床利用

地面以外の着地場所(板、雲、小丘など)、いわゆる「床」を利用するもの。単独のテクニックというよりは、次の動作につなげるのが目的。
さまざまなキャラの特殊攻撃や特殊ジャンプの条件である「ジャンプ数」を省いたり、フェイントの一環として使ったりする。
「歩行速度」の速いキャラほどやりやすい

●床落ち型

[床落ち攻撃」

床の上に乗っている状態でそこから落ち、攻撃につなげる。床落ちは2段ジャンプ消費扱いとなることを利用して、特殊攻撃の条件達成を緩和するために用いたり、フェイントの一環として相手との位置関係の軸(縦軸)をずらすために用いたりする。
「下方向に加速する特殊攻撃(剣聖,手乞)」には特に使いたいところ。ただ手乞の特殊攻撃は、下まで落ちきってからの発動になるので、「床抜け」の方を採用し、こちらは使用しない。

「床降りジャンプ攻撃」

床の上に乗っている状態で移動して降りた後、ジャンプして攻撃につなげる。床降りは1段ジャンプ消費扱いとなることを利用して、特殊攻撃の条件達成を緩和するために用いたり、フェイントの一環として相手との位置関係の軸(縦軸)をずらすために用いたりする。下の図・画像は後者の目的でのものである。


※「床落ち」・「床降り」の(サイト内での)定義

「床落ち」
@@

「床降り」
@@



●床落ち型 応用

「隼床落ち攻撃」

床の上に乗っている状態でそこから落ち、ジャンプして攻撃に繋げる。「床落ちジャンプ攻撃」の動作を素早く行う。技術次第では、下の軽業の画像よりも素早く特殊を出すことが可能。地面に着地しないのもポイントの一つである。
「床落ち」は2段ジャンプ使用扱いとなるので、次のジャンプにつなげられない。そのため、3段ジャンプ以上のキャラのみ使用できる。


●床抜け型

「下板抜け特殊」

落ちれる床が縦に2枚以上、狭い間隔板で連なっている場所の、下に一枚以上あるところの上に乗っている状態(わかりづらいので画像で確認することをお勧めする)でそこから落ち、素早く特定の特殊攻撃(※)をする。
落ちてから特殊攻撃を繰り出すまでのタイミングで枚数は異なるが、キャラが床をすり抜ける。タイミングは特殊攻撃(キャラ)の種類によって異なる。下方向の特殊攻撃を持つキャラ(「剣聖」,「手乞」)が使用可能。〝ダブルマウス〟や、〝スクロール&キー〟を使うとやりやすい



「横板抜け特殊」

落ちれる床の上に乗っている状態でそこから落ち、素早くジャンプして素早く特定の特殊攻撃(※)をする。
落ちてからジャンプして特殊攻撃を繰り出すまでのタイミングで枚数は異なるが、キャラが床をすり抜ける。
タイミングは特殊攻撃(キャラ)の種類によって異なる。斜め下方向の特殊攻撃を持つキャラ(「乱破」,「老師」)が使用可能
〝ダブルマウス〟や、〝スクロール&キー〟を使うとやりやすい








+個人技編で使用する記号

<個人技編で使用する記号>


「◎」・・・通常テクニック、概要
「○」・・・第一派生
「・」・・・種類、第二派生、応用

「△」・・・自分(テクニックを使う側)
「▲」・・・相手(  〃  を使われる側)
「→」、「←」・・・キャラの視線、キャラの移動方向、マウスポインターを合わせている方向
「↑」・・・ジャンプ
「↓」・・・床落ち(床はずし)
「→特」・・・特殊ジャンプ
「ー」・・・床
「|」・・・壁
「oo」・・・雲(「もくもく」している感じから連想)
「⇔」・・・弾く
「?」、「?」・・・衝撃吸収成功
「~」・・・振る(個数が増えるほどリーチが長い,下方向もこれで我慢w)
「~A」・・・Attack A を振る
「~B」・・・Attack B を振る
「×」・・・ヒット
「P」・・・マウスポインター
※斜め方向は下記の 例)ように記してある (だるまんコメント・・・コンピュータのペイントツール使ったら?)

例)  ↑
   ←△

    oooooo

⇒雲から自分が斜め左上にジャンプしている状態


名前:
コメント: