※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トリプルバトルにおいて重要な特性

いたずらごころ

変化技の優先度が+1される。
守るや猫騙しの使用を制限するアンコール、追い風や天候変化技などを制限する挑発、
状態異常を無効にする神秘の守り、縛りを一方的に解除する先送り、攻撃力が半減する鬼火など、
優先度のない変化技なら何でも追い風やトリックルームなどによる素早さの変化に関係なく使用できる。
コンボ性の高いトリプルバトルにおいて、相手のコンボ崩し、自身のコンボ成立のどちらの観点からみても最重要特性。

挑発で対策しようにも、その前に最低一回変化技を決められてしまうほか、挑発自体を先制挑発で防がれる可能性も。
猫騙しを使うことにより1回だけ動きを制限できるが、次ターンのアンコールには要注意。
また、悪戯心持ち中最速のエルフーンなら悪戯心持ちにも先制して挑発が可能。
エルフーンがトリプルバトルにおける最重要ポケモンである所以はここにある。

■いたずらごころ持ち
エルフーン 悪戯心中最速。挑発,アンコ,追い風,草笛と変化技豊富。袋叩きまでこなす
トルネロス 追い風でサポートしつつ、範囲優秀の飛闘技でアタッカーを兼ねられる
ボルトロス 基本的にアタッカー。おまけとして先制の挑発や雨乞いを使う
レパルダス アンコールと挑発を両立。鳴き声とバークアウトで物理特殊両方を牽制可能。
ヤミカラス 縛りを強制解除する先送りが強力。味方の能力変化を戻す黒い霧や滅びの歌も悪戯心持ち唯一
バルビート 蛍火使用後に味方が自己暗示をすると強力。バトンタッチも一応可能
イルミーゼ 甘い香りで命中をサポート。アンコールも可能
リオル 優先度+3+1のこの指とまれで素早さに関係なく相手の猫騙しを引き寄せることができる
ヤミラミ 物理を壊滅にする鬼火、悪戯心/霊で唯一の猫騙しでの妨害。重力パの起点もこなす

■いたずらごころ特性のポケモンと習得変化技リスト
※悪戯心と両立できない技は覚えられない扱いとする
変化技
































備考
(すばやさ) 116 111 111 106 91 85 85 60 50
あくび - - - - - - - -
あまいかおり - - - - - - - -
あまえる - - - - - - フェザーダンスと同等の効果
あまごい - -
あやしいひかり - - - - -
アンコール - - - - -
いちゃもん - - - -
いばる
いやなおと - - - - - - -
うそなき - - - - - -
うらみ - - - - - -
おいかぜ - - - -
オウムがえし - - - - - - - -
おきみやげ - - - - - - - -
おだてる - - - - - - -
おにび - - - - - - - -
かいふくふうじ - - - - - - - -
かげぶんしん
くさぶえ - - - - - - - -
くすぐる - - - - - - - -
くろいきり - - - - - - - -
くろいまなざし - - - - - - -
こうそくいどう - - - - - -
こころのめ - - - - - - - -
コットンガード - - - - - - - -
このゆびとまれ - - - - - - - - 優先度+3+1
こらえる - - - - - - - -
サイコシフト - - - - - - - -
さきおくり - - - - - - - -
さしおさえ - - - -
じこあんじ - - - -
じこさいせい - - - - - - - - 再生回復は他に月の光と羽休めが表内にある
しびれごな - - - - - - - - 効果まひは他に電磁波が表内にある
じゅうでん - - - - - - - -
じゅうりょく - - - - - - - -
しんぴのまもり - - - - - - - -
すなかけ - - - - - - - -
すりかえ - - - - - - - - トリックと同等の効果
せいちょう - - - - - - -
ちょうはつ - - -
つきのひかり - - - - - - 再生回復は他に自己再生と羽休めが表内にある
つめとぎ - - - - - - -
つるぎのまい - - - - - - - -
てだすけ - - - - - 優先度+5+1
てっぺき - - - - - - - -
テレキネシス - - - - - - - -
でんじは - - - - 効果まひは他にしびれごなが表内にある
でんじふゆう - - - - - - - -
どくどく
どくのこな - - - - - - - -
トリック - - - - - - すりかえと同等の効果
トリックルーム - - - - - - - - 優先度-7+1
なきごえ - - - - - - - -
なやみのタネ - - - - - - - -
なりきり - - - -
にほんばれ - -
にらみつける - - - - - - - -
ねがいごと - - - - - - - -
ねごと
ねこのて - - - - - - - -
ねむる
バトンタッチ - - - - - - -
はねやすめ - - - - - - 再生回復は他に自己再生と月の光が表内にある
ひかりのかべ - - - - - -
ビルドアップ - - - - - -
フェザーダンス - - - - - - - - 甘えると同等の効果
ふきとばし - - - - - - - - 優先度-6+1 ほえると同等の効果
フラッシュ - - - - -
ふるいたてる - - - - - - - -
ほえる - - - - - - - - 優先度-6+1 ふきとばしと同等の効果
ほたるび - - - - - - - -
ほろびのうた - - - - - - - -
マジックコート - - - - - - - - 優先度+4+1
まねっこ - - - - - - - -
まもる 優先度+4+1
みがわり
みきり - - - - - - - 優先度+4+1
みやぶる - - - - - - -
めいそう - - - - - - -
メロメロ
やどりぎのタネ - - - - - - - -
ゆうわく - - - - - -
よこどり - - - - - -
わたほうし - - - - - - - -
わるだくみ - - - - -
ワンダールーム - - - - - - - - 優先度-7+1
変化技
































備考
0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000

せいしんりょく

ひるまない。
猫騙しが飛び交うトリプルバトルにおいて、猫騙しの影響を受けず確実に初手に動ける重要特性。
中でもクロバットは素早さが130と高く、先制挑発を受けにくいため、追い風や日本晴れなどの起点に向く。

また、エビワラー,ガルーラ,コジョンド,ニューラは自身も猫騙しを覚えるため、
初手に猫騙しの怯みを受けずに確実に猫騙しができる。

せいしんりょく持ち
フーディン カモネギ スリーパー エビワラー ガルーラ カイリュー クロバット ブラッキー
キリンリキ ニューラ オニゴーリ ルカリオ ナゲキ ダゲキ コジョンド キリキザン

いかく

登場時に相手の攻撃を一段階下げる。範囲は全体(端から対角にいる相手には効果がない)であり、
中央に繰り出せば相手3体全員の攻撃を落とせる。
クリアボディで対策されるほか、特性まけんきには注意。

中でもカポエラーは猫騙しを覚えるため、繰り出し回数が多ければ多いほど活かせるポケモン。

いかく持ち
アーボック アメモース ウインディ オドシシ カポエラー ギャラドス クチート
グラエナ グランブル ケンタロス ボーマンダ ムーランド ムクホーク レントラー ワルビアル ハリーセン


能力変化関連、もしくは技や特性などを無効化する特性


マイペース

混乱しない。いばる,おだてるをアイテム無しで自由に味方に放つことができ、フラフラダンスも無効化できる

マイペース持ち
ヤドラン ヤドキング ドーブル ドレディア ブーピック パッチール ブニャット
ベロベルト ルンパッパ

きもったま

ノーマルタイプの技がゴーストタイプに無効化されない。
具体的な活用法としては、ゴーストにねこだましがあたる。それだけでも結構大きい


マジックガード

詳しい効果はここを参照。
様々なダメージを防いでくれるので優秀な特性である
ちなみに多分ぼうじんの完全上位互換

マジックガード持ち
ピクシーシンボラーランクルス

ぼうおん

騒ぐ・いびき・虫のさざめき・ハイパーボイス・鳴き声・嫌な音・金属音・草笛・歌う・超音波・おしゃべり
滅びの歌・吼える・癒しの鈴・輪唱・エコーボイス(最後の二つは要検証)
以上の技が無効となる。
特性かげふみ持ちが増え、滅びパが増える可能性を考慮すると前作よりは良くなったかもしれない

ぼうじん

天候ダメージを一切受けない。天候パに入れる時などにどうぞ

マジックミラー

マジックコートの特性版。具体的にはここを参照に。
厄介な状態異常技を全部跳ね返せる。それゆえにマジックミラー持ちには状態異常技は来ないので、交換で受けに行くのが一般的か。
場にいるだけで相手のダークホールを牽制できる(※2011/12/27以降、Wi-Fiランダムではダークホールは使用不可能)。

しめりけ

ちょうはつ等と異なり、じばく・だいばくはつの選択はできるが不発に終わるため非常に厄介。
しかし今作では爆発系の威力が減少、ワイドガードの登場によって爆発はメタグロスやベロベルトなどのポケ以外はあまり見かけなくなった

しめりけ持ち
ゴルダック ニョロボン ニョロトノ ヌオー

きんちょうかん

相手の持っている木の実を場に出ているときだけ使用不可能にしてしまう
オボンもラムも能力上昇系も全て封殺
きんちょうかん+ダークホールは非常に強力(※2011/12/27以降、Wi-Fiランダムではダークホールは使用不可能)。

ふゆう

地面技が当たらず、どくびしとまきびしの効果を受けない
地震受けになれたり自分の弱点をカバーしたりとかなり便利な特性
ただし、今作では撃ち落とすが登場、重力もダブルより使用率が高く、特性変化技も前作より増えた為、安心はできない。

ふゆう持ち
ゲンガー ロトム ドータクン ネンドール ラティアス ラティオス フライゴン ソルロック
ルナトーン マタドガス ムウマージ チリーン マスキッパ アグノム ユクシー エムリット
クレセリア アンノーン シビルドン フリージオ サザンドラ

ひらいしん

電気が弱点(特にギャラドス)のポケモンを守ることができる
また、トリプルでは特に使用頻度の高いでんじはも封じる事が出来る
今作から電気技を食らうと特攻が1段階upする仕様になり、電気タイプの避雷針にとってはうれしい強化。
電気弱点のポケを入れてるときは避雷針持ちが落とされないように注意
味方の技も引き寄せてしまうため、PT全員の技構成にも注意が必要


よびみず

今作の仕様変更によって、補助技、攻撃技に限らず水技を引き寄せて無効化し、かつ特攻が一段階上昇するようになった。
全体技の場合、引き寄せる効果は発動しない。
真ん中に置いて味方が波乗り連発すればみるみるうちに特攻が上がってゆく。
ユレイドル トリトドン ネオラント マラカッチ

もらいび

補助技、攻撃技に限らず炎技を受けると自分の炎技の威力が1.5倍に。食らった炎技の効果は無効化される。
炎技読みで変える、噴火、噴煙受けになる等

もらいび持ち
ウインディ ギャロップ キュウコン ヘルガー ヒードラン シャンデラ クイタラン

そうしょく

補助技、攻撃技に関係なく草技を受ける度に攻撃が一段階上昇する
草技自体を無効化するため、タネマシンガンでも攻撃上昇は一段階のみ。
命中が安定かつ厄介な補助技が草技には多いので結構便利。

ちくでん

補助技、攻撃技に限らず電気技を受けるとその技を無効化して自分の最大体力の1/4が回復。
味方の放電等を受ける、電気技読みで繰り出すなど。

ちくでん持ち
サンダース,ランターン

でんきエンジン

補助技、攻撃技に限らず電気技を受けるとその技を無効化して自分の素早さが一段階上昇する。
主な用途はちくでんと大差ないが、素早さ上昇による縛り解除は重要。

でんきエンジン持ち
エレキブル,ゼブライカ,エモンガ

ちょすい

補助技、攻撃技に限らず水技を受けるとその技を無効化して自分の最大体力の1/4が回復。
波乗りとのコンボが可能だが、受けが成立しにくいトリプルでは回復が追いつかない事も。
真ん中にちょすい持ちを置いてなみのり連打をされると面倒なのも確かではある。


