< Tako2 Lab!

W-ZERO3 ソフト/rlToday スキン

最終更新:

tako2lab

- view
管理者のみ編集可

祝日つきカレンダーへの対応

すでに公開されている rlToday スキンのカレンダーを祝日つきのものへ対応させる方法について説明します。
なお、rlToday の他に MortScript と CaleImage がインストールされていなければなりません。

サンプル

例として、ぐるぐるさんのところで公開されている rlToday スキンを利用させてもらいました。
rlToday用画像置き場 02
そのサイトで公開されている 22 号のスキンを使って説明します。

まず、上記サイトから 22 号のスキンをダウンロードしてインストールします。
(deborah22.zip の中身を \Program Files\rlToday\deborah22 に展開する。)
インストール後、rlToday のオプションから deborah22 を選ぶと、次のように表示されます。
この日付とカレンダーを CaleImage で生成した画像に置き換えることで、祝日つきカレンダーへ対応させます。


対応したスキンやその他のファイルをまとめているので、これをダウンロードしてください。
deborah22_h.zip
deborah22_h.zip の中身を同じディレクトリ(\Program Files\rlToday\deborah22)に展開することでインストールできます。
後は同ディレクトリにある start.mscr を実行するだけで、次のように祝日つきのカレンダーに置き換わります。
[注意]他のスキンに変えたり使用をやめる場合、必ず stop.mscr を実行すること。


カレンダーのタイトルをタップすることで、カレンダーを更新できます(start.mscrを実行)。
変更した予定をカレンダーに反映させるのに利用するといいでしょう。

解説

start.mscr で定期的(日付の変わる 0 時)に自分自身を起動させて、新しい日付のカレンダー画像を生成させています。

start.mscr
thisFile = SystemPath( "ScriptPath" ) \ SystemPath( "ScriptName" ) & SystemPath( "ScriptExt" )
RemoveNotifications( thisFile )
t = TimeStamp()
RunAt( t + 86400 - (t MOD 86400), thisFile )
 
Run( "\Program Files\CaleImage\CaleImage.exe", """\Program Files\rlToday\deborah22\caleimage.xml""" )
 
RedrawToday

最初の 4 行が定期的に自分自身を起動させるスクリプトで、次にカレンダー画像を CaleImage で生成させて、最後に rlToday を再描画させています。
他のスキンへ対応する場合、CaleImage を実行させるときの引数(xml のファイル名)を書き換えることになります。

rlToday へ表示させるカレンダーを CaleImage で生成します。
カレンダーの描画方法について、CaleImage 実行時に渡す xml ファイルで設定します。

caleimage.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 
<caleimage>
 
<Calendar x="220" y="100" rasterx="21" rastery="16" offset="0" marginx="12"
	  color="RGB(80, 80, 80)" todaycolor="RGB(0,150,50)"
	  saturdaycolor="RGB(0, 0, 255)" sundaycolor="RGB(255, 0, 0)"
	  todayimage="today.png" file="calendar.png">
	<Font size="13" font="Tahoma" /> 
	<Icon category="all" image="pin.png" />
	<Icon subject="会議" image="pin_red.png" />
	<Icon category="個人" image="pin_blue.png" />
</Calendar>
 
<Date x="295" y="3" format="d" color="RGB(50,50,50)"
      saturdaycolor="RGB(0, 0, 255)" sundaycolor="RGB(255, 0, 0)"
      alignment="center" file="day.png">
	<Font size="46" weight="bold" font="Tahoma" />
</Date>
 
<Date x="324" y="32" format="dddd" color="RGB(50,50,50)"
      saturdaycolor="RGB(0, 0, 255)" sundaycolor="RGB(255, 0, 0)"
      alignment="left" file="dow.png">
	<Font size="15" weight="bold" font="Tahoma" />
</Date>
 
<CalendarHeader format="yyyy年MMMM" offset="0" color="RGB(50,50,50)"
		alignment="center" width="154" file="header.png">
	<Font size="15" weight="bold" font="Tahoma" />
</CalendarHeader>
 
</caleimage>

xml ファイルで使用している要素については、オリジナルの skin.xml から引っぱってきます。
基本的にコピー&ペーストでOKです。

画像に置き換えます。
表示位置がずれる場合、座標を調整すること。
<Image x="220" y="100" source="calendar.png" />
人気記事ランキング
最近更新されたページ