キセキシャリティンチューベル

モチーフ:シャリテ(フランス語で慈悲)+グイピンチュエン(中国語でプードル)+ネーベル(霧)
能力:博愛精神を生み出す程度の能力
解説:UMAの海外領のうち、香港とマカオで活動するプードルモチーフの女シスターの奇跡獣士(オトギ種)。
寡黙だが博愛精神あふれる性格で、UMA内部での人気はかなり高い。
UMAの目的に賛同し、どこかしらから得た大金をUMAに募金し続け所属が認められた過去がある。
戦闘能力も非常に高いが、争い事を好まない。UMAで揉め事が起こった際の仲介役の殆どは彼女によるもの。
外見は青いシスター服を纏ったプードルの獣人で、顔を黒いヴェールで隠している。
ヴェールの下の顔は誰も見た事が無く、その素顔は謎に包まれている。
能力は「博愛精神を生み出す程度の能力」と語っているが、影や霧を用いた能力も何故か使える。
だがそれを利用したのは、彼女の身に危機が訪れた際の目くらましに使った程度。
何故か時折日本の幻想町に赴く事があるらしく…。

【以下、ネタバレ】
実は彼女の正体は、ナノケイオスの一人である幻影探偵シャロッグ・マードル
当然普段は左城宮則紗として探偵をしているので、UMAに人間での名義を教えていない。
ケイオスにUMAとAPMNの詳しい情報がある事件を契機に、自らの霧の能力でキセキシャリティンチューベルの姿になり、
UMAに潜入して所属する事に成功(なおこの事実は本人以外の誰も知らなかった)。
彼女曰く、「ヴィオラ様の活動に邪魔な2つの組織を消す」為に所属したらしく、
APMNにも別の霧に関連する能力を持つ奇跡獣・キセキネブラニッシュラの姿で潜伏して所属している。
なお彼女は、UMAやAPMNよりナノケイオスを優先しており、
活動時期が重なった場合はそれぞれの組織に霧で出来た自らの分身を送り込んでいる。