かんそうはだ

補助技、攻撃技に限らず水技を受けるとその技を無効化して自分の最大体力の1/4が回復。
さらに、雨天時に毎ターン最大体力の1/8を回復。
ただし、炎技は通常の1.25倍のダメージを受け、晴天時には毎ターン最大体力の1/8のダメージを受ける。
ちょすい・あめうけざらの効果を合わせ持つが、炎技・晴天時のデメリットには注意。


のろわれボディ

接触、非接触に関わらず、受けた技を1/3の確率でかなしばり状態にする。
全体攻撃技に対しても発動し、厄介な全体攻撃技も一回食らえば運次第だがかなしばり状態にすることができる。
運に左右はされるが基本的には優秀。

せいぎのこころ

悪技を受ける度に攻撃が一段階上昇する。
味方からふくろだたきを受ける事で攻撃力を最大6段階上昇させることが可能であり、非常に強力。
対策としては、当たり前のことだがふくろだたき又はせいぎのこころ持ちを潰してしまうことである
具体的にはトリルやおいかぜで縛りの関係を逆転させてから叩いたり(味方がねこだましなどを持っていないと厳しいが)、
一ターン目でフェイント+抜群技で一気にせいぎのこころポケを落としにかかる、スカーフなどを持たせてふくろだたき要員を行動前に倒す、
(一ターン目に守る+おいかぜ、二ターン目にふくろだたきといった行動をとることが割と多いので)
もしくはセンターの位置のポケモンがこのゆびとまれをしてふくろだたきを呼び寄せる、など。
トリプルにおけるメジャー戦術であり、対策必須。

びびり

ゴースト・あく・むしタイプの技を受けるとすばやさが1段階上がる。
最終進化or無進化ポケモンはウソッキー、ノコッチ、グランブル(パールルも一応実践レベル)だけであり、
ノコッチとグランブルはゴーストが無効、耐久もさほど安定はせず(グランブルはいかくがあるが)、ウソッキーで素早さ上げる利点も見当たらない。

プラス・マイナス

自分の場にプラス、マイナスのいずれかが2体以上いる場合、お互いに特攻が1.5倍になる。
前作からこの特性の種類が増えたとはいえ、全員地面タイプに弱く、特に地震がきつい。
使う場合は風船を持たせたりワイドガード持ちを入れたりして対策しないと厳しい

クリアボディ・しろいけむり・かいりきバサミ

相手の特性や技の効果で能力が下がらなくなる(かいりきバサミは攻撃のみ)。
ダブルで使用頻度の高い威嚇や凍える風などに耐性を持つ事ができる。
ただし、のろいやオーバーヒートなど自主的に能力を下げる場合は無効化できない。


しろいけむり持ち
コータス|クイタラン|

まけんき

相手によってなんらかの能力が下げられる度に攻撃が2段階上昇する。
威嚇を受ければ、差し引き攻撃力が1段階アップ。
威嚇パーティに対するメタになる。

あまのじゃく

能力の変化が逆転する。
威嚇を食らえば攻撃が上がり、凍える風などを食らえば素早さが上がり、ゆうわくや虫の抵抗などを食らえば特攻が上がる。
自身の技による能力変化にも効果あり。

かそく

一回守れば大抵のポケモンは抜きされるようになり、ほぼ先手が取れるようになる
おいかぜの強化や特性いたずらごころの影響はあるが、それでも非常に優れた特性といえる。
トリックルームには弱いので注意。

かたやぶり・テラボルテージ・ターボブレイズ

ふゆうに地震を当てたり、頑丈持ちに一撃必殺が当てられる。
味方側の特性も無視されるので、地震を打つ際には注意。ヌケニンの天敵。

すりぬけ

相手のリフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきりを無視して攻撃できる。味方への攻撃には効果がない
地味に思われるかもしれないが、しんぴのまもりを貫通して状態異常技を振りまけるのはなかなか便利である

テレパシー

味方が使う全体攻撃技(じしん、だいばくはつ等)を回避する。
地震や放電を気兼ねなく味方に打たせる事ができる。

こんじょう

状態異常になるとこうげき1.5倍。やけどの攻撃力ダウンは無効。
シングルより状態異常技が飛びやすく、最悪味方から状態異常をかけてもらえるので、発動させる機会は多い。

