カードリスト > 徳川家 > Ver.2.1 > 032_松平信康

武将名 まつだいらのぶやす
R松平信康 徳川家康の嫡男。武勇の誉れ高く才気煥発で将来を
嘱望されたが、信長の命により謀反の疑いありとして
家康に自害させられた。表向きは謀反のためとされるが、
信康の才気を知り織田家の将来に不安を覚えた、信長に
畏れられて罪を着せられたともいわれる。

「はっはっは!いつか俺が、
.   親父に天下を取らせてやろう!」
出身地 駿河国(静岡県)
コスト 2.0
兵種 騎馬隊
能力 武力7 統率6
特技 魅力
計略 剛勇英邁の陣 【三葵:紅/発動時点灯】【陣形】徳川家の味方の武力が
上がる。
二葵以上:さらに武力と統率力が上がる
必要士気4
Illustration : チェロキー

徳川家康と築山殿の間に生まれた嫡男の信康。彼の死は未だ謎が多いとされる。
スペックは文武両道かつ魅力持ちと優秀な部類にはいる。

剛勇英邁の陣は紅葵のみだと武力+2、二葵以上では、武力+3/統率+2となる。
効果時間は10c(3.10H)
この計略のみで戦果を上げることは難しいが上昇値を利用して他武将の三葵躍進の手助けとして活用されることが望ましいか。

特に父親である家康との相性は抜群で殲滅力や効果時間を伸ばせるため流石は親子といったところか。
更に母の築山殿とも好相性であるためデッキのパーツとして強さを発揮できる。

紅以外の三葵躍進の繋ぎとしては優秀であるため徳川2コス騎馬として一定の使用率を保てるであろう一枚である。


あまりに最期の経緯がはっきりしないことから、一部では信康生存説も研究されている。
それによると事件で自害させられたのは信康の影武者であり、
本人は忠心篤い家臣に匿われ、浜松の山中に逃れて隠れ住んだ、という話が「東海道名所図会」という資料に記載されている。