サーニャ・E・コチーヤ

『enjoy &exciting?…OK?』
「o…OK!!」
『good!』

北コチーヤ16代大統領にして、コチーヤ合衆国初代大統領。
北コチーヤ中西部、コンチヤース州の山岳地帯に暮らす先住民の部族『蛇を睨むカエル』の出身。
鮮やかな緑髪と、脳天から生えた木の芽が特徴だが、それ以外は普通の人間の少女に見える。
なぜか常に両の肩にカエルと蛇を止まらせている
コチーヤ南北戦争の折、北コチーヤの大統領が次々と南側の大統領により暗殺され、
なり手がいなくなった大統領に立候補し、当選。
その後奇跡的な豪運で暗殺をかわし続けて南北戦争を集結させ、南北コチーヤを統一。
統一コチーヤ(現コチーヤ合衆国)初代大統領に就任する
政策としては『enjoy &exciting』至上主義、いわゆるコチヤニズムを標榜。
配下の十一人の助統領たちの政策についても大幅に自主裁量を認め…というよりほぼ野放し。
能力については不明だが、奇跡的な豪運の持ち主。
また、部族の神に祈ることで蛇やカエルを操ったり、天候を操ることもできる。

+『いざ、常識に囚われた古き世界を破壊し、新たな天地創造と参りましょう!』
『我が名は斑星十二神が一星、天雷星マーブルス・ユピテル…参ります!』
【天雷星 マーブルス・ユピテル】
神格…ユピテル(ギリシャ神話におけるゼウス、十二神トップにして天空神)
リヴァラックの形状…下のみ凹、ほか三面が凸
能力…天候操作(大気中の水蒸気を操る。雲を発生させて雨や雹、雷を引き起こしたり、気圧を変化させて突風や竜巻を生み出したりできる)

『いざ、常識に囚われた古き世界を破壊し、新たな天地創造と参りましょう!』
2年後編中盤、世界の裏側に潜む何者かに力を授かり、その力を以って世界に対し宣戦布告。
コチーヤ合衆国全土を鍵穴に、ミラクルアースの空間全体を裏返させる奇跡を計画する
それを阻止するために乗り込んできたキスメたちの一行を
同じく裏世界の支配者から力を授けられ、マーブルスターズとなった、かつての助統領たちと迎え撃つ。