15年戦争資料 @wiki

日韓歴史共同研究:第2期報告書 山口県立大講師・浅羽祐樹氏の話

最終更新:

pipopipo555jp

- view
管理者のみ編集可

総合、相互的な取り上げ方を評価--山口県立大講師(韓国政治)・浅羽祐樹氏



 一読して感じたのは「合意しないことに合意した」ということだ。個別の論点でいくつかの点は先鋭に対立したが、それでも公表した。合意できないものを残せる段階に来たのは、双方が自由民主主義国家だから。日中歴史共同研究(戦後部分)は異論があると最後は報告書を公表しなかったが、日韓は出して異論をさらしても全体の関係は悪化しない成熟したパートナーのはずだ。また日韓の歴史を総合的、相互的に取り上げたのは評価できる。共同研究が1期、2期と続き、相互に真摯(しんし)な誠実さに基づく学問共同体ができつつあるのでは、と期待する。

 ただ韓国側が敏感な問題について主題の選定が困難だったと評しながら、「外交」の韓国側論文については解せない。竹島(独島)という用語はほとんど用いていないとしても、巧妙な形で終始一貫領土問題を扱っている。図らずも、「合意しないことに合意しない(できない)」ことも依然として残っていることが露呈している。

毎日新聞 2010年3月24日 東京朝刊