カードリスト > 島津家 > Ver.3.0 > 062_新納忠元

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 にいろただもと 大指武蔵
R新納忠元 島津家臣。貴久・義久と2代にわたり仕え、
島津氏で武功者を数える際、まず最初に指を
折る人物であったことから「大指武蔵」と称
される。関ヶ原の戦いでは加藤清正の侵攻に
備え、国境を固めた。その際、領内の者らに
数え唄をうたわせ、兵を鼓舞した。

「泣こかい飛ぼかい、 泣くよかひっ飛べ。
       それが薩摩隼人の生き様でごわんど」
出身地 薩摩国(鹿児島県)
コスト 2.0
兵種 槍足軽
能力 武力7 統率7
特技 防柵
計略 二才咄格式定目
(にせばなしかくしきじょうもく)
島津家の味方の兵力を回復する。そ
の効果は対象の味方の最大兵力が少
ないほど大きい。さらに闘痕による
武力上昇と最大兵力減少の効果を消
す。
必要士気4
Illustration : 春乃壱

槍足軽となって登場した2枚目の新納忠元。
柵を入れたい時に武力を気にせずに採用できるのが良い。

計略は闘痕を消す効果を持った、島津家限定の回復計略。
闘痕段階が進んでいるほど、効果が上がる。
闘痕無し:兵力約40%
闘痕1段階:兵力約50%
闘痕2段階:兵力約70%
範囲は自身中心円で、直径が戦場縦8割ほどとかなり広い。(以上 3.00B)