15年戦争資料 @wiki

沖縄タイムス:審議会、文科省案了承/教科書検定

最終更新:

pipopipo555jp

- view
管理者のみ編集可

2008年12月12日【朝刊】 社会

審議会、文科省案了承/教科書検定


 【東京】沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」をめぐる教科書検定問題を受け、検定手続き見直しを検討している教科書検定審議会作業部会は十一日、文部科学省が示していた改善策を盛り込んだ報告書案を大筋で了承した。二十五日の検定審の総括部会で正式決定し、塩谷立文科相に提出する方針。

 改善策をまとめた教科書検定基準や検定規則は、来年四月以降の検定に間に合わすため、約一カ月のパブリックコメント(意見公募)を経て、来年二月上旬に官報で告示したい考え。

 改善の在り方について「外部からの圧力がなく静謐な環境で自由に議論することが重要」と指摘。具体的な意見のやりとりや会議自体の公開は「審議に支障が生じる恐れがあり適当でない」とした。

 報告書案で、今回の見直し論議に至った経緯を説明する部分に、昨年の沖縄戦をめぐる一連の問題が触れられていない点を問題視する意見も出た。ある委員は「なぜ文科相から審議要請があったかを書き込むべきだ」と指摘した。

 一方、今回の報告書案について、「集団自決」訴訟の被告側を支援する市民団体などは十一日、文科省で会見し、「情報公開制度などで既に公開されているものを制度化するにすぎない。あたかも『改善策』のように見せかけ、改悪を進める狡猾なやり方だ」と批判した。