ユナ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユナ(標準理:yna)とは古代WP学、現代WP学における概念の一つである。


意味

古代WP学


古代WP学におけるユナ(juna/yuna)は物体がもつ普遍的な力でありこれがWPの源となるというWPoの元となる概念であった。ただし、このユナは量が変異する事はなくお互いのユナが反応する事によりWPが発生する事が古代WP学の基本となっていった。

現代WP学


現代WP学におけるユナ(yna)は物体がWP学的に安定している状態を言う。つまり、WP的移動が物体に対して発生しない事を指すためその物体のWPo限界量を満たしている状態を指す。この状態のWPo数をユナ量と言う。もしWPoを掛けても変異が起こらなければそれはユナである(白金やダームスタチウムなど)。
最終更新:2015年02月06日 01:11