カードリスト > 北条家 > Ver.1.2 > 029_巻姫

武将名 まきひめ
R巻姫 成田氏長の娘で、甲斐姫の妹にあたる。豊臣
軍による忍城攻めの際には、二万余りの敵軍
に対し、わずか三千程度の兵で成田軍は対抗。
巻姫は、姉とともに兵士を率いて出陣し、勇
敢に戦ったといわれる。

「戦場に男も女もない。
               強い者が……勝つ」
出身地 武蔵国(東京都・埼玉県)
コスト 1.5
兵種 槍足軽
能力 武力4 統率5
特技 魅力 盾槍
計略 戦場の双子星 【陣形】
自身の武力が上がる。範囲内に味方
が2部隊いると、さらに味方の武力
と移動速度が上がる。
必要士気4
Illustration : 中田愛澄

北条家1.5コストの槍としては武力が心許ない上、統率もさほど高いわけではない。
特技の盾槍は北条家特有のものであるため、全カードで見ても1.5コストで魅力と盾槍を併せ持つのはR巻姫だけ。

計略の戦場の双子星は、姉であるBSS甲斐姫と同じ、ペア専用の強化型陣形。
自身を含め味方が陣内にちょうど2部隊いると自身の武力+4、相方の武力+3と両者の移動速度を+70%する。
自身のみや陣内に3部隊以上になると自身のみ武力+1、移動速度変化無しになってしまう。
範囲は自身中心の円形で直径はカード3枚分ほど。
効果時間は9.6cで、統率依存は1.25c。(以上 2.12B)

「2部隊による連携」と「移動速度上昇」を最大限活かすなら、槍壁+騎馬連突の形が効率的。
しかしその場合、壁となるべき巻姫自身の武力の低さがネックとなる。
武力8程度では敵の計略と正面からぶつかる事は出来ない。
計略範囲が狭く、ペアの騎馬が無駄な助走を取ると簡単に範囲外から外れてしまうのも難点。

総力戦の後や遅滞戦闘、大筒での消耗戦中の別区画など、敵方が士気を使いにくい/使えないであろう局面に向いている。
自身が無理に格闘せずとも充分なダメージとなりえるよう、足軽や槍足軽、遠距離兵種の武将と組ませてみるのも良い。
テクニカルだが士気4の価値は充分ある。プレイヤーの腕次第では男顔負けの戦働きもありえるだろう。