※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アキラ&ケイスケ》

キャラクターカード
コスト5/赤/CP5000/RANK1
【イグラ】/【Bl@ster】
ボーナスアイコン:RANK+1
[コネクトアタック(5)]このカードのコネクトアタックで、
「アキラ」と「ケイスケ」が表になった場合、
捨て札にある「アキラ」または「ケイスケ」1枚を場に出すことができる。

R:アキラが冗談言うなんて、珍しいなぁ。
そう、かもな。

PR:何でこんなとこに居るんだ、お前。
アキラが、ここに居る気がして。


フロントキャラが多いプレイヤーが有利になるというゲームの性質上、強力な効果である。

《真面目な青年 ケイスケ》と組み合わせ、捨て札を肥やしつつ使用するといいだろう。

コネクトアタック時に表にした後の効果なので、当然表にした中から対象を選択できる。

ただし、「アキラ」と「ケイスケ」のどちらも表にならないと発動しないので注意が必要。
しかしこのカード自体が表になっても、当然効果は適用されるので3枚投入しても腐らない。

アキラ」だけではなく「ケイスケ」も持つので《薬物による狂気 ケイスケ》などの効果ももちろん適用される。

  • 咎狗の血発売記念大会及び2011年12月〜2012年01月度公認大会の上位賞として、このカードのプロモカード版が配布された。

関連項目


収録


Q&A

Q.このカードのコネクトアタックで使用した、コネクトゲージカード捨て札にするタイミングは、テキスト解決の前ですか?
A.はい、テキスト解決の前に捨て札となります。
コネクトアタック時の処理「ゲージの使用→アイコンのチェック→捨て札に送られる」の処理が終わった時点でコネクトアタックした場合、表になった場合のテキストが適応されます。
よって、捨て札になった後に効果解決が行われます。
最終更新:2013年01月21日 22:29