拉麺people食べ歩記

くろく161

最終更新:

hiro

- view
メンバー限定 登録/ログイン
食べた日:2008/2/3

『くろく』で、節分限定の「オマメノクリームメン」(780円)を。
08.2.3%20%82%AD%82%EB%82%AD%20%83I%83%7D%83%81%83m%83N%83%8A%81%5B%83%80%83%81%83%93%2051%94t%96%DA.jpg 08.2.3%20%82%AD%82%EB%82%AD%20%83I%83%7D%83%81%83m%83N%83%8A%81%5B%83%80%83%81%83%93%82%CC%96%CB.jpg
今年も登場、節分限定。去年は納豆を使った和えそばでしたが、今年はくろく得意のイタリアン系です。

スープは・・・というよりソースはと言った方がしっくりくるような、トロミ強いクリーム系。
枝豆を使ったとのことで、色はほんのり緑がかっています。
作り方も丼にスープを注ぐのではなく、フライパンで麺を絡めて仕上げるという、イタリアンな調理法。
麺はスタッフみかちゃんが一生懸命“押し潰した”まるでパスタのフェットチーネのような平太麺。
具はバラチャーシュー・刻みキャベツ・角切り赤パプリカ・コロコロメンマ・おろし生姜。
マイルドなクリームソースに、パプリカのフレッシュ感がとてもいいアクセント。
ちなみに節分にちなんで、赤パプリカが赤鬼、生姜が黄鬼とのこと(笑)

このメニューに限らず、くろくのイタリアン系の凄いところは、ただパスタを中華麺に変えるのではなく、あくまでも“ラーメン”として仕上げるということだろう。
“ラーメン王”石神秀幸氏も、「今年は鮮魚系とイタリアン系が来る!」と言っていましたが、くろくでは去年頭から積極的にイタリアン系を出していたので、店主の創造性の凄さを痛感します。





                   by hiro (2008年 51杯目)


名前:
コメント: