カードリスト > 北条家 > Ver.1.2 > 004_上田朝直

武将名 うえだともなお
C上田朝直 武蔵国の有力な国人・武蔵七党の末裔。武蔵守
護・扇谷上杉家に従い、松山城を守備した。
河越夜戦後に、北条氏康に城を攻略されるが、
太田資正とともに奪還することに成功。しか
しその翌年、北条家に降伏。以降は松山城の
城代となった。

「誰が相手であろうと、我が信念は曲げぬ」
出身地 武蔵国(東京都・埼玉県)
コスト 1.0
兵種 槍足軽
能力 武力2 統率5
特技 盾槍
計略 覚悟の構え 統率力が上がる。
必要士気3
Illustration : Hayaken

特撮かアメコミのような迫力あるイラストと、北条伝での渋いキャラクター付けが印象的な人物。
そんな存在感の割に、カード性能自体はただの標準的な1コスト槍なのだが、
特筆するべき点はVer1.2現在唯一の1コスト盾槍持ち武将であるところ。
      • だったのだが、Ver2.1の宴カードとして、1コス槍武力2で盾槍に加え魅力まで持つR七曲殿が登場し、彼の独自性は無慈悲にも摘み取られてしまった。
さらに同じ1コス枠には、計略が同じでありながら武力3で制圧持ちのC垪和氏続が居る。
盾槍持ち武力2でそこそこの統率を生かしたいところだが、
北条家にはもとより早雲・氏綱・氏康といった高統率を誇る名君が揃うため、統率のためだけに1コスに投入されることもないだろう。

初登場時から一度のエラッタもなく、時代に置いていかれてしまった感のある1枚。

なお、彼のポリゴンモデルはイラストとは似ても似つかない、何とも言えない物になってしまっている。
兜の意匠が全く違い、イラストでは渋い目元は変態仮面のようなものになってしまっており、ある意味では必見。
彼ほど再現度が低いポリゴンモデルも昨今珍しいのではないだろうか…。