天候関連

エアロック・ノーてんき

天候の影響を一切なくしてくれる特性。
ひでりキュウコンやあめふらしニョロトノの解禁によって猛威を振るう天候パに対するメタに成り得る。
天候が元に戻る訳ではなく、この特性持ちが場を離れれば即座に天候の影響が復活するので、
天候の影響がないうちに相手のエースを潰す必要がある。

ひでり・あめふらし・すなおこし・ゆきふらし

場に出るとそれぞれ天候が晴れ、雨、砂嵐、霰状態になる。
同ターン内に場に出た時の特性の発動順は素早さの早い順番となるので、キュウコンは他の天候始動用ポケに対しては若干不利である
ちなみに特性の発動順云々は相手がスカーフ持ちか、最速か、などの判別にも利用できることがあるので知っておくと得。

晴れ時に発動する特性全般

ようりょくそ…素早さが二倍になる
サンパワー…特攻が1.5倍になり、毎ターンの終わりに自分の最大HPの1/8のダメージを受ける
リーフガード…状態異常にならず、あくびも無効化される
フラワーギフト…自分と味方の攻撃と特防が1.5倍になる
しゅうかく…消費したきのみがターン終了時に必ず復活する
       きのみが復活し、もちものに残るまで毎ターン判定が起こる
かんそうはだ…毎ターンの終わりに自分の最大HPの1/8のダメージを受ける

雨時に発動する特性全般

すいすい…素早さが二倍になる
あめうけざら…ターン終了時に自分の最大HPの1/16が回復する
うるおいボディ…ターン終了時に自分の状態異常が必ず回復する
かんそうはだ…ターン終了時に自分の最大HPの1/8が回復する

砂嵐時に発動する特性全般

すなかき…素早さが二倍になる。砂嵐によるダメージも無効になる
すなのちから…岩、地面、鋼タイプの技の威力が1.3倍になる
すながくれ…相手の命中率が0.8倍に。また、砂嵐によるダメージがなくなる。

霰時に発動する特性全般

アイスボディ…毎ターン自分の最大HPの1/16が回復する
ゆきがくれ…相手の命中率が0.8倍に。また、霰によるダメージがなくなる。

その他



いやしのこころ

味方の状態異常をターン終了時に1/3の確率で治す。
基本的には優秀だが、こんじょうやねつぼうそう、どくぼうそう等の特性とは相性が悪い。

しょうりのほし

自分と味方の命中率が1.1倍になる。名中の低い強力な技を安心して打てるようになる。
ビクティニ専用特性であり、解禁戦専用特性。

フレンドガード

自分以外の味方全体が受けるダメージが3/4になる。
覚えるポケモンはピッピ(ピィ)、プリン(ププリン)、ピンプクのみ。
プリンにしんかのきせきを持たせて滅びパで運用する等、有用な使い道はある。

かげふみ・ありじごく・じりょく

相手は交換できなくなる。細かい効果はここを参照。
かげふみ+ほろびのうたの組み合わせはトリプルにおいて対策必須。

コメント

ご自由にどうぞ
  • 【びびり】のとこだけど、ノコッチが「びびり」かつ「天の恵み」みたいに読めるんだが・・・ -- 匿名 (2010-12-06 21:23:31)
  • 特性胞子といかりの粉って強くない? -- モロバレてる (2010-12-08 23:26:01)
  • びびりの項目修正しました申し訳ない -- 管理人 (2010-12-09 07:56:03)
  • 第五世代ポケ追加してみました。不備があれば修正お願いします -- 通りすがり (2010-12-11 00:23:31)
  • ノーガードとかは? -- 匿名 (2011-07-19 22:29:24)
  • あまのじゃくのところ、ジャローダはまだ未解禁です -- 名無しさん (2011-08-02 18:18:03)
  • 【フレンドガード】「覚えるポケモン」…あれ? -- 名無しさん (2011-08-20 21:06:30)
名前:
コメント: