< Tako2 Lab!

STM32/e-BASiC

最終更新:

tako2lab

- view
管理者のみ編集可

e-BASiC


(準備中)

汎用入出力やタイマー、COM ポート、アナログ入力にラベルを付けて、ラベルの組合せで簡単にハードを制御しちゃおうといった意図のインタプリタ言語です。
Design Wave Magazine 2008年5月号の付録基板(CQ-STARM)で動作します。

文法


入出力ポートの指定 [PORT]

  • ポートは A ~ E まであり、次のように指定します。
GPIOA ~ GPIOE

ピン番号の指定 [PIN_NO]

  • ピン番号は 0 ~ 15 まであり、次のように指定します。
PIN0 ~ PIN15
  • ポートの後であれば数字のみでも指定できます。
ポートAの5番ピン ⇒ GPIOA 5

入力/出力の指定 [IN|OUT]

  • ラベルで定義するピンが入力か出力かを指定します。

プルアップ/プルダウンの指定 (PULLUP|PULLDOWN)

  • ラベルを入力で定義したとき、プルアップさせるかプルダウンさせるかを指定します。
  • どちらでもない場合、何も指定しません。


汎用入出力(GPIO)

LABEL: [PORT] [PIN_NO] [IN|OUT] (PULLUP|PULLDOWN)
  • 参照: そのピンの状態が Low なら 0 を返し、High なら 1 を返します。
  • 代入: そのピンの状態に 0(Low) か 1(High) を設定します。 (出力ピンのみ有効)
  • 例:デジタル出力ピンの定義
LED1: GPIOC PIN6 OUT
  • 例:デジタル入力ピン(プルアップ)の定義
BTN1: GPIOD 8 IN PULLUP

バス入出力(DATA)

LABEL: DATA [PORT] [PIN_NO]...[PIN_NO] [IN|OUT] (PULLUP/PULLDOWN)
  • ピン番号は下位から指定します。
  • 参照: そのバスの状態を返します。
  • 代入: そのバスの状態を設定します。
  • 例: データ出力の定義
SEG7: DATA GPIOD 0 1 2 3 4 5 6 7 OUT
SEG7: DATA GPIOD 0..7 OUT
  • 例: データ入力の定義
DBUS: DATA GPIOD 0 1 2 3 IN PULLDOWN

アナログ入力(ANALOG)


タイマー(TIMER)


外部割り込み(EXTI)


PWM(PWM)


UART ポート入出力(UART)

LABEL: UART [UART_NO] [UART_SPEED] (NUMBER)
  • UART_NO ... UART ポート番号、0 の場合 PC との通信ポート
  • UART_SPEED ... 9600/19200/38400/57600/112000 等の数値を指定
  • NUMBER ... オプション
  • 参照: 入力がない場合、-1 を返す
  • 代入: UART ポートへ数値を出力 (下位 8bit が有効)
  • 例:UART ポート 1 を 19200bps でオープン
COM1: UART 1 19200

ループの定義(LOOP)



コマンド

ラベルの参照(PRINT)

PRINT [LABEL]
  • LABEL で定義されているラベルの参照値を表示します。

ループの実行(RUN)

RUN [LABEL]
[LABEL] (ARG)
  • LABEL で定義されているループを実行します。
  • RUN は省略できます。
  • 引数を指定できます。
  • 例:
HEX 30

ピン配置

人気記事ランキング
最近更新されたページ