制服はアイボリー色のシャツに赤いラインの入った標準的なオレンジのベストと赤いスカート。
一応、卒業式や全校朝礼などで着用する時代がかったデザイン(明治モダン装束+黒マント)の"礼装"なるものが存在するが、
現在は生徒会長や生徒代表が着用する程度にとどまっている。





(教員・職員)
狗道 天魔(クドウ テンマ)/天魔様(校長)
茨木華扇(中等部教師)
アリス・マーガトロイド(初等部教師)
魂魄妖忌(用務員)
岡崎夢見(大学部臨時講師)
豊聡耳神子(大学部教授)
物部布都(大学部助教授)
ヘカーティア・ラピスラズリ(中等部教師)
七音琳華(しちねりんか)(大学部教授)