15年戦争資料 @wiki

【共同】2審も「軍が深く関与」 集団自決、大江さんら勝訴

最終更新:

pipopipo555jp

- view
管理者のみ編集可

2審も「軍が深く関与」 集団自決、大江さんら勝訴


 太平洋戦争末期の沖縄戦で旧日本軍が「集団自決」を命じたとする作家大江健三郎さん(73)の「沖縄ノート」などの記述をめぐり、沖縄・慶良間諸島の当時の守備隊長らが名誉を傷つけられたとして、岩波書店と大江さんに出版差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は31日、1審に続き、元隊長ら側の訴えを退けた。

 元隊長らは上告の方針。

 判決理由で小田耕治裁判長は「集団自決に日本軍が深くかかわっていることは否定できず、総体としての軍の強制ないし命令と評価する見解もあり得る」と指摘。

 元隊長による直接の命令の有無は「証拠上断定できない」としたが(1)出版当時は隊長命令説が学会の通説といえる状況で、真実と信じるに相当な理由があった(2)出版後の資料などで真実性が揺らいだが、記述が真実でないことが明白になったとまではいえない-として、名誉棄損の成立を認めなかった。

 座間味島の元守備隊長梅沢裕さん(91)と、渡嘉敷島の元守備隊長の弟赤松秀一さん(75)が、「沖縄ノート」と故家永三郎さんの「太平洋戦争」の記述をめぐり提訴。

2008/10/31 19:05 【共同通信】