リワマヒ国ver0.8@wiki

ラジオ体操

最終更新:

riwamahi

- view
だれでも歓迎! 編集


ラジオ体操に関するリワマヒ国の出来事


声明発表後の王城の一幕

国民へ向けて藩王声明をだすことを決めた後のことである、リワマヒ国の藩王である室賀兼一はおこたの間で判子を作っていた。
ラジオ体操出席でもらえるスタンプに使うために、一つ一つすべて手作りの芋判である。
普段はミカンが置いてあるおこたの上に今日は一緒にサツマイモも置いてある。
デザインはどうしましょうか等とぶつぶつと呟きながら絵におこしている姿を多くの側近達が目撃している。
体に障るので早く寝てくださいねという医者の忠告もガン無視を決め込んでいた。
芋を彫る、彫る、彫る、国民が子供達が喜ぶ顔をみるために―――
さすがに一心不乱に彫り続けたら朝がきていたのには、ばれたら後で東さんに怒られるかなと苦笑いである。
終わった頃には手はつりかけていたが、室賀兼一の顔はいい笑顔であった。
数時間後山のように積まれた判子を前におこたで寝入る藩王を見つけた東の尋問が始まったが、これはまた別の話しである。

藩王が判子を作るその裏で、技族達も動き出していた。
藩王がラジオ体操用の判子を作っているという情報をこっそり仕入れた和子はすぐにその場を飛び出した。
藩王さまに負けてられないわーとスタンプカードの製作を思いつくと、寝ている技族を全て叩き起こしたのである。
その時間、夜中の1時になろうかという時に起こされた技族達は涙目である。
それでも国民のためにがんばろうという想いは技族もまた同じであった。
デザインは技族の腕の見せ所だよね、藩王さまには負けてられないと非常に凝ったデザインのカードを作り始めた。
凝りに凝ったデザインのスタンプカードが完成したころやはり外は明るくなっていたのであった。
技族達がこたつで全員つぶれている状況を見た蒼燐は頭を抱えてどうしようと考えてぐるぐるしてたが、これはまた別の話しである。

後日、異様にこったスタンプカードをもった子供達に直接判子を押す藩王の姿が各地で目撃されいてる。
これはまた別の話しである。

ある国民の話

うでをまげて、いねかりのうんどー

いっちにさんしー、にーにっさんしー
「いっちにさんしー!にーにっさんしー!」

こしをのばして、ばななのしゅうかくのうんどー

いっちにさんしー、にーにっさんしー
「いっちにさんしー!にーにっさんしー!」

軽快なリズムに乗ってリワマヒオリジナルラジオ体操が流れ、元気な子供たちの声が響く早朝。
「・・・早起きはつらい」
人がいないからと体操の指導員を任されたの技族の
一言である。



国内や国外、世界で起きている不安に対し、王さまから声明が発表されたのはことの起きた直後でした。
「困った人がいたら助けましょう、壊れた物は直しましょう、おいしいご飯を食べましょう」
要約すればばそんな内容だったとここでは記しておきます。
それを聞いた国民は「みんなが思っていたことを王さまも願っている」とうれしくなり、大人も子供も協力して働き始めました。

しかし一つだけ子供たちからは歓迎されてない政策があります。
それは……「子供たちの安全のため、毎朝のラジオ体操を義務付けます」の部分です。
多くの子どもたちの反応は「え~」でした。
誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?あれは正直面倒なものです。

もちろん大人たちもそれは知っているので、ある対策を立てます。
それはラジオ体操に参加した子供にスタンプカードを配布して、スタンプが集まるとプレゼントをあげるというものです。
誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?あれはたいしたプレゼントじゃないんです。

もちろん子供たちもそれは知っているので、毎朝抵抗を試みるのです。しかし母親の「行け!」の一声に勝てる子供など世界中探したっていやしません。
なので今日も子供たちは眠いまなこをこすりながら近所の公園に向うのです。

あぁ、あわれな子供たちに幸多からんことを。
ラジオ体操を中止してまでとは言いません、せめてプレゼントを豪華にしてください。
そうですね、具体的にはプレゼントは飛行艇の模型がいいと思いますよ。

PN.朝に弱い妖精より



さっそく室賀藩王は技族長のシコウを呼び出し、ラジオ体操のプレゼントは何がいいが相談をすることにする。
庁舎の目安箱に入れられた意見書は、どのようなものであろうと藩王自らが目を通しキチンとした回答をする。こんなこともリワマヒの政治が国民に受け入れられている大事な要因である。

その後。
意見書の文字を見たシコウは心当たりがあると言って、翌々日には大量のプレゼント生産計画を用意しているが、その裏で技族の一人が大量のプレゼントを用意した事実はあまり知られていない。

「早起きが嫌なら、寝なければいいネウ」